チェリビダッケ氏のベートーベン田園

 以前から書いているように、私はブルックナーの交響曲が好きで、そのきっかけとなったのが、故セルジゥ・チェリビダッケ氏率いるミュンヘンフィルの生演奏に接したことである。 (「チェリビダッケのブルックナー7番のライブ映像」) Continue Reading →

妻を嫁と呼ぶ勿れ

 社会の中で当たり前のように使われている言葉の誤用の中で、常日頃気になっている言葉がある。  それは男性が自分の配偶者を「嫁」(よめ)と呼ぶ習慣である。  人によってはどこが誤用なのかと反論する言葉もあるかもしれないが、 Continue Reading →

コロナの影響でコンサートが再び延期に

消毒液マシン

 昨日行く予定だったコンサートが5月1日に延期になった。  理由は新型コロナウィルスの感染防止対策とのこと。    昨夜やるはずだったコンサートはピアニストの郎朗がコンチェルトのソリストとして出演するコンサートでちょっと Continue Reading →

今どきは楽譜もIpad?

Ipadを楽譜に使っていた奏者

先日、バイオリンなどを含むライトな音楽の演奏会を訪れた時のことである。 開演前にに舞台上をよく見ると譜面台上に乗っていたのは楽譜ではなくIpadであった。  ああ、今やそれでも成り立つんだなと思った。  ビジネス上の書類 Continue Reading →

上海はガラケーでは生きていゆけない。

トイレティッシュの自販機

 最近の上海での生活はスマートフォンを中心に、全ての物事をコントロールして生活している。  食事は出勤日の朝こそコンビニで仕入れるが、昼はワイマイ(出前)だし、週末は1日3食ともネットで注文している日もある。  お店に行 Continue Reading →