Tag Archives: テレビ

平成はインターネットの時代だった。

天皇陛下の交代を一か月後に控え、新元号が「令和」に決まったと発表された。

この新元号に関してはあまり好印象を持って受け止めていないのだが、海外生活を続ける限りにおいてはほとんど目にすることもないので、取りえず気にせず受け流すことにした。

さて、新元号登場の代わりに終わり行く平成の元号だが、自分の中で時代を総括すると平成というのはインターネットの時代だったなと受け止めている。

上海の電子マネーの広告

我々一般人の間にインターネットが大きく浸透したのは1995年(平成7年)にOSウィンドウズ95が登場した時だが、実はアメリカで商用インターネットが始まったのが1988年(昭和63年)で、平成が始まる前年のことである。

つまり単に日本という一国家の元号であるにもかかわらず、平成という時代はインターネットの黎明期からその発展とともにシンクロして存在していたことになる。

現代は既に、インターネット無しでは我々の生活は成り立たないほどインターネットは社会生活の一部として浸透し、大半の人がスマートフォンパソコンを持ち、インターネットで通信やエンターテイメントを楽しんでいる。

これが平成に入る前には全くなかったのだから今思えば隔世の感がある。

同様に昭和(1926~1989)は電波メディアの時代であった。

アメリカで昭和の始まる前の1920年にラジオの商業放送が始まり、昭和元年を迎える前年の1925年に日本のラジオ放送が始まっていたことから、昭和の時代は電波メディアとともに時代が進んだという印象である。

テレビやラジオを通じて、世界中の情報を知ることが出来る世の中になっていったのであり、一つのニュースがメディアを通じてあっという間に世界中に伝わる世の中になった。

さらに遡って大正(1912~1926)は、まあ短かったのでそれほど固定的な総括は難しいが、敢えて言えば映画などのエンタメ・大衆文化の時代で、チャップリンが頭角をあらわしたり、音楽でも刺激的なストラヴィンスキー作曲の「春の祭典」の初演や、イタリア・レスピーギ作曲のローマ三部作が作曲されたのもこの時期であり、日本国内でも宝塚歌劇団がスタートしたりしたと華やかな大衆文化がスタートした時代であった。

そして明治(1868~1912)とは言えば、電気の時代であり、1870年の発電機の発明や、1875年の電話の発明など、電気・電話の普及によって、革命的に我々の生活の仕組みや文化が変わっていった時代だった。

こうやって振り返ると、これらはぞれぞれの時代を象徴する動きであるとともに一本で繋がる流れでもある。
すなわち、電気の普及により照明が生まれ、電話が生まれ、電話の普及により遠隔の1対1の通信が始まった。

また電気の活用により、広い会場や夜間のエンタメ活動も可能になり、映画や舞台など娯楽文化が広がった大正時代。

そして電波メディアの普及により、1対1からより1対多数への文化伝達が可能になったのが昭和時代である。

 そして国際イベントは世界同時中継が行われるようになり、オリンピックやワールドカップが、世界で同時に見られるような時代になった。

 ちなみに音楽ネタでいえば、ラヴェル作曲のボレロが初演されたのが、1928年で昭和の始まりであり、ソロから次第にオケ全体に音が広がる音楽形式はまさに昭和を象徴するような形式であり、それを全く日本と関係ないラヴェルがこのタイミングで作曲したというのは偶然とも思えない部分もある。

そして、平成になりメディア放送や各個人がインターネットと結びつくことによって、1対多数から多数対多数の情報伝達となり、それぞれ情報の発信元と受け手の物理的場所までが自由になった時代となった。

 このように各元号は、いずれもそれぞれの時代で劇的に庶民の生活に変化を与え、前の時代にはなかった価値観を生んできたのであり、日本の元号と言えどもどうも世界の動きと連動してきたような世相を見せている。

さて、平成がそういった時代だと定義して、新しい「令和」はどういった時代になるのだろうか?

少なくともこれまでの流れから言えば、新しい時代の変化の兆しはもう既に芽が出ている可能性があることになる。
パッと思いつくのは自動運転車とか電子マネーとかだが、その程度の出現だと実現しても世界が圧倒的に変わるようなものでもない気がする。

このほか例えば現在実験が進んでいる店舗無人化などは、働き方改革などとともに、ベーシックインカムのような制度と組み合わさって、働くとか生きることの意味が変わってくるかもしれない。

また所有という概念がさらに薄れたり、ビットコインなどにより通貨やそれを定義する国境という意味がなくなるかもしれない。

さらに、もはやスマホではなくICチップを体内に埋め込むことによって自動的な健康管理が行われ通院の必要がなくなったり、思っただけで意思疎通、通信などが出来るような研究も行われておりそれが実現するかもしれない。

このように、変化の可能性は無限大にあるが、果たしてどうなるのだろうか?

もちろん私の頭で思いつくようなことであれば、社会が劇的に変化するなどとは呼べないかもしれないが、今後数十年で何かが劇的変化するのであろうであるわけで、楽しみのようやら怖いやらである。

深夜も放送する中国のアニメチャンネル

中国のテレビ放送は基本的にスポーツならスポーツ専門と言ったようにチャンネルが専門化しており、総合的に何でもかんでも流すチャンネルは少ない。

 その中にはアニメ専用のチャンネルも幾つか存在し、実はほぼ24時間に近いような形で深夜も放送している。

中国のアニメ放送

中国のアニメ放送

 これらのチャンネルでは「ドラえもん」や「ちびまるこちゃん」「コナン」と言った日本製アニメも多く放送され、さらにアニメ以外にも特撮の戦隊もののような番組も混じって放送されており、私の感覚で言えば子供向けチャンネルのような印象を受けるが深夜の2時~3時という時間帯にも放送が続いている。

 実はこのアニメチャンネル以外にも日本のNHK教育(Eテレ)のような子供向け番組を専門に扱ったチャンネルもあり、アニメも流されているがこちらは深夜1時に放送が終わり朝まで休止時間帯となっているため、子供向け専門という意味ではこちらの方がやや常識に適っている印象だがそれでも深夜1時である。

 これらの意味するところを考えれば、もちろん「中国では子供を夜中までテレビを見させる」ではなく、「アニメの主要視聴者層に大人も含まれている」という事になる。

 まあ世の中にどんな親がいるか分からないので断定はできないが、深夜までアニメを子供に見させている親は割合いからすれば少ないはずであり、少なくとも表向きは風紀規律に厳しいこの中国という国において、子供向けとして深夜にアニメ放送を流すということは批判を浴びる可能性があり、そういった放送はしないと思われる。

 つまり、その深夜のアニメ放送の視聴者は大人である前提で放送が行われていることになる。

 これはアニメ=子供向けといった偏見が何となく頭から消えきれない自分からするとやや驚きの状態となっている。

 ただ自分自身をふり振り返って見ればジブリアニメやドラゴンボールなどは大人になってから見ていたわけであり、子供向けと決めつけてしまうのは自分自身に矛盾が生じるし、今の時代の風潮から言えば偏見ということになってしまうかもしれない。

 このあたり、中国人全体のアニメに対する見方が一般的にどうなのか中国人に直接訪ねたことがないのでわからないが、日本に一時帰国の際に知り合いの30過ぎの上海人男性によくコミックの購入を頼まれたりするので、少なくとも中国人の大人にも日本のアニメの世界にはまっている人がそれなりの数いるようである。 

 中国人文化の中のアニメの位置などは正直言って私にはよく分からないが、アニメ専門チャンネルが作られ、深夜まで放送が行われるくらい視聴者がいるということだけは事実のようである。

欽ちゃんの仮装大賞の中国語吹き替え放送

テレビのチャンネルを回していたら、なんと子供向けのチャンネルで、「欽ちゃんの仮装大賞」が吹き替え版で再放送されているのを発見した。

 もう私が小さいころの映像のようで、少なくとも20年くらい前の映像であることは間違いないだろう。

中国の仮装大賞

中国の仮装大賞


 出演者のパフォーマンスの動きの映像はほぼそのままだが、それ以外のシーンはかなり端折られてダイジェスト版になっており、さらに司会者の萩本欽一さんの音声は無論の事、出場者の声や審査員からのコメントなども全部細かく中国語に吹き替えされて放送されている。

仮装大賞の司会の萩本金一さん

仮装大賞の司会の萩本金一さん

 欽ちゃんもとっても若いし、審査員の青島幸男さんや岡田真澄さんなど既に亡くなった人も元気で出ており、さらにおなじみの山本監督やアグネスチャンさんなども出ていてとても懐かしいが、音声は中国語吹き替えなので本人の肉声が聴けずちょっと残念でもある。

仮装大賞審査員の山本晋也監督

仮装大賞審査員の山本晋也監督

 この番組は中国語で「超級変変変」というタイトルが付けられてていて、言うなれば「スーパー大変身」といったところであろうか?

 まあ映像で楽しめる内容なので言葉の壁を越えて楽しめるものかもしれないが、時々日本の文化が分からないと楽しめないようなものも混じっていて中国人が理解できるのか心配ではあるが、次々に出てくるパフォーマンスは私が今見てもとっても楽しい。

仮装大賞審査員のアグネスチャンさん

仮装大賞審査員のアグネスチャンさん

 まあこれを見ていて唯一の心配は著作権の問題で、許可をとって放送しているのかどうかが気になるが、今時そんな問題は発生していないことを祈りたい。

ビリヤードはスポーツチャンネルで見る?

 中国のテレビチャンネルは人口が多いということもあって、日本のように色んな番組を一つのチャンネルに詰め込んだ総合チャンネルではなく、ドラマならドラマ、経済なら経済といった風にどのチャンネルも専門チャンネル化されている。

 そんな中で最近私が比較的見る回数の多いのがスポーツチャンネルで中国語を理解するのに疲れたときなどには、言葉の壁なく見られるのでサッカーの試合などを見ている。

 といっても、中国で放映される試合はイギリスのプレミアリーグと、中国のスーパーリーグくらいなもので、プレミアはともかく中国のチームに贔屓などないので、気分転換程度に時々流し見する程度である。

 最近のこのような習慣の中、スポーツチャンネルに合せたときに何故か時々ビリヤードやトランプの大会が中継されているのを見かける時がある。

 「ビリヤード?カードゲーム?」

 確かにスポーツ同様に娯楽性があり、スポーツもビリヤードもゲームと言えばゲームだが、これらをいっしょくたに放映する感覚にどうも違和感を覚える。

 中国語では体育となっているスポーツだが、スポーツと言えば息が上がるくらい体を動かすものといったイメージがあり、ビリヤードも確かに体を動かすが、どうも私のイメージするスポーツ像からは程遠い。ましてやカードゲームなどは動かすのは指だけで、スポーツとは言えないだろう。

 こんな種目が何故スポーツチャンネルで放映されているのかちょっと不思議である。

 これらの種目について他に整理するチャンネル先がないということなのかも知れないが、個人的には娯楽チャンネルあたりに押し込んでもいいような気がする。

 そしてスポーツチャンネルではもっとスポーツらしいスポーツの放送を期待したいというのが個人的な希望であり、野球とか陸上とか水泳とか埋もれているスポーツがあるだろうにと思ってしまう。

 しかし残念ながら、これらの中継種目の選択は国内の人気に左右されるものであるから、外国人である私が満足しないのは仕方ない事なのかもしれない。

 しかしやはりビリヤードの分類だけはどうも合点がいかないのである。


音量調節の出来ないテレビ

 先日、新しい家に引っ越してきて、部屋についている有線テレビを見た時のことである。

 中国にはいくつもチャンネル数があり、最低限各省には一つずつテレビ局があり、上海だと10局くらいあるだろうか?

 ちょうどかの四川地震のニュースが流れていたので、チャンネルを幾つか回して放送を見ていたところ、時々音量の大きな局があってちょっと気になった。

 見ていたのが夜だったので、周囲に気を使ってリモコンで音量を下げようとしたところ、なんと音量調節が利かなかった。

 リモコンの故障かなと思い、消音スイッチを押したらこちらは有効で見事に音が消えた。

 「な、な、なんと音量調節の利かないテレビだとぉ?」

 いまどき、そんなテレビが存在することに驚いた。

 まあDVDプレーヤーなどのソース側で音量コントロールすることを想定しているのかも知れないが、それにしてもスピーカーのついているモニター側で一切調節できないとは何たる事だろう。

 中国人達は音のオンオフの切り替えができれば良く、音量調節ができないことに違和感を感じないのだろうか?

 まあ全ての中国製品や中国人達がそういうことではないだろうが、これが堂々と製品として売られているということは、これを違和感なく購入して使用している人が世の中いることに他ならない。

 中国のその音に対する感覚に改めて驚いた新居のテレビだった。