Tag Archives: ドラゴンボール

深夜も放送する中国のアニメチャンネル

中国のテレビ放送は基本的にスポーツならスポーツ専門と言ったようにチャンネルが専門化しており、総合的に何でもかんでも流すチャンネルは少ない。

 その中にはアニメ専用のチャンネルも幾つか存在し、実はほぼ24時間に近いような形で深夜も放送している。

中国のアニメ放送

中国のアニメ放送

 これらのチャンネルでは「ドラえもん」や「ちびまるこちゃん」「コナン」と言った日本製アニメも多く放送され、さらにアニメ以外にも特撮の戦隊もののような番組も混じって放送されており、私の感覚で言えば子供向けチャンネルのような印象を受けるが深夜の2時~3時という時間帯にも放送が続いている。

 実はこのアニメチャンネル以外にも日本のNHK教育(Eテレ)のような子供向け番組を専門に扱ったチャンネルもあり、アニメも流されているがこちらは深夜1時に放送が終わり朝まで休止時間帯となっているため、子供向け専門という意味ではこちらの方がやや常識に適っている印象だがそれでも深夜1時である。

 これらの意味するところを考えれば、もちろん「中国では子供を夜中までテレビを見させる」ではなく、「アニメの主要視聴者層に大人も含まれている」という事になる。

 まあ世の中にどんな親がいるか分からないので断定はできないが、深夜までアニメを子供に見させている親は割合いからすれば少ないはずであり、少なくとも表向きは風紀規律に厳しいこの中国という国において、子供向けとして深夜にアニメ放送を流すということは批判を浴びる可能性があり、そういった放送はしないと思われる。

 つまり、その深夜のアニメ放送の視聴者は大人である前提で放送が行われていることになる。

 これはアニメ=子供向けといった偏見が何となく頭から消えきれない自分からするとやや驚きの状態となっている。

 ただ自分自身をふり振り返って見ればジブリアニメやドラゴンボールなどは大人になってから見ていたわけであり、子供向けと決めつけてしまうのは自分自身に矛盾が生じるし、今の時代の風潮から言えば偏見ということになってしまうかもしれない。

 このあたり、中国人全体のアニメに対する見方が一般的にどうなのか中国人に直接訪ねたことがないのでわからないが、日本に一時帰国の際に知り合いの30過ぎの上海人男性によくコミックの購入を頼まれたりするので、少なくとも中国人の大人にも日本のアニメの世界にはまっている人がそれなりの数いるようである。 

 中国人文化の中のアニメの位置などは正直言って私にはよく分からないが、アニメ専門チャンネルが作られ、深夜まで放送が行われるくらい視聴者がいるということだけは事実のようである。

東方明珠塔はカリン塔のパクリ?

今日、たまたま浦東のレストランで食事をしたので、その帰りにふと目の前の東方明珠塔を見上げたところ、どうも何かに似てるなぁと感じた。

東方明珠塔

東方明珠塔

高い支柱の先に球体の物体がのっており、そこから伸びた支柱の上にさらに球体が乗っている形。
天候が悪かった今晩は、その更に上の塔が見えず、球体の底が最上部のように見える。巨大な建物ということもあり、球体の部分は下から見上げると完全な球体ではなく、若干球体を押しつぶした饅頭型のような形に見える。さらにその球体の周囲に帯を巻いたように展望客用にガラス窓があってそこだけ色が違う。

東方明珠塔の上部は霧の中

東方明珠塔の上部は霧の中

 うーん、この見上げた角度とあの巨大な球体、、、なんであろう?

あ、カリン塔だ

そう、あのドラゴンボールに出てくるカリン塔のことである。
森の真ん中に天高く伸びる塔が聳え立ち、その上に猫の姿をしたカリン様の住む宮殿があり、さらにその遥か真上に神様の宮殿があるというあのカリン塔である。

この東方明珠塔も大地から天に向かって塔が伸び、その上にカリン様の宮殿のような球体の展望台がある。その上の柱の先にも神様の宮殿のような球体が見える。

 柱こそ3本あり、根元には斜めの支柱が存在してオリジナルとは違うが、球形の物体が柱によって重なる構図はまさにカリン塔を凝縮したような建物である。

 ま、まさかこの東方明珠塔のデザインはカリン塔をパクった?パクリ商品天国の中国だけに、冗談とも思えないような自分の推測にちょっとドキッとした。

 いま世界で一番勢いのある上海の風景を象徴するこの塔でさえ実はデザインはパクリなのか?世界に唯一無二の上海のシンボルとして、その独創的なデザインに今まで感心してきた自分だけに、どこかがっかりした発見である。

 ちなみにこの塔がオープンしたのが1994年10月1日で、ドラゴンボールが日本で登場したのがその約9年ほど前なので、東方明珠塔がデザインされる前にカリン塔は既に世の中に出ている。故にオリジナルが逆ということはまず有り得ず、東方明珠塔のデザイナーがドラゴンボールのカリン塔を事前に見ていたという可能性は十分有り得る。そこでデザインをパクッた可能性も否定し切れない。パクリというと失礼に当たるかもしれないが少なくとも大いに参考にした可能性は高そうだ。

 もっとも、ドラゴンボールそのものが元々中国的雰囲気を持った漫画であったため、カリン塔のオリジナルが更に中国のどこかにあるということもまた十分に考えられる。
そういった眼でこの建物を眺めると非常に興味深い。

ドラゴンボールの影山ヒロノブ登場

この夏、故あってドラゴンボールのDVDを買い込み一夏中暇さえあれば、DVDを見続け、なんとその総トータル408話を最近見終えてしまった。
時間にして約200時間近くの消費である。しかもオリンピック放送の合間を見ての鑑賞である。
私はマニアではないが、テレビ放送はリアルタイムでほとんど見なかったので今回はまって一挙に見てしまった。
(よく考えると悲しい夏だ、、、)
そんな状態なので頭の中はすっかりドラゴンボールワールドになってしまっていたのだが、そんな中昨日、そのドラゴンボールの主題歌を歌っていた影山ヒロノブさんが静安寺の久光百貨店前のイベントスペースにやってきた。
実は昨年の初夏にも彼は一度上海新天地ARKにやってきており、私は友人の招待で彼のライブを見てはいたのだが、このドラゴンボールの曲を含め、まったく彼の曲を知らないままライブに参加していた。
つまり馬の耳に念仏状態だったのであまり価値を感じず曲を聴いていたので感激も何もなかった。

景山ヒロノブさん

景山ヒロノブさん

ところが、今回頭の中がすっかりドラゴンボールワールドに犯されている状態で、昨日のイベントに遭遇したのである。
彼が来るのは聞いていたのだが、特別執着していたつもりもなく、スケジュールまではチェックしていたわけではない。
なので、わざわざそのタイミングを狙っていったわけではないのだが、今回いざ生本人に遭遇してみて想像以上に舞い上がっていた自分がいた。
ほぼ同じタイミングで来ていたエビちゃんにはあまり食指が動かなかったのと比べると、いかにいま自分がドラゴンボールに偏っていたのかが良くわかる。

景山ヒロノブさん

景山ヒロノブさん

というより、あれだけ世間を席巻したヒット曲の生ライブというのはそうそう聞けるものではないという音楽好きの私の性分にピンポイントでヒットしてしまったのが本音のような気がする。

景山ヒロノブさん

景山ヒロノブさん

そのドラゴンボールの主題曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は本人にとっても人生を変えた大事な曲といっていた。
そんな曲を生で聴けたのはひとつの貴重な体験である。

ドラゴンボールDVD耐久リレー

先週の土曜日に蘇州に行ったとき、人に頼まれてドラゴンボールのDVDBOXセットを買ってきた。BOX買いの場合、上海の半額くらいので同じものが手に入るので交通費をかけても元が取れる場合があるので出かけるたびに良く買ってくる。ドラゴンボール自体は特別お気に入りということでもないが、依頼してきた友人がとりあえず、私が先に一回見てもいいよ、ということになり、引渡し前に見終えようと、この一週間必死に看てしまった。
 第1話から毎日少しずつ見て、約一週間でやっとこさっとこ130話付近までたどり着いた。 DVDの枚数で言うと24枚組みのうち残りあと3枚のところ。
 シーンで言いうと神様のところで修行を始めたような時点。
ということでここ一週間、特にこの土日はずっとドラゴンボール三昧で頭の中がカメハメハ状態になりました。