Tag Archives: 湿度

中国はエアコンが安い?2万円台も!除湿はおまけ?

 会社のオフィスのエアコンが壊れた。
 修理の人に来て見てもらったが、直せなくはないがまたいつ壊れてもおかしくない状態らしい。

  製造時期を見ると2003年となっているから15年以上稼働していたことになり、そろそろ潮時だろう。

 エアコンの平均買い替え時期は購入から13年程度とのことであり、そこから考えれば十分働いたともいえる。
 で、結局事務所の大家と交渉し、大家の負担で新品に取り換えてもらうことになった。

 同僚の交渉経緯を聞いていると、間に入っている仲介業者が手配をし、次回の家賃から差っ引くということになった模様である。
  コストとして2000元程度とのことで、2~300元の修理代を積み重ねても仕方ないという結論になったらしい。
 

壊れたエアコン

壊れたエアコン


 
 私もエアコンの相場が気になって、京東(ジンドン)のショッピングサイトを覗いてみると、かなり安いエアコンが売られており、1300元程度の商品すらある。日本に換算すれば2万1千円程度である。

 今回買うであろう2000元クラスにしても、日本円で3万円ちょっとであり、随分と安いが中国ではこの価格帯が中心のようである。

 機能としては、インバーター制御とかタイマーとか、普通の基本的な機能は一応カバーされているので、不便を感じるような点はないようだ。

 それに対して、日本のエアコン価格をネットで調べて見ると7~8万円が低価格品の中心価格帯で、5万円を切るものもたまにあるが、3万円台は冷房オンリー機能のものしか見つけられず、ましては2万円台というものはありそうな気がしなかった。
 まあ出力能力の差や便利機能の差、省エネ度合の差とか細かく調べていけば、それなりの価格差の要因は見つけられるのだろうが、それでもこの中国市場での低価格ぶりにはびっくりである。
 
 もっとも日本の白物家電は東南アジアや中国製造が多いと聞くから、実はこの日中両国のエアコンは隣り合った製造ラインで作られている可能性もある。
 よって価格差は輸送コストだったりするのかもしれないので、つまり日本人は高いものを買わされている可能性があるのであり、もしかすると笑えない価格差とも言える。

 ところで、これらのエアコンは年々性能がかなり上がっているようで、消費電力の表示は600kw/h程度となっていて、私が学生の頃みた自宅のエアコンは1500kw/hとかそんな数字だと記憶しており、随分省エネが進んだものと驚いている。

 学生の頃、親からエアコンの使用はよほど暑い時だけと言われ、滅多にスイッチを入れない機械を恨めしそうに眺めながら過ごしたことを覚えている。
 しかしそんな時期も今は昔で、たまに実家に一時帰国すると、両親がエアコンのスイッチを入れることに以前ほどあまり躊躇していないことに驚きを感じるほど普通に使っている。

 そのくらいエアコンの省エネ性能が上がったということであろう。

 さて、あと1~2日で新しいエアコンが来ることになったのだが、機種選びは仲介会社まかせなので、やや心配な点がある。
 それは除湿機能がしっかりしているかどうかということ。

 以前からブログで書いている通り上海の方は高湿度に慣れているせいか、あまり湿度を気にしていないようであり、ネット上でのエアコンの性能表示でも除湿機能を重要視している機種は少なかった。

 大半の機種に一応除湿機能はついているようだが、どの機種も除湿に力を入れているようにはとても思えない表示となっている。
 個人的には、湿度さえ下がれば上海は過ごしやすいので、除湿機能に力を入れて頂きたいのだが、湿度が高いことに慣れて生きてきた方にとっては除湿機能の快適さをあまり理解しないのであろう。
 故に今のエアコンにとってはおまけ程度の除湿機能の存在のようであり、エアコン本体が安い場合は除湿機能さえ外されてしまう可能性があるのである。

 そんな心配をしながら、とりあえずは1分でも早く新しいいエアコンがとどかないものかと汗をタオルで拭きながらオフィスで過ごしている。

この季節にやる東京オリンピック

 昨年の9月に決定した2020年の東京オリンピックだが、ちょうど実際に開催される季節が近づいてきた。

 開会式の予定は7月24日だから、6年後の4日後となる。

 自分は今日も上海に居るので東京の状況は体感できないが、今日の天気予報データを見ると、オリンピックが行われる国立競技場付近は最高気温29度、最低気温22度、最高湿度100%という「うへー」という溜息が出そうな梅雨の気候だ。

 週間予報で肝心の24日の予報を見れば、曇り時々晴れの予報で、最高気温33度、最低気温26度となっていて、梅雨明けして真夏がやって来そうな状況となっている。

 未来1週間の平均を見ても、それほど差が無いので、恐らくよほどの冷夏でない限り6年後のオリンピックもこんな気候の中で開幕して競技が行われることになり、酷暑の中で競技が行われることになるのは想像に難くない。

  以前にも書いたが1964年の東京オリンピックは10月10日開会式という秋の日程で行われたが、昨年決まった2020年の東京オリンピックはこの7月から8月にかけた夏の季節で行われ、前回とは全く違った状況の中で行われる。

 昨年9月に決定した時は想像が働かなかったかもしれないが、実際のこの季節になれば6年後のオリンピックが一体どういった気候の中行われるのかは誰でも容易に想像できるのではないかと思う。

 まあオリンピック開催そのものに反対はしないにしても、この暑さの中でまともに競技が行なえるのかどうか非常に心配になる。

 もう25年くらい前になるが、NTV系列で行われた高校生クイズの関東大会が真夏の
西武球場(当時は屋根が無かった)で行われ、暑さのためバタバタと熱中症で倒れる高校生が大勢出たというニュースがあったが、私はまさに現場におりあの時期のスタジアムの暑さを体験していて、とてもまともな状況では無かったのを覚えている。

 また夏の甲子園でさえ、最近ではあの暑さの中で試合を行わせるのはどうなんだろうかという声もあるほどの世の中になってきた。

 果たして、6年後のオリンピックもやはりこの暑さの開催されるのだろか?

 それなりの対策は考えられるのかもしれないが、この暑さの中で外を歩くだけで嫌になるような暑さなのに、6年後を想像すると非常に心配になる。

湿度は気にしないのか?

ここしばらく、上海では不安定な天気が続いていて、気温はそれほどあがってないものの湿度が高い日が続いている。

 バスや地下鉄などに乗ると、車外より人がいる分だけ気温が上がるので余計に暑く感じるのである。
 こんな時、バスや地下鉄も除湿にしてくれたら快適に過ごせるのになと思うのだが、どうもバスも地下鉄の何れも冷やすだけの冷房がかかっているようである。

 除湿機能がかかっている様子はなく、どうも除湿という概念が中国に行きわたってないような印象さえ受ける。

 オフィスでも私が空調を始動させるときは、除湿にするのだが中国人スタッフはどうも冷房にしたがる。

 こちらは冷房だと冷えすぎて体に悪いのであまりやりたくないのだが、暑い=冷やすという発想になってしまうらしい。
 うーん、湿度を下げれば快適になるという概念が浸透していないようだ。

 この点日本の事情を調べてみると、実は日本も同様に除湿という機能が列車やバスについておらず、除湿モードの機能が付いた空調を備えるようになったのはごく最近のことのようだ。

 というか昭和60年頃まで冷房なしの車両も沢山走っていた状態だった。

 まあそんな状況なので上海の地下鉄も冷房がついているだけでマシという考え方もできるが、除湿機能をつけてもらって冷やさなくても快適に過ごせる状況を模索してほしいというのが汗かきからの願いである。