この季節にやる東京オリンピック

 昨年の9月に決定した2020年の東京オリンピックだが、ちょうど実際に開催される季節が近づいてきた。

 開会式の予定は7月24日だから、6年後の4日後となる。

 自分は今日も上海に居るので東京の状況は体感できないが、今日の天気予報データを見ると、オリンピックが行われる国立競技場付近は最高気温29度、最低気温22度、最高湿度100%という「うへー」という溜息が出そうな梅雨の気候だ。

 週間予報で肝心の24日の予報を見れば、曇り時々晴れの予報で、最高気温33度、最低気温26度となっていて、梅雨明けして真夏がやって来そうな状況となっている。

 未来1週間の平均を見ても、それほど差が無いので、恐らくよほどの冷夏でない限り6年後のオリンピックもこんな気候の中で開幕して競技が行われることになり、酷暑の中で競技が行われることになるのは想像に難くない。

  以前にも書いたが1964年の東京オリンピックは10月10日開会式という秋の日程で行われたが、昨年決まった2020年の東京オリンピックはこの7月から8月にかけた夏の季節で行われ、前回とは全く違った状況の中で行われる。

 昨年9月に決定した時は想像が働かなかったかもしれないが、実際のこの季節になれば6年後のオリンピックが一体どういった気候の中行われるのかは誰でも容易に想像できるのではないかと思う。

 まあオリンピック開催そのものに反対はしないにしても、この暑さの中でまともに競技が行なえるのかどうか非常に心配になる。

 もう25年くらい前になるが、NTV系列で行われた高校生クイズの関東大会が真夏の
西武球場(当時は屋根が無かった)で行われ、暑さのためバタバタと熱中症で倒れる高校生が大勢出たというニュースがあったが、私はまさに現場におりあの時期のスタジアムの暑さを体験していて、とてもまともな状況では無かったのを覚えている。

 また夏の甲子園でさえ、最近ではあの暑さの中で試合を行わせるのはどうなんだろうかという声もあるほどの世の中になってきた。

 果たして、6年後のオリンピックもやはりこの暑さの開催されるのだろか?

 それなりの対策は考えられるのかもしれないが、この暑さの中で外を歩くだけで嫌になるような暑さなのに、6年後を想像すると非常に心配になる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com