Tag Archives: レンタル

逃げちゃったレンタル晴れ着屋さんの気持ちになって考えてみる

 昨日の日本の成人の日に、レンタル着物業者が突如倒産し、ハレの日に晴れ着を準備できない新成人が続出し大騒ぎになっていた。
 これを受けネット上では早速経営者の行先探しやプロフィールなどがどんどんさらされている。

 それらによると、茨城県出身の55歳で2012年にこの事業を創設し、現在上海へ逃げているとの噂もあるようだ。

 まあその噂の真偽はともかくとして、茨城出身で、もしかしていまその経営者がこの上海にいるのかもしれないのかなと思うと、その経営者の現在の心情をちょっと慮ってみたくなった。

 もちろん彼が財産を持ち逃げしての「してやったりの計画倒産」なら同情の余地はないが、震災後の一念発起で起業し、あれから6年間頑張って会社を運営したのに、夢叶わぬ結末として今回の倒産という結果に至ったのなら、何だか他人事ではないなという気がするのである。

 もちろん、被害に遭った方にしてみれば一生に一度の思い出を無茶苦茶にした酷い奴という評価になるが、この経営者とてプロフィールが正しければ35年前に成人式で同じ社会人の道を歩み始めた一人の人間である。

 そして何らかの紆余曲折を経て50歳にして起業を決意した方なのである。

 一般的に起業は半数以上が1年でつぶれると言われることから、5年続いたということは順調に運営が進んでいた時期もあったのだろう。

しかし起業6年目で行き詰まったわけで、この経営不調が見えて来た状態の中、資金繰りに頭を抱えつつ、どんな心理で時間を過ごしていたのかを想像するとこちらもちょっと胃が痛くなる。

 そして結局は有効な手が打てぬまま、最終的に成人式という最も目立つタイミングで発覚して、多くの人に迷惑をかけてしまう結果となり、上述のようにプロフィールが丸裸にされネット上で拡散される事態にまでなってしまったのである。

 このように生きるために、必死にビジネスにしがみついていた人間が、ビジネスに失敗した結果としてこのようなネット上のお尋ね者になってしまうのは、同じように社会で人生を生きるために働いている人間として、非常に気の毒かなという気もしないでもないのである。

 まあ、もう少しお客や従業員に対する気配りが足りてれば、こんな大騒ぎになる前に事業縮小や売却などでソフトランディングクローズが可能だったかも知れないが、結局はこういう結末になったのがこの経営者の結末ということである。

 直接的には何の関係もないこの方のお話ではあるが、これを他人事と思わず戒めとして考えようと思ったこの事件なのである。

日本へ一時帰国に便利なWIFIルーターの格安レンタル

私のように中国に住みついていると日本に一時帰国する際の、ネット環境確保についてはいつも頭を悩ませていたが、近年の訪日外国人観光客の増加がその悩みを解消してくれている。

現在中国から世界中へ観光客が飛び出していく状況を受けて、旅行先現地で日常通りにスマホなどを使いたい人向けにWIFIルーターのレンタルサービスが充実してきているのである。

特に日本向けは利用客も多いことから価格競争が激しく値段がどんどん下がっており、業者によっては1日あたり5元(≒85円)なんて業者も出てきている。

下記は、中国のネット旅行サイトの大手のCTRIPであるが、このサイトでは各空港ごとに日本向けやその他の国向けのWIFIルーターのレンタルを行っている。

レンタルWIFIルーターの画面

CTRIPのサイト

申し込みも非常に簡単で、中国の携帯電話(スマートフォン)などから、電話番号などを登録し申し込み、WeChatなどから利用料金を払うと申し込みがあっという間に完了する。
あとは日本へ向かう飛行機に乗る前に空港で借り出し手続きをすれば、日本に到着した途端にWIFIルーター、つまりインターネットが使える。

日本の空港についてからの貸し出しも受け付けているようだが、飛行機を降りたらすぐにでもネットを使いたい方はやはり中国側で予め借りていった方が便利だろう。

なおこのレンタルの際には紛失などに備えて500元の保証金を取られるが、これは端末機器を返却すれば戻ってくるお金である。

で、ちょっと注意しなければならないのは、この保証金は現金では受け付けてもらえず、中国の銀行のキャッシュカード(銀聯マーク)かWECHAT口座などでしか払えないようである。

このあたりは業者によって対応がそれぞれ異なるので、申し込む際によく注意事項を読んでから申し込んでいただきたい。

さらに業者によって対応空港や窓口が設置されているターミナルに違いがあるので注意が必要である。

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

例えば上海浦東国際空港なら、第1ターミナルから出発する飛行機に搭乗するのに第2ターミナルにしか貸し出し窓口がなかったなどということもあり、出発前にバタバタとターミナル間を駆けずり回るなどということになってしまう。

こういった不安を解消するために、早めに申し込めば上海市内への配達なども対応している業者もあるようである。

で、肝心の現地での実際の使い勝手だが、日本国内で昨年11月に使った際は回線速度も速く、すこぶる快調だった。

写真はイメージ

もちろん中国で借りてきたかからと言っても中国国内のようなインターネット閲覧制限などあるはずもなく、YOUTUBEやFACEBOOKも普通に繋がる。

試しに速度計測したところ10Mbpsくらい出たときもあり、使用には全くストレスがなかった。

ただ、聞くところよると、業者によっては1日の転送情報量に制限をかけているSIMもあるようで、ある一定量を使用すると、回線速度が急に落ちるパターンもあるようだ。

この辺りは、業者ごとの利用者レビューを確認すれば様子が分かるので、価格の安さだけに惑わされないようにしたい。

また、WIFIルーターの電池容量にも注意する必要があり、日中の観光程度では切れることはないが、通信しっぱなしだと1日はもたないようなので、充電できる場所を見つけたら小まめに充電しておくに越したことは無い。

そして、このWIFIルーターレンタルサービスでさすがだなと感心したのは、旅行日程などが変更になってもネット上で急遽の延長申請も可能だったということ。

全ての業者で同じ対応が可能かどうかは確認していないが、私が借りた環球曼遊という業者では、Wechat上のアカウントから延長手続きが行えた。

当然、延長分の費用を払う必要があるが、これもWeChatから支払うので非常に簡単であり、上海に戻ってから遅れた言い訳とか延滞の手続きに悩まされることもないのである。

前回こうやって日本に11月に帰国した際に計7日間利用したが、合計56元(≒900円)の出費で滞在中のネット環境を賄えたのである。

その11月の帰国の際は以前書いたように飛行機の欠航などのトラブルがあり、空港で結構バタバタの対応を迫られたが、このレンタルWIFIルーターのおかげでネット接続で困ることなく迅速な対応が取れ、かなり救われた結果となった。

故に最近では中国を出国するたびに利用させてもらっており、先日も台湾を訪れたが、その際にもやはりレンタルWIFIルーターを利用し、非常に便利だったのである。

日本から海外へ旅行する際のレンタルWIFIルーターは結構高い価格のイメージがあるが、中国発の場合はこのように訪日中国人たちのおかげで、かなり割安となっており、中国在住の日本人の皆様にもぜひ覚えておいていただきたいサービスの現状なのである。

浅草の浅草寺

浅草の浅草寺