Tag Archives: キャンセル

ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない!?その3(後処理編)

上海に行く予定の飛行機が意図ぜず戻ってきた羽田空港周辺は、皮肉にも天気が非常に良かった。

快晴の羽田空港

以前も、国内線では欠航の憂き目にあったことは何度もあったのだが、国際線は初めてでしかも搭乗後の欠航となると全く経験がなく、今後どう処理すべきかわからぬまま空港に着いた。

羽田に到着した直後、地上から乗り込んできたと思われる職員から早速案内があり、欠航に対するお詫びの言葉とその後の処理に関する説明があった。
その説明によると
1、航空チケットに関しては、払い戻しもしくは別日便に振替の対応となるとのこと。
2、出発前に空港で買った免税品に関しては日本国内への持ち込みが出来ないので、ピーチ航空が責任をもって買い取るとのこと。
3、イミグレに関しては再入国ではなく出国取消の扱いとなり専用通路を通るということ
4 詳しくは紙を配るのでそれを参照してください
というものだった。

1に関しては、当然のことと思うものの、果たして振替便に空きがあるか不安だった。
2の免税品に関しては知り合いに頼まれたタバコがあり、2カートンだけだったが指示に従えば買い取って貰う必要があった。
3の出国取消については、私は日本国籍なので何の問題もないが、中国人など一次ビザなどで入国していた場合は、欠航によって再入国できなくなってしまう恐れがあるので、「再入国」でなく欠航による「出国取消」なのであろうに推測された。

A4の説明書にも、おおよそ上記のことが同様に書かれており、特に振替もしくは払い戻しに関しては、カスタマーセンター或いはWEB上から手続きを行ってくださいとある。

その指示に従って、まずイミグレで出国取り消しの手続きをしてもらう。

そしてターンテーブルで預けたスーツケースをピックアップした後、その脇に設けられたピーチ航空搭乗者専用の対応のテーブルに、免税品を払い戻す人たちの長い列が出来ており、私も当然免税品の払い戻しが必要だと思いその列にまず並んだ。
しかし先頭部の人がコミュニケーションなどでトラブっているのか列が一向に進まない。

免税品払い戻し待ちの行列

すると、関係者らしき人が話しかけてきて、どんな免税品ですかと聞かれたので、「タバコ2カートンだけなんですが・・」と答えたところ、ああそのくらいなら大丈夫だから、そのまま出てもいいですよ。」と言われた。

何が具体的に大丈夫かわからかなったが、荷物に入れてしまえば問題なく、いずれ出国時に持ち出すものなのだから問題ないというような意味らしい。
ただ、こちらとしては免税品の扱いの他に、チケット処理の問題があるので、出来れば直接担当者と交渉して次の行動を決めたかったのだが、それも全部WEBサイトで出来ますよと言われたので、それを信じることにした。

まあ列の長さから考えて、どのみち順番を待っていては翌日便(当日夜)の空席があったとしても埋まってしまうだろうから、早めに行動した方がいいと腹を決めて列から離脱した。

さて税関を抜け、ロビーに出て早速上海へ再出発するための情報収集にあたった。

まず紙に書いてあったカスタマーセンターに電話をしてみる。
すると、営業時間外という自動応答が流れた。
「時間外?航空会社なのに朝8時に電話応対もないとはどういうことだろう?」

ふともらった紙を見直すと、「カスタマーセンターの営業時間は平日の9時から18時」までという文言が目に入った。

「平日?9時~18時?」

非常に嫌な予感がした。

その日は日曜日だったのである。
とりあえずその時点で9時まであと30分程度だったので、9時を待って再度電話をすることにした。
その間にパソコンを広げてインターネットに繋ぎ、ピーチ航空のサイトで未来の空き状況を調べたところ、なんと一週間先まで全て満席であった。
その時点で、ピーチ航空で上海に戻るのは無理と判断した。

もちろん、キャンセルせず振替えたほうが費用的には余分な出費がなく、実家に戻って待機する限りコスト的には安く済むのだが、当たり前だが今の仕事先は上海であり、1週間も余分に休んでいられる余裕はなかったのである。

仕方なくネット上でそのほかの手段を探していくと2日後の茨城空港発の春秋航空がかなり安く確保出来ることが判明し、ピーチ航空との差額もそれほど大きく無い様だった。

それ以外の羽田や成田から上海へ向かう便にもそれなりに空席は有ったが、直近ということで運賃がやや高めであり、就航記念の格安チケットとの差額を考えると、かなり無駄な出費という意識が働き、結局上記の春秋航空のチョイスとなり日本滞在の2日間延長が決定した。(前述の上海人母娘は当日の夜便で帰ることにしたらしい)

さて、上海へ戻るのにピーチ航空を利用しないことを決定したのは良いのだが、ピーチ航空側のキャンセル作業にとても難儀した。
まず、紙に書かれている通りURLにアクセスし、払い戻し手続き画面を開けようとしたが、その画面にたどり着けないのである。

中国語の簡体字画面で予約したので、簡体字ホームページから追っていっても繁体字(台湾用)画面が出てきてしまい、しかもキャンセル手続き画面が現れないのである。

ならばということで、今度は日本語ページから払い戻し画面を開き、予約番号を入れてみたが、データが確認出来ませんと表示されてしまう。

恐らく中国本土線は就航したばかりでこんなに早くキャンセル画面が必要な場面が訪れるとも思わず、システムがチェックされていなかったのであろう。
或いは本社機能が平日しか稼働していないため、欠航データがまだシステムに反映されないのかもしれない。

何れにしてもWEB上では全く処理できず、もう拉致があかないので9時を過ぎたところで再び先程のカスタマーセンターに電話を掛けてみるが、やはり繋がらなかった。

さすがLCCというか何というか、「週末に電話が繋がらない」「WEB上での手続きシステムに不備」のこのサービス体制には、ちょっとこちらもキレてしまった

上海からの便で好印象を受けていた自分の中でのピーチ航空に対する評価はこの時点でガタ落ちである。

いくらコスト削減だからといって、土日に航空便が飛んでいないのならともかく、土日も航空便は運航しているのだがら最低限の電話応対くらいすべきだろうに思うのである。

結局このキャンセルの件は、翌日の平日の時間帯に電話する他には手段が無くなった。

そしてその日は実家に戻って宿泊し、翌日の営業時間内に電話をすると、ようやくオペレーターが出た。
予約番号を伝えてキャンセル手続きは問題なく進んだが、運賃の払い戻しは購入時に支払ったカード会社を通じて行うので、一ヶ月ほどかかりますとの回答。

こちらは「そうですか」と答えるしか無かったが、払い戻し金を別途購入する春秋航空の運賃費用に充てるつもりだったのだがあてが外れた。

まぁ今回は大した立替え金額ではなかったのだが、学生時代の貧乏旅行の時だったら、このような対応を受けたら非常に困っただろうに思う。

かの時代はギリギリで旅行していたため、突然の欠航ですぐにお金が返ってこない上に宿泊費だの新たな航空チケット代だの突然の出費は非常にキツイのである。
こういう体験をしてみて、どうもLCCは本当の貧乏人には危険な乗り物だという気がした。
何故なら今回のように欠航などが発生した場合、カバーできる保険が無いため、旅先で立ち往生する危険があるからであり、LCC利用は諸刃の刃だなということを感じるのである

このように、LCCのメリットとデメリットを短期間にいっぺんに体験し、LCCとはなんたるかを身をもって知った今回のピーチ航空初搭乗であった。
(次は茨城空港&春秋航空初体験の話)

パスポートに押された出国中止のスタンプ

パックツアーは必ずしも得ではなかった

 今度両親が上海に来ることになったため、昨年暮れあたりからいろいろ段取りをしていた。
それで色々調べているうちにパックツアーは必ずしもお得とは言えないなということになった。

 調べていたのは3泊4日のツアーだが、某有名格安旅行会社のHPで57800円で燃料サーチャージ込みというツアーを一件見つけた。
 今回の日程が連休がらみだったので物凄く安いツアーではないが、それでも調べた中では最も安い部類に入るツアーだった。

 しかしである。

 このツアー、表現方法に少しからくりがあった。
 57800円は燃料サーチャージ込みとは記載があるものの、実は税金や空港使用料は別だったのである。
 これらの費用が3760円余分にかかる。つまり正確な旅行代金は合計61360円であった。

中国国際航空機

 最近燃油サーチャージの加算は恒常化してきたのでその存在は一般的にも認識されつつあるが、通常だと旅行代金プラス「税諸費用」などという表現が一般的なため、燃油サーチャージは諸費用の中に含まれるという認識がある。

 そこで「燃油サーチャージ込み」などと表現されると、表示金額は全てコミコミであるような印象を受けてしまう。ところがその値段に釣られて申し込んでみると、「税諸費用」があとから上乗せ請求される。

 その名目が「税諸費用」であれば客側は文句は言いにくいであろう、どこにも誤った表現はないのだから。。

 また「出発日までにサーチャージの値上げがあった場合でも追加請求ありません」との広告表現があったが、サーチャージの算定方法と最近の原油市場の動向を知っていれば、値上がりするはずがあるはずもなく、しかも航空券は一度発券してしまえば追加請求がないのは当たり前のことなので、いかにも「価格保証します」と企業努力を謳うような広告表現は、私から見ると騙しに近いかなりずるい表現のような印象を受けてしまう。

 さてそんなツアーだが、肝心な中身はというと時期にもよるが一般的に航空便もホテルも旅行会社お任せなので、客側にあまり優位な条件で旅行できるプランが提案されにくい。

 たいていは日本発夕方で上海深夜着、帰りも上海発朝一の便で、3泊4日なら実質行動できるのは中2日になってしまう。 どうしても余裕が欲しくて往復に楽な時間帯の便を指定したりすると片道に5000円の追加料金などを取られる。

 またホテルも2つ星か3つ星クラスで、観光や行動に便利な場所にあるとも言いがたく、移動のタクシー代など余分な費用がかかる可能性がある。
 まあそれでも上海に来れて用事や観光を済ますことは可能なのでこの費用でならと納得することもありなんしである。

 さて、こんなパックツアーの条件を踏まえて、今度はバラで組み立てるプランを検討してみることにした。
まず一番金額の大きい航空券が最大の問題である。
 今回検討を始めた段階で48000円という正規割引チケットを見つけ、2週間前までの発券でよく、それまではキャンセル変更手数料がかからず、しかも昼間の便も自由に選べたのでさっそく往復とも昼間便を予約して押さえてしまった。
 サーチャージ諸費用が9600円ということで計57600円である。

 次にホテルだが中国のホテルはルームチャージが一般的であり、2人で泊まれば当然半額となる。ツアーのほうだと一人部屋を要求すれば追加料金となるので同じことである。
 パックツアーと同等のホテルであれば1泊200元程度のホテルがあり、3泊なら600元。
 つまりひとり300元程度になり今日のレートなら3750円、ホテル航空券代合計で61350円でパックツアーとほぼ一緒だ。ただしこのほか市内往復費用が自己負担になるのでバスを使ったとしてプラス70元=1000円くらいかかるだろうか?
 一見パックツアーを少し上回るような印象を受けるが、航空便選択の点で条件に既に差がついているのことを考えるとこのバラのほうがかなりお得な状態になっている。しかもホテルも自由に選べるので今回はもっと便利のよく体のいいホテルを探す予定だ。もちろんグレードを上げれば値段が上るが、それはパックツアーとて同じことである。

 こうやって考えるとパックツアーは金額の面で必ずしもそんんなに得とは言い切れないという結論になる。

 じゃあ格安パックツアーに有利な点はないのかといえば、実は送迎がついてチェックイン手続きなどをフォローしてもらえる点が最大のメリットで、言葉の面で不安な旅行者にとっては金額に代えがたい十分なメリットがある。

 手配も一発であるというのもやはり楽であろう。
 
 今回は自分が言葉の面でアテンド的にフォローできるので、全部バラで組み立てることにした。
 やはりバラのほうがかなり融通が利くので、合理的に旅行を組み立てることができる。
 
 結局は言葉の面で不安があるかどうかで結局パックツアーを選ぶかどうかが決まる。
 旅行者自身で言葉ができたり(度胸があったり!)、現地でフォローしてくれる人間がいればパックツアーを選択する必要がないであろうというのが私の結論ならぬケチ論である。

 今回は旅行の話が出た段階ですぐに航空券を予約をしたことが最大の勝因であった。

 予約後、出発2週間前までキャンセル変更料が無料ということもあって、直前まで幾つかプランを検討したが当初プランを上回るものは見当たらなかったのである。

 航空券単独でも前述の旅行会社にすら今回のものより安いものなかった。

 つまり旅は思い立ったが吉日、すぐに旅行会社に相談し、押さえられるものは押さえるのがよかろうと思われる。

小澤征爾さんの公演

小澤征爾さんが今年のサイトーキネンオーケストラの公演の指揮を、一部を除いてほとんどキャンセルすることが報道されていた。
 病み上がりのため体力がなく交響曲をフルに振れないからだという。

人間がいずれ老いるのは仕方のない道理とはいえ少し寂しい。

かつて何百回といろんなクラシックのコンサートに通っていた私だが、彼のコンサートは結構鮮明に覚えている。残念ながら彼の手兵ボストンフィルとの競演はライブでは一度も聴くことができてはいないのだが、新日本フィル、サイトウキネンオーケストラ、そしてウィーンフィルの演奏はその音と体が受けた鳥肌が立つような感覚を覚えている。

 ウィーンフィルとの公演はなんとか手に入れた仙台市民会館での公演。旅の詳細は忘れたが夜行バスで仙台へ行き、音響環境的には非常にドライでよくない会場であったにもかかわらず音楽に飲まれ、ドボルザークの新世界の第2楽章で涙をこぼしたのを覚えている。

 そして国内オケの新日との公演(チケットが外来オケに比べやすいのだ!)は、オーチャードホールで、バルトークのオケコンやボレロも非常に印象的だった。

 会場は忘れたが恐らく松戸でベートーベンの7番。
 そして大宮だと思うが英雄交響曲。

 それぞれ同じ曲を直前に別の指揮者で聴いたが音の響きがまるで違った。うまくいえないが音が立体的に立ち上がってくる響き方なのである。
 そしてサイトーキネンオーケストラで元旦を挟んで2度聞いたマーラーの復活。年末に長野で年明け2日に上野で聞いた。アホな自分の行動力にもあきれたがそれだけの価値のある演奏を聞けた。

 彼が元気なうちにもう一度くらい聴きに行きたいなぁと思うが、今は上海にいてチケットを買いに行くのさえ難しいかなと思うと少し寂しい。

そうそう、今日は彼の75歳の誕生日。
誕生日おめでとうございます。いつまで元気でいてください。
そして元気な音楽をまた聞かせてください。

                        上海ワルツ

乗り遅れても変更可能だった鉄道切符

中国の鉄道切符は乗車券と特急券という区別がなく、全ての切符が列車と座席を指定した指定券であることは、中国で鉄道を利用したことのある人なら知っている人は多いと思うが、実は乗り遅れても切符が有効であるという事実はあまり知られていないように思う。

 私も最近はじめて知ったこの事実なのだが、日本にはないシステムなのでちょっと驚きであった。

 実は先日もある列車に乗り遅れてしまった。
 (時計が狂っていたことに気がつかず時間を間違えてしまったのである。)

 駅に着いたのが列車の発車定刻の直後だっため、もしかしたら列車の発車が遅れていたら間に合うかもしれないとの思いで、駅員に切符を見せて
「この列車は行ってしまったか?」と質問したところ、案の定「もう出ちゃったよ」との答えが返ってきた。

 ああ、やっぱり駄目か、切符代が無駄になってしまったなとがっくりしかけた。ところがその駅員が立て続けに
「あと1時間後にもう一本あるから、窓口で変更の手続きをしてきてください」と言ってきた。
「ええっ?それはどういう意味?もう列車は行ってしまったよー???」

 私は意味が把握できなかった。

 いずれにしてもチケットを買い換える必要があるので、駅員の言われるままに教えられた窓口へ行った。
するとそこには改簽(gai3qian1)手続専用窓口というものがあり、どうやら切符の変更手続き専門の窓口のようである。

 「何時の列車?」と窓口の担当者が質問してきたので、希望の列車を伝えると何やら処理し始めた。
で、どうやら処理が終了して、機械から出てきた切符を渡され、更になんと、幾らかの返金があった!

「えええ?この返金は何???」

狐につままれたような思いで、切符と現金を受け取った。

 切符を確認すると、どうやら元々の列車が快速列車であり、今回の列車が普通列車であったため設定価格が違っておりその差額の分だけ全額戻ってきたということらしい。

 さらに「ん?手数料なし?」

 手数料を取られたらその分の発票を渡されるのがこの国の常であるので、渡されなかったってことは手数料がなかったということである。

 つまり整理すると、今回私の原因で列車に乗り遅れたにもかかわらず、手数料もなしで、列車の変更手続きが出来、しかも私の場合は幸運にも返金があった。
 なんと親切なシステムなのだろう。もちろん高い席を再予約すれば差額分だけとられただろうが、それにしても元の切符が無駄にならないだけマシである。

 しかし一体どういった根拠で今回の処理が行われたのか知りたくなった。

 改めて切符を見てみた。
指定日の指定列車にのみ有効」とある。これはよく理解できる。
しかし問題は次で「2日間有効」と書いてある。
 指定列車限りと書いてあるのに2日間有効だなんて、これはどういう意味であろう?

 切符の裏を見てみることにした。

中国の鉄道切符の裏側

中国の鉄道切符の裏側

 中国の鉄道の切符の裏には乗車規則が書いてあり今まで細かく読んでみたことはなかった。
 それによると、「もし時間通りに列車に乗れない場合、発車前ならキャンセルできる。あるいは一度だけ変更手続きができる」「ケガ、病気のほかは発車後のキャンセルは認められない」とある。

 このあたりの表現がものすごく微妙で、キャンセルに関しては発車前は可能で、発車後は不可能であることははっきり分かるのだが、問題は「変更」に関してで、文章中の「発車前」の条件がどうやら「変更」の部分にはかからないようである。

 あるいは「病気、ケガ」の認定条件が非常にゆるいので、窓口の判断に委ねられており、その判断としてほぼフリーで変更できるという解釈もできる。

 いずれにしても、現状では例え列車に乗り遅れても後続の列車に空席がある限り、切符の表の有効期間内の列車であれば変更手続きが可能なようである。

 他のサイトをいろいろ調べてみると発車後2時間以内に手続きをしなければならなかったり、変更は乗車予定駅でなければならないとか細かい条件がつくようで、また駅や切符の内容や時期によっては対応してもらえないなど、必ずしも一律の条件でも無いようだが、やはり乗り損ねてもすぐに諦める必要はないということである。

 振り返ってみれば、今まで、乗り遅れたと思って手続きをせず無駄にした切符が何回かあった。

 あの時このことを知っていればとちょっと悔やむが、今後は乗り遅れてもあまり慌てることもないことを知っていい勉強になった今回の体験である。