Tag Archives: マナー

上海ディズニーランドはやはりトイレ不足?

 上海ディズニーランドの正式オープンが近づくにつれ、プレオープンで入場した観客のマナーの悪さに関する多くの醜聞が伝わっている。

 その中でも深刻なのがトイレに関するもの

 大人子供問わず、建物の陰でついつい用足しをしている姿が見かけられたと伝わっている。

 折角の夢の楽園も中国人のマナーの悪さにかかっては台無しということのようだが、まあこの状況について、中国人来園客ばかりを責めるのはどうも間違っている気がする。

 何故なら中国の公共施設はもともとトイレの設置数が圧倒的に不足しており、需要に見合った数が設置されていないからであり、それ故の仕方ない行動のように思えるからである。

 地下鉄の駅を例にとればわかりやすいが、乗換駅のようなトイレでも1か所しかトイレが設置されていない箇所は少なくなく、しかもそれぞれ2~3個しか用意されていないので非常に規模が小さい。

 今回の上海ディズニーランドのトイレだが、残念ながらテーマパークの内部のトイレ数については、内部のMAPを手に入れていないの正確な状況は把握できていない。
 ただ、すぐとなりの生態園といわれる公園地帯へのトイレ設置状況からおおよそのトイレに関する設置規模が推定できる。

上海ディズニーランドのMAP

上海ディズニーランドのMAP

 数えてみたところこの生態園にはトイレが5か所しか設置されていないようである。

 面積的には40~50haある公園であり、10haに一か所という割合となり、どうも少ないように感じる。
 しかもエリア的に疎になっている部分もあるので、トイレに駆け込むまで300m以上距離が有るエリアも沢山あるのである。

 300mあると大人の足で3~4分、小さな子供だと10分近くかかり、つまりこの状況だとトイレを諦めてその辺で、、、となってしまうのは仕方ないことのように思える。

 このあたり日本の公園はどうなっているのかということが知りたくなり、昔行ったことの有る埼玉県の「国営武蔵丘陵森林公園」のMAPを調べてみた。

newmap1s

国営武蔵丘陵森林公園の園内マップ

 すると、ほぼ200mおきにトイレが設置されており、つまり100m以内にトイレがある状況で、これなら大人なら1分、小さな子供が自力で歩いても2~3分でトイレにたどり着ける。

 つまりこの公園では上海の半分以下の時間でトイレに行けるわけで、この差は随分と大きいといえる。

 故に、上海の醜聞は来園客のマナーの悪さも無いとは言えないが、圧倒的に環境が整っていないことも一因といえ、間に合わないと判断した親がその辺りで用を足させるのが習慣となってしまっている可能性も高いのである。

 ちなみに東京ディズニーランドは上記の生態園とほぼ同規模の50haであるが、トイレは18個所設置されていて3倍以上であり、およそ100mも歩けばトイレを見つけられる状況のようである。

 東京ディズニーランドトイレマップ

 上海ディズニーランド内にどの程度のトイレが設置されているかは今のところ分からないが、同時開発の隣接の公園の状況から推測すれば、およそ東京ディズニーランドには及ばないトイレ状態だということは容易に想像できる。

 東京でさえ女性用トイレはいつも行列で足りないと言われており、上海ディズニーランドも恐らく現状のままでは深刻なトイレ不足となるのは間違いないと思われる。

日中往復運賃5元という誇大広告

 先日、上海にある某旅行会社のダイレクトメールで
上海から名古屋中部往復 たった5元!
という航空券の宣伝があった。

 まあ、この手の大胆な広告には慣れているが、今回もどうもキナ臭い。

 早速メールを開いてみると、春秋航空利用で航空券は確かに5元のようだが、その他に必要な費用としてTAXとサーチャージで1280元と説明してある。

 「やっぱり、、、」

 まあ往復合計1285元であっても確かに安いが、5元という表示から受ける印象とはかなり開きがある。

5元航空券の説明

5元航空券の説明

 実際に日本を往復できれば詐欺とは呼べないかも知れないが、少なくとも広告表現としては誇大広告に近い内容という印象である。

 しかも春秋航空の日本版WEBサイトをよくよく調べてみると、日本円決済なら4月以降の日本発の春秋航空のサーチャージは廃止され0元となっていた。

 ただ中国発分に対してまだ280元が残っているようであり、往復なのに往復適用されないのかという疑問はあるが、それはさておき現在では日本円で買う往復航空券に対してはTAXが280元だけかかる状態であり、上記の1280元という金額はいつの金額設定なのかという程にこの航空会社のサイトの数字とかけ離れている。

  さらに、次にやはり春秋航空のサイトで決済通貨を人民元に切り替えるとまた別な不思議な数字が出てきた。

春秋航空の公式サイトの運賃表示

春秋航空の公式サイトの運賃表示

 
 人民元決済で運賃を調べると、日本発便が280元+税等133元などで413元、中国発便が570元となり、運賃以外に往復合計983元のサーチャージなどの費用が必要になる状態となっており、日本円での決済の場合と全く違う内訳構成なのである。
 
 まあこの違いについては、それぞれの通貨の国家の許認可に基づく設定なのであり得る話なのではあるが、一般ユーザーから見ると不思議な現象である。

 しかもこれとて、上記の1280元にはまだ足り無い。

 現在、春秋航空における日本行きの航空券は最低価格で片道9元程度のものがあるが、この運賃状況をもとに算定すれば片道150元設定の航空券X2枚に、上記のサーチャージその他中国空港建設費・TAX983元を乗せた金額が上記の1280元+5元にほぼ一致するという推測が成り立つ。

 ここから推測すれば、実は今回の5元航空券は広告用に内訳構成を変えて表現しているだけなのではないかという疑いが発生するのである。

 まあ利用客からすれば総額が変わらないということにはなり、何れにしても格安には違いが無いのであれば詐欺にはならないのかも知れないが、やはり看板の5元という表示とは食い違うという印象は否めない。

 もしDMで書かれるように実際に現時点で販売する航空券のサーチャージその他が1280元となるなら、航空会社の公式サイトとの差額を説明する必要がある。

 本来あるべき表示とは違う価格表示でお客の目を引くのは、どう考えても誇大広告であり、これを中国だからといって頭の良い商売と見過ごすわけにはいかない今回のDM表現なのである。
 

地下鉄でこぼれていた豆乳

 今朝地下鉄に乗った際に、車両の真ん中に豆乳らしきものが落とされてこぼれたまま放置されていた。
 嘔吐物ではないようなので、それほどの不潔感は無かったが、やはり汚い状態なのは変わりない。

DSC00340

 確か上海の地下鉄規則では車内における飲食は禁止が決まったように思うが、朝の通勤時間帯の地下鉄車内では相変わらず、肉まんや豆乳などの飲食が行われている。
 まあ、朝食の時間が十分取れない事情は理解するし、目くじらを立てて怒ることでもないのだが、隣の席でくちゃくちゃ食べている音はやはり不快だし、なにより食べ屑や飲み物などがこぼれるのは、不衛生であり虫や鼠を呼び寄せる元となる。

 さらに、今朝の豆乳ような事故も起きる訳で、落とした際に他人の服を汚したような事象が発生していたかどうかは定かじゃないが、少なくともそこを歩く人の靴底は汚れる訳で、多少なりとも迷惑がかかっている。
 以前にも書いたが、地下鉄での飲食を禁止するなら、車内で告知などをはっきりと明示するべきであり、そうすれば全てのルール違反は無くならないまでも、遠慮をする人は増えてくるのではないかという気がする。
 

子供に席は譲らない

 地下鉄などで、妊婦さんに席を譲る話は度々ここで書いているが、地下鉄に乗った際の考え方として、私個人として決めていることがもう一つある。
 それは子供にやたら席を譲らないという事である。

DSC01447

 上海の地下鉄に乗っていると、よく2~3歳の子供を連れている親子が乗ってくると、あっという間に周囲の人間が子供に席を譲る風景を良く見かけるが、あれはちょっとおかしいと感じている。
 子供が立っていられないとクズったのならともかく、乗ってきた途端に譲られるのはどうもおかしい。
 親に抱えられなければ動けない程の乳幼児ならともかく、自分で歩ける状態になってる子供なら、席を譲ってまで座らせることはせず、疲れて愚図りだすまでは大人のルールで扱い立たせて置くべきだと思っている。
 もちろん、我慢の限度を超えてまで子供に無理やり立たせろと言うつもりはないが、少なくとも可能な限り大人のルールと同等に扱うのが大人の務めであり、子供のためでもあるような気がしている。
 それ故に、私は子供連れの親子が乗って来ても、原則的には全く席を譲る気が無い。
 当然妊婦さんやご老人には率先して席を譲るのは厭わないのだが、子供に席を譲るのは非常に社会のルールとして合点がいかないのである。
 この中国の子供優先傾向は少子化時代の親の溺愛傾向の影響なのか、中国の元からある文化習慣なのか分からないが、とにかく日本人の自分からすると非常に奇異に映り、どうも「小皇帝」という言葉を思い出してしまう。
 とにかく私は老人や妊婦さんには幾らでも席を譲るが、子供には席を譲る気が無いスタンスで上海で地下鉄に乗っている。

守られないバスの後降りのルール

 以前から結構バスを好んで使うのだが、バスの乗客を見ていていつも思うのは、あまり秩序だった行動がとられないということ。

 これが全国的な現象なのか上海特異な現象なのか分からないが、少なくとも北京のバス乗車ルールは五輪以後かなり良くなったと思うが、上海は万博後も相変わらずなのである。

 バスが来れば乗客は全く列を作らず群がるように乗車口に殺到する。

 災害時の脱出パニックそのものの状況である。

 まあ、かくいう私も上海慣れしてきているので、やはり列なぞ作らず結構真っ先に乗車口に並んで、1番で乗車しているので他人のことを言えるような状況でもなくなってきている。

(ゆっくり待っていると、下手をすると乗車できないうちにバスが行ってしまう)

 そして、今度は降車時に守られないのが、後ろの扉から降りるルールである。
 一応車内放送を注意深く聞いていると「降りる方は後方の扉へお進みください」というアナウンスは一応流れている(中国語なのでそんな丁寧ではないが)ので、ルールとしては存在しているようだが、まあ聞いている人は多くないだろう。

 しかしながら乗客達はまるで、そんなルールがあるのかと言わんばかりに、当たり前のように前方の扉から降りる人が大勢いる。

 一応この点は、私は後ろ降りのルールを結構守っていて、混雑していても前乗り→後降りのルールに従っている。

 多少律儀すぎるかも知れないが、前から降りると乗ってくる人と交錯するので、危ないのと待たせるのがやや申し訳ないのである。

 こんなことをするのは日本人だけかと思っていたら、やはり気にしている中国人もいるのを発見した。

 先日バスに乗車していた時にある中国人家族がバスの中にいて、降りる間際になっ旦那は後ろ降りだよと言ったのだが、奥さんの方はそれを聞かず、前から降りようとしており、結局この家族は前後に分かれておりていったのである。

 どうもここでは女性達の方がルールに縛られず実質的利益を主張する気質が強いという気がする。

 これをマナー不足と見るか、気質と見るかは意見の分かれるところだが、前乗り後ろ降りルールは当面浸透しそうにない上海の今の状況である。