Tag Archives: メール

NYヤンキースからメールが来た

 NYヤンキースからメールが来た。

 もちろん入団のオファーではない(当たり前だ!)

 まあチケットの発売を知らせるメールだったのであるが、なんでこんなメールが来たのかと言うと、今日行われたMLBオールスターゲームの出場者の最後の一枠を決める「FINAL VOTE」という投票に投票してその時にメールアドレスを登録したからである。

自由の女神

自由の女神

 その時はボストンレッドソックスの上原投手が候補に残っていたので、是非選ばれて欲しいと投票に興じたのである。

 まあ残念ながら上原投手は選ばれなかったが、投票に参加できたのは面白い体験でありいい経験だった。

 もちろん投票する時にEメールアドレスの登録が必須で、それ故の今回のDMの受信となったわけで、投票時にアドレス登録するとこういうメールが来るのだろうなということも予想しており案の定のメール到来となった。

 まあ今上海にいるのでヤンキースの試合を観戦しに行く機会は当面来ないと思うが、ちょっと面白いのでメールは拒否せずこのまましばらく受信しようかなとも思っている。

 ところで中国では、驚くほどに野球に関する話題が少ない。

 もちろん、国際大会にナショナルチームは出て来るわけだから競技人口が全くいないというわけではないだろうが、サッカーやバスケに比べると雲泥の差である。

 同じ中華圏の台湾などは野球好きが多いと聞くが、それに比べても中国ではほとんどと言っていいほど話題にならないのである。

 ファッションとしてヤンキースのあのNY帽を被っている人は時々見かけるが、実は野球という競技を知らないで被っているのではないかという気もする。

 まあ中国人がチームワークが苦手なのは昔からよく言われることで、チームの和が必要とされる野球に中国人が向かないのは理解できることではあるのだが、アメリカ人と中国人の性格が似ているといわれる面から考えると、野球ももう少し流行っても良さそうだとは思うが、どうもそうはなっていない。

 でも13億人もいる人口を思えば、人口の1%でも野球に興味を持ってくれれば、結構それなりの市場が生まれるとも思え、MLBのみならず日本のNPBにもチャンスがあるという気がする。

 サッカーの英プレミアリーグを夢中になって見ている中国人が大勢いるように、自国の競技レベルは高くなくとも、観戦者人口を増やすことはできるのである。

 まあそれにはボールに自分の名前を刻んで喜んでいるようなお飾りのコミッショナー程度では到底無理で、私の様な外国人にオールスターの投票をさせ、DMをバンバン配信するMLBの戦略を見習うような積極的な人材登用が必要だろう。

 NYヤンキースから来たたった一通のDMからでも学ぶべきことは多いのである。

中国製PCはマルウェアをプリインストール?

 先日ある件でネット検索を行なっていたら驚くべき記事を目にした。

 その記事とは中国で生産されたパソコンに出荷時にすでにマルウェアがインストールされていた機械があったというのだ。
 
 マルウェアとは「悪意のある不正ソフトウェア」といったような意味で、これらがパソコン内に寄生することによって、外部からの遠隔操作などが可能になり、例えば成りすましのダミーとしてそのパソコンを利用し、他のパソコンやサーバーに攻撃仕掛けることが可能になる。

 昨年もこのマルウェアによって、「遠隔操作ウィルス事件」が発生し、ウィルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれたなどの事実が発覚し大きな社会問題になった。

 通常これらのマルウェアはユーザーのインターネット閲覧行為やメール配信などによって拡散されていたと考えられていたが、今回の発覚は工場からの出荷時にインストールされていたというもので、通常出荷後にインストールされるセキュリティソフトでは発見できないという非常に深刻なものとなっている。

 そしてこの事件のさらに深刻なところは、このマルウェアがネット上の感染ではなく、工場の生産ライン上で意図的にマルウェアを仕込んでいたという状況が否定しきれないところにある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 つまりサプライヤー自らマルウェアを潜まさせていた可能性があり、マルウェアを「悪意のある不正ソフトウェア」と呼ぶならば、サプライヤーのこの行為はまさに「悪意のある行為」に他ならない。 

 またこれが単なるある個人によってもたらされてものなのか、組織的に行われたかによってもその意味が大きく違ってくるので、どうにも見過ごすわけにはいかない非常に大きな問題となっている。

 これらの事件は昨年9月に発覚し、当時の日本や世界のPC関係業界では大きなニュースになっていた様だが、当の中国に住む我々日本人にとっては、この記事が掲載された時期はかの反日デモの真っ最中で、とてもPCのマルウェアなどに気を配れるような状態ではなかった。

 故に、きっと多くの中国在住の日本人がこのニュースを見落としていたと思う。

 しかし、こうやって改めてこの事件を知ると、これが事実であるならば非常に深刻な問題となって我々の生活やビジネスに襲い掛かってくることになる。

 つまりパソコンの購入に日本製は高いなどと言って、うかつに中国製のパソコンを買って使用すると知らぬ間にネット犯罪の片棒を担がされたりする可能性があり、あるいは無意識のうちに国際問題の担い手になってしまうかもしれないことになるからである。

 今回このニュースを知って改めてこの国の恐ろしさを知ることになり、とてもじゃないが今後中国製のPCやアプリケーションソフトは絶対買えないなと感じた。

 当然だが同僚の中国人達は中国製の無料のセキュリティソフトや国内専用のブラウザなどを当たり前のように利用しているが、外国人の私は今回それらを信用して使用しようとは思えなくなったのである。

 個人の情報が監視される程度ならまだしも、犯罪の片棒を担がされたのではたまらないからである。

 とはいえ現状ではタブレットPCやスマートフォンなど、ブランドは日本や欧米のものであっても生産地が中国製であることを避けるのは非常に難しい状況になっている。

 今回の事件がどこまで究明されるか分からないが、やはりものを買うときは生産地まで確認して、日本製で揃えられるものは可能な限り日本製で揃えたほうが安心なのは確かの様である。


ほめられた中国語のメール

 最近今度の3月に一時帰国しようかと考えはじめ、どうせなら桜の咲く頃がいいなぁと思い検討を始めた。今の開花予想だと東京は3月25日らしく、その次の日曜あたりがターゲットかなとカレンダーを眺めてみた。
 
 そんなことを考えているうちに、あることを思いつき中国人の友人へ次のメールを送ってみた。

「櫻花開的時候我打算回去日本」(桜の咲く頃私は日本に帰るつもりだ)と。

 実はその友人は日本に行ったとことがあり桜が好きだと言っていたので自慢して悔しがらせるつもりだったのだ。

 そうしたら、なんと「なんてあなたは中国語が上手なんだ(笑)」と返事が返ってきた。

「ん?これはほめられたのか?それとも皮肉か?」
意味が分からず「どういう意味?」と質問の返信したら
「とっても上品な文です」と返ってきた。

どうやら褒められたらしい。

中国人に中国語を褒められるとやはりちょっと嬉しい。
最近は会話にだいぶ慣れてきたので、発音の悪さを指摘されることはあっても褒められることはかなり少なくなってきていた。
ましてや、表現で褒められることは滅多にない。
それを今回褒められたのでちょっと嬉しくなってしまった。

 まあ、何月何日と言わず花任せで帰る日を決めるという言い方が相手に風流に響いたのかもしれない。
 日本人もそうだが、中国人はこういった風流な表現方法がかなり好きである。
しかも日本人からみるとオーバーすぎるくらいの表現を中国人は好む。

うーん、ちょっと恥ずかしいがこれから中国人に対する表現はオーバーにしてみようかなと思う今日の出来事だった。

グーグルが中国撤退か?

こんなニュースを目にした。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13320120100113
(ロイター通信社のサイト)

中国の国家によるネット管理環境に嫌気がさしての検討ということらしい。
私自身もGoogleは多方面で利用させていただいているが、主に日本のサイトを使っているのでGoogleが中国から商売として撤退したとしても、簡体字の表示やメール送信に問題が無ければ個人的には直接関係無いように思える。

しかしである。

中国政府が今回の対応でGoogleという会社を敵対的なものとしてみなして、日本サイトへの接続さえ禁止されてしまうと個人的な被害も甚大なものになる。

 たかが一企業のサービスとはいえ、マイクロソフトやグーグルなどのネット関連企業は、生活やビジネスについて我々のライフスタイルに深く入りこんでいる。特にGoogleMapなど今や無くてはならないものになっている。

 突然明日からこれらの企業がサービスをや止めてしまえば我々の生活はたちまち大混乱に陥ってしまうであろう。それを考えるととても恐ろしい。
 中国という地からの撤退そのものは企業側の決定を尊重するしかないが、頼むから喧嘩別れだけはご勘弁願いたいのが中国に住むネットユーザーからの切なる願いである。

仕事のメールはいつ捨てるか?

同じ会社でずっと何年も仕事をしているとどんどんメールが貯まる。

まあ大体は顧みることのない不必要なメールだが、時々掘り返されなければならない時が出てくる。

メールはいろんなことの証拠になりうるものであるし、いつ何時過去に出会った人に連絡を取りたくなるか分からない。

 故に、よほど極端にハードディスクに影響を与える程のメールでない限り基本的に仕事のメールは捨てられない。

 というか幸いにもPCのハードディスクの容量に比べたらメール一通の重さはカスのようなものなので、1kのメールを10万通溜め込んだところで1Gにも達しない。

 この時代100Gとかの単位のハードディスクが当たり前の時代だから、メールだけでハードディスクをいっぱいにするには気の遠くなるような時間がかかる。

 もちろん電子データであるので、物理的容積が増えるわけでもない。

 故にハードディスクの容量から言えばメールの件数に関する問題はほぼ問題にならないといえ、それを理由にしたメール廃棄は必要ないことになる。

 しかしそれにも関らず、仕事のメールでも、いともあっさりと廃棄しているスタッフが時々いる。

 数字の単位が分かってないのか、単に綺麗好きなのか分からないが、用件が過ぎたメールは廃棄するそんな仕事ぶりを見ていると果たして大丈夫なのかとちょっと恐ろしくなる。

 99%はもう活用されないデータかもしれないが、過去のメールが必要とされるときは必ずある。

そんな1%のために、というかもしれないが、その1%が大きな利益を生む可能性があり、その1%が無いために信用を失ったり裁判に証拠不足で負ける場合もある。

 日本にいたときの会社では紙データでの保管の場合は容量的な限界があるため必要保管年限が定められていたが、どんなにあまり重要でない書類であっても最低でも1年程度の保管年限が定められており、書類やデータを保全することは仕事の基本であった。

 逆に言うとメールをあっさり捨てる人は過去の仕事を掘り返される恐さを知らない、仕事の基本が分かっていないような人のような気がする。

 あるいは証拠隠滅のためのわざと消すという理由も考えられるが、証拠がなくなってしまっては本来勝てる裁判も勝てなくなるのでとてもプラスとは思えない。

 やはり仕事のメールは可能な限り捨てないほうがいい。