Tag Archives: ヤンキース

骨折の悔しさ

 日ハムの主砲の中田選手がデッドボールによって骨折し、ほぼ今シーズンの残りゲームは出場が絶望になった。

 ホームラン王のタイトルやチームの浮上もかかっていたこの時期だけに、本人は非常に悔しい思いをしてるということがネットの記事に乗っていた。

 チームや本人を応援している身としても、今シーズンの明日からの希望が極端にしぼんだようで何とも悔しいやりきれないニュースだった。

 一方で今朝、ヤンキースのイチロー選手がが日米通算で4000本安打を達成したというニュースも届いた。

 イチローの凄さはその打撃センスの凄さもさることながら、22年間大きな故障しなかったその丈夫さが彼の最大の凄いところである。

 彼より打撃の上手く打率が高い人は幾らでもいるだろうが、22年間大きな故障もなく、コンスタントに野球をやり続けられた人は、恐らく彼より通算ヒット数の多いピートローズ選手とタイカップ選手だけであり、イチローも今後故障しない限りその域に近づくことは可能だという気がする。

 つまり、故障やケガをせず出場し続けることが超一流の一つの証しだということになる。

 そういう意味では中田選手が骨折を負ってしまったことは、不可抗力のデッドボールとは言え、彼がまだまだ一流になりきれない要素なのかなとイチロー選手と比較の中で考えたりもした。

 しかし、先ほど見たイチロー選手の記事に出ていた言葉に、
「4000安打を打つには、8000回以上の悔しい思いをしてきた。それと常に向き合ってきた」
 との言葉を見つけた。
 つまり打率3割で打っても4000本打つには「8000回以上の悔しい思い」があり、それが無ければ4000回の喜びは生まれないという意味である。

 中田選手も今回悔しい思いをしたと思うが、イチローの言葉を受ければその悔しさが喜びを生むための試練だと考えるしかなかろうと思う。

 私自身の人生もまた常に悔しい思いをしてきた気がするが、イチローのような8000回の悔しさにはまだまだ及んでいないという気がしており、喜びのためにもっともっと悔しい思いを乗り越える勇気を持たなければ、喜びもまた得られないなと改めて悟ったこの2つのニュースである。

NYヤンキースからメールが来た

 NYヤンキースからメールが来た。

 もちろん入団のオファーではない(当たり前だ!)

 まあチケットの発売を知らせるメールだったのであるが、なんでこんなメールが来たのかと言うと、今日行われたMLBオールスターゲームの出場者の最後の一枠を決める「FINAL VOTE」という投票に投票してその時にメールアドレスを登録したからである。

自由の女神

自由の女神

 その時はボストンレッドソックスの上原投手が候補に残っていたので、是非選ばれて欲しいと投票に興じたのである。

 まあ残念ながら上原投手は選ばれなかったが、投票に参加できたのは面白い体験でありいい経験だった。

 もちろん投票する時にEメールアドレスの登録が必須で、それ故の今回のDMの受信となったわけで、投票時にアドレス登録するとこういうメールが来るのだろうなということも予想しており案の定のメール到来となった。

 まあ今上海にいるのでヤンキースの試合を観戦しに行く機会は当面来ないと思うが、ちょっと面白いのでメールは拒否せずこのまましばらく受信しようかなとも思っている。

 ところで中国では、驚くほどに野球に関する話題が少ない。

 もちろん、国際大会にナショナルチームは出て来るわけだから競技人口が全くいないというわけではないだろうが、サッカーやバスケに比べると雲泥の差である。

 同じ中華圏の台湾などは野球好きが多いと聞くが、それに比べても中国ではほとんどと言っていいほど話題にならないのである。

 ファッションとしてヤンキースのあのNY帽を被っている人は時々見かけるが、実は野球という競技を知らないで被っているのではないかという気もする。

 まあ中国人がチームワークが苦手なのは昔からよく言われることで、チームの和が必要とされる野球に中国人が向かないのは理解できることではあるのだが、アメリカ人と中国人の性格が似ているといわれる面から考えると、野球ももう少し流行っても良さそうだとは思うが、どうもそうはなっていない。

 でも13億人もいる人口を思えば、人口の1%でも野球に興味を持ってくれれば、結構それなりの市場が生まれるとも思え、MLBのみならず日本のNPBにもチャンスがあるという気がする。

 サッカーの英プレミアリーグを夢中になって見ている中国人が大勢いるように、自国の競技レベルは高くなくとも、観戦者人口を増やすことはできるのである。

 まあそれにはボールに自分の名前を刻んで喜んでいるようなお飾りのコミッショナー程度では到底無理で、私の様な外国人にオールスターの投票をさせ、DMをバンバン配信するMLBの戦略を見習うような積極的な人材登用が必要だろう。

 NYヤンキースから来たたった一通のDMからでも学ぶべきことは多いのである。

松井の活躍にただいま興奮中

今日のワールドシリーズ第6戦、テレビは見られないがちらちらとネット速報で観戦中。

優勝してしまえばこれでヤンキースでのユニフォーム姿は最後かも知れない状況の中で、3打数3安打1本塁打6打点の獅子奮迅の活躍を見せている。

 昨日まで今シリーズは打率・556、2本塁打、2打点の活躍で、今日活躍すればMVPの期待もかかるが、勝てば勝ったで今年のシーズンが終わってしまう。

 まだ契約問題が解決しないのでこれが見納め(テレビ見てないが)になる可能性も捨てきれない。
 果たしてMVPを取った選手を放出できるのだろうか?そんな期待と不安を抱えてただいまちょっと興奮気味で観戦中である。