Tag Archives:

咳で失神して倒れた!

 毎年春の季節は体調が不安定になるのであまり好きな季節ではない。

 その理由の一つに、花粉や黄砂などの原因により呼吸器官にアレルギー的な反応が多く、咳き込んだりすることが多いからである。

 もちろん、自分としても例年身体の抵抗力が下がらないようマスクやマフラーを常に使用するなど、気を使い続けてはきている。

しかし、今年はちょっと失敗しをしてしまい、4月2日の急激な気温の低下の日に服装の調節に失敗し、抵抗力が著しく低下し体調を崩した。
 抵抗力が落ちると再発するのは副鼻腔炎とそれに伴う気管支の咳である。

副鼻腔炎の薬

 まあ直後に日本への一時帰国の予定もあったので、色んな薬を飲みながらだましだまし症状を押さえていたのだが、その日本から戻ってくる行程でちょっと無茶をしてしまったため、さらに体力が落ち、上海に戻ってから症状がまた強くなった。

 そして、先週の金曜に事件は起きた。

 長年の知り合いの送別会に呼ばれて酒席に参加したときのことである。

 本来なら酒席には参加したくないタイミングだったが、古い友人の帰国なので断りきれなかった。

 で、酒の量を抑えつつ飲んでいたので、酒量としては多くなかったのだが、途中で気管支が苦しくなり、発作的な咳が出そうだったので、ハンカチで口を押さえつつ部屋の外に出た途端に、頭がくらくらっとなった。

 次の瞬間、人に助けられて「大丈夫ですか?」と声をかけられている自分がいた。

 どうやら、瞬間的に気を失って失神して何秒間か倒れていたようである。

 そして倒れた時に額を少し打ったらしく、やや痛みがあった。

 しかしその頭の痛みはほとんど気にならず、体全体は失神する前より体が楽になっていた。

 昔、柔道をやっていた際に経験したように締め技で落ちたような感覚で、苦しいというより気持ち良いくらいの感覚だったのである。

 後から周りの人間に俺どうなってたの?って聞いても、周りの人はびっくりして倒れていたとしか答えてくれなかった。
 その後は、咳の発作も収まり何事もなく、宴席の最後まで過ごすことは出来たがどうもその瞬間のことが思い出せなかった。

 あれは何だったのだろうと、後からインターネットで調べてみると、激しい咳で呼吸困難というか、脳への酸素供給が不足すると短時間の失神が発生することがあるらしく、私の症状もそれだったようである。
 
まあ失神の原因を知って安心したような、怖い様な状況である。
酒が直接の原因ではないとはいえ、疲れているときは無理すべきではないなと自分の年齢を悟った今回の失神事件であった。

上海はジワリと値上げの春

 毎年のことだが、上海は物価が年々上昇を続けており、今年、じわじわとあちらこちらで値上げが行われている。
 今日もコンビニで買い物をしてきたのだが、先月まで14.9元だった弁当が15.6元に値上がりしていた。
 飲料類も、サントリーの烏龍茶(500ml)が3.8元から4.2元に、その他の伊藤園のおーいお茶などが4.2元から4.5元に値上がりとなった。

 リポビタンDの150mlも確か9元だったものが9.5元に値上がりとなった。

4.5元になったおーいお茶

 こういった値上げの波は近所の食堂にも及んでおり、8元だった牛肉麺が10元になってしまった。
 いずれにしてもこの春をきっかけにあちらこちらで値上げの波が起きている。

日本はここ25年ばかり値上げという言葉を忘れてしまったかのように物価水準がほとんど変動していないため、中国で安易に値上げが行われている状況を見ると、非常にドキッとしてしまう。
 しかしよくよく考えると、中国のように徐々に価格が動く方が経済としては正常というような気もしないでもなく、どちらがいいか悪いかということは一概には言えない。
 しかし、賃金の伸びが一定水準に抑えられている一方で、物価が値上がりしていると生活は当然苦しくなるのであり、その度にドキリとさせられるのである。
 上海の春、のどかな天候とは裏腹に、あちらこちらで物価が容赦なく値上がりしている。

どうやら茨城空港から中国国際航空が撤退したらしい。

 以前のブログで、中国国際航空(CA)が杭州―茨城線の路線を就航させ、驚きであるようなことを書いたが、どうやらあっという間に運航停止となってしまったらしいことを発見した。

茨城空港の公式サイトを見ると5/26から運航停止ということが正式に発表されている。

CA-IBARAKi

 永遠に廃止となったのか、一時的に休止なのかは分からないが、とりあえず客足が無くなったということで運航停止となったのだろう。

 まあ考えてみれば3月に就航して5月下旬に運航停止というのは、花見観光客や5月連休のお客をあてこんだ季節便的な意味合いが強いと察せられ、今回その役割をとりあえず終えたということにほかならない。

 今後、夏休みなどの多客期に復活するのかどうかは不明だが、6月は日本が梅雨に入り観光シーズンではない淡期になるため、少なくとも6月いっぱいの復活は無さそうである。

 そもそもこの中国国際航空は茨城空港に似合わない航空会社である上に、週末土日の2便というダイヤは使い勝手が悪く、繁忙期の臨時便以上の役割は担えないのだと察する。

 このようにキャパはあっても自衛隊の制約が大きく共産圏の航空会社を受け入れがたい空港というのは何とも皮肉である。

その代わりといっては何だが、7月に韓国のジンエアーによる済州島へのチャーター便ツアーと、ベトナム航空によるベトナム・ダナンへのチャーター便ツアーがそれぞれ一回ずつ実施されるらしい。

上海浦東空港のベトナム航空機

上海浦東空港のベトナム航空機

 恐らく今後の定期便就航に向けたお試し誘致の意味合いもあるだろうと察せられ、盛況なツアーとなることを期待するばかりである。

まあ爆買いなどの訪日中国人ツアーも一時のピークを過ぎたとも言われるが、まだまだ茨城空港には多くの商機があると思われ、外国の航空会社受け入れだけでなく、日系の航空会社と組んで世界の空と結んでほしいものである。

黄砂の咳

 ここのところ、自分の健康にとってあまりよくない状況が続いているが、今度は咳の発作のようなものが頻繁に起きるようになった。
 風邪かなという推測もあるが、咳以外の症状はあまりなく、実は毎年この時期に同じ症状で結構苦しんでいるので、私の咳は「黄砂の咳」ではないかという推測をしている。
 黄砂はご存知の通り、春先から初夏にかけて黄河上流の中国内陸部のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などから飛んでくる砂の粒子で、中国はおろか日本へも影響のある気象現象となっている。
 黄砂を吸い込むと、喘息と同じような発作が起きるとされ、空咳が出て、気管支が炎症を起こしたりして苦しいとされる。
 3月〜5月がピークとされ、特に多いのが4月といわれるので、まさに私のこの状況にぴったりで、症状もあてはまる。
 ゆえに、どうもここ数日の苦しい咳は黄砂が原因のようなのである。

で、どう対処するかだが、基本的には花粉症などのアレルギー対策と同様の防御策が基本となるようだ。
 風邪ではないので、風邪薬などの対処ではうまくいかないのである。
 私の場合、アレルギー反応を防ぐ抗ヒスタミン薬を飲むと症状が緩和されるようなので、まずはこの薬を飲むことにした。
 さらに、ムコダインなどといった痰キレを良くする薬で、体内から黄砂を出す処置をすることで、だいぶ回復に向かっている気がする。
 とりあえず、自分としてはこの処置だけで、しばらく様子を見てみることにした。  
 人によっては、黄砂はもっと悪質だからこれでは不足だという説もあるようだが、黄砂が原因ならばあまり複雑な処置は逆に体に悪いという気がしている。
 そう考えれば下手な病院に行って下手な処方されてしまうと症状が悪化しそうなきがしており、こういった原因がほぼ特定されている症状の場合は、うかつに医師にはかかわらないほうが安全だと考えている。

季節外れの花火大会

花火

花火

 先ほど、部屋のベランダから花火が上がっているのが見えた。

 はて、この季節になんだろうか?

 打ち上げ場所の詳細は分からなかったが、どうやら外国人が多く住む高級住宅街の方角なので、そのエリアでのイベントがあったのかなと思ったりもした。

 ところが、その場所からの打ち上げが終わった後に、今度は別の方角からの花火の打ち上げがあった。

上海の花火

上海の花火

 ええっ?一カ所だけのイベントじゃないの?今日は何の日?

 新たに打ちあがった場所は住宅街とは全く関係ない場所で、どうもこの2つに直接の関連性は考えにくかったので、今日という日に何か特別な意味があるのかどうかを急いでネットを調べてみたが、日本は5月3日が憲法記念日としてお休みであることは知っているものの、中国で今日は何か特別な意味のある日かどうかは全く分からなかった。

 まあ反日的な抗日記念日とかだったら、美しい花火も一瞬にしてブルーな印象に切り替わってしまうところだったが、どうやら違うようである。

 まあ、意味は分からなかったが、思いがけず今夜は花火を楽しめたのでヨシとしたい。

 それと直接関係ないが贔屓の日ハム・中田君が仙台で3発も花火を打ちあげたらしく、今日はそれもあって1日が花火デーのようで今夜はちょっと気分がいい。