Tag Archives: 無料

春秋航空が早朝に浦東空港行き無料バスを運行している

 先日の一時帰国の際には使わなかったのであるが、日本へ一時帰国を考える際にいつも選択肢の中に入っているのが春秋航空である。
 理由は当然運賃が安いというのが最大の要因だが、ネックとなるのが実は日本行きのどの便もほとんどが朝8時台の出発となっていて非常に早い時間帯だということ。

 空港の空いている時間に出発して機体を目いっぱい活用するLCCならではの出発時刻なのであるが、これが利用の選択を迷わさせられる。
 例えば茨城便は今日現在8時25分発に設定されているため、この航空便に搭乗するにはどんなに遅くとも7時には上海浦東空港に着いている必要があり、理想を言えば6時には余裕を持って着きたい。

 しかし朝の弱い自分にとってはなかなか厳しい時間帯であり、しかも市内からの交通機関も限られてくる。

 地下鉄やリニアの始発に乗ってもかなりギリギリであり、静安寺発のリムジンバスが5時であるものの結構混んでいるため乗り切れない場合もあるため不安がある。

 そうするとタクシーの選択になるが、200元程度かかってしまうのでわざわざLCCを選択するメリットが薄まってしまう。
 
 そんな悩みが早朝の春秋航空利用にはあるのだが、その悩みを解決する対応を春秋航空自身が始めたようである。

春秋航空の無料バス通知

引用元

なんと、人民広場から上海浦東空港まで無料の送迎バスを運行しているようなのである。

 朝5時に上海博物館の脇から出発し、上海浦東国際空港の第2ターミナルまで無料で送ってくれるとのこと。

 早朝便のチケットを予約している前提で、事前予約が必要なようだが、これは非常にありがたいサービスである。

 例え自宅からこの乗り場までタクシーに乗るとしても大幅に節約ができる上に、恐らく余裕を持って搭乗手続きが可能になるはずである。
 まあ早起きが必要なことは変わらないにしても事前予約が可能で席が確保されているなら安心感が違う。

 この無料送迎バスの情報、春秋航空の日本語ページにも掲載があり(ただアクセス情報がちょっと古い)、日本人でも利用できるようである。
 (中国語説明と期間がずれているのは何故だろう?)

 この情報を見つけ、次回(いつになるか分からないが)、日本に一時帰国する際はこの無料バスを是非検討しようと思っている。

国会議員や知事の立候補者は交通機関が無料になるらしい

 国政選挙もないのに、突拍子もない話題で申し訳ないが、今回の団扇騒動に関連して、公職選挙法を読んでいたら面白い条文を見つけた

 その条文とは下記の公職選挙法176条である。

(交通機関の利用)
第百七十六条  衆議院(小選挙区選出)議員、参議院議員又は都道府県知事の選挙においては、公職の候補者、推薦届出者その他選挙運動に従事する者が選挙運動の期間中関係区域内において鉄道事業、軌道事業及び一般乗合旅客自動車運送事業に係る交通機関(参議院比例代表選出議員の選挙にあつては、旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律 (昭和六十一年法律第八十八号)第一条第一項 に規定する旅客会社及び旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律 の一部を改正する法律(平成十三年法律第六十一号)附則第二条第一項 に規定する新会社の旅客鉄道事業及び一般乗合旅客自動車運送事業並びに国内定期航空運送事業に係る交通機関)を利用するため、公職の候補者は、国土交通大臣の定めるところにより、無料で、通じて十五枚の特殊乗車券(参議院比例代表選出議員の選挙にあつては、通じて六枚の特殊乗車券(運賃及び国土交通大臣の定める急行料金を支払うことなく利用することができる特殊乗車券をいう。)又は特殊航空券)の交付を受けることができる。
(政府の法律表示サイト「公職選挙法」より引用)

 簡単に言うと、衆議院小選挙区の国会議員や参議院の候補者、都道府県知事選の候補者とその選挙活動従事者は、JRや私鉄の鉄道やバス、航空券などが無料で乗れるパスを15枚までもらえるという事。
 
 当選者後の公職者に対してではなく、候補者への扱いとして無料乗り物券があるということになる。
 つまり選挙活動のための移動に対してタダで乗り物に乗れるという事らしい。

 私は今まで日本の選挙や政治の報道をずっと見てきたが、どの報道でも一度も聞いたことのなかった驚きの条文である。
 
 先日、兵庫県の県議の政務活動費の不正使用が問題になっていたが、あれは当選後の事だから政務費が支給されるものだと思って、不正な使い方はともかく支給には疑問を持たなかったが、これは当選前の候補者の権限となっていて、極端な話で言えば立候補するだけで列車や飛行機にタダで乗れると読み取れる。

 この制度は選挙における、選挙活動(政治活動)の最低限の平等性を補完するものと考えることが出来るが、悪知恵を働かせれば乗り物のただ乗りのために立候補も可能になっている。

 とはいえ、これらの国会議員や知事選の立候補には300万円の供託金が必要とされ、必要最低投票数に満たなければ返還されないわけだから、乗り物にタダで乗るために300万円を投じる賭けに出て立候補する人はさすがにいないとは思われる。

 この交通機関の利用制度について、実際どのくらいの使用実態があるか知らないし、関係区域内というのが何を指すのか分からないが、国政選挙のたびに全国を飛び回って大変だなぁと思われる各党党首の移動スケジュールの裏には、こんな法律の支えもあったのかも知れないのである。

 思い起こせば、各党首はやたら非効率に航空機で移動するような日程で各地を飛び回っていた気もするし、航空券をフルに利用して移動していたのかもしれない。

 今回の団扇騒動のお蔭で、思わぬ新発見をしてしまったという気がする。

DSC_0177

プレミア観戦天国

 今の部屋に引っ越してから、サッカーのプレミアリーグをテレビで観るようになった。

 日本だとCSなどの有料チャンネルに入らないとヨーロッパサッカーの試合はほとんど見られず、無料で見られるのはたまにNHKのBSとかで放映されるものだけという印象だが、中国では結構コンスタントに毎週生中継と録画放映がある。

 特にイングランドのプレミアリーグは人気があるようで、上位の強豪チーム、例えばアーセナル、マンチェスターユナイテッド、リヴァプール、チェルシーなどが絡むカードは、100%とまでとはいかないまでも結構コンスタントに看ることが出来る。

 そのほかドイツのブンデスリーガやスペインのリーガエスパニョーラなども放映されるが、放映頻度で言えば断然プレミアが群を抜いている印象がある。

 そんな中国のテレビ観戦環境だが、昨年までは欧州サッカーにそれほど興味もなく、また以前の部屋にあったテレビも映りが悪かったので、有線テレビの料金を払わず放置してあったのである。

 しかし今の部屋に引っ越して来た時に、ほぼ強制的に有線テレビの料金を払わされたし、比較的綺麗な画面でテレビが見られるので暇な時間が有るとテレビを見るようになった。

 さらに、日本代表の香川選手が昨年からマンチェスターユナイテッドの一員になっていることは知っていたが、マンUというチームの価値もかつてはそれほど分かっていたわけではなく強い興味も持っていなかったが、色々調べていくうちに次第に凄いことであることを認識するようになり価値を感じるようになったのである。

 そして、今年就任したモイーズ新監督に香川選手がなかなか起用されないという話題が注目を集める中、日本代表の状況を心配する身として、香川選手が出場するかもしれないマンチェスターユナイテッドの試合にも注目するようになったのである。

 今シーズンのファイターズへの興味が失速していく中、ちょうど入れ替わりに興味が湧いてきたというのもあるかもしれない。

 そんな訳でプレミアリーグも見るようになってきたが、まあプレミアに関しては世間で言う「にわかファン」そのもので、目下各チームを勉強中であるが、香川選手以外にも知ってくると興味の湧いてくる選手も沢山出てきたので、日本では金をを払わなければ見られない試合がタダで観られるこのプレミア天国をもっと満喫しようと思っている。

中国製PCはマルウェアをプリインストール?

 先日ある件でネット検索を行なっていたら驚くべき記事を目にした。

 その記事とは中国で生産されたパソコンに出荷時にすでにマルウェアがインストールされていた機械があったというのだ。
 
 マルウェアとは「悪意のある不正ソフトウェア」といったような意味で、これらがパソコン内に寄生することによって、外部からの遠隔操作などが可能になり、例えば成りすましのダミーとしてそのパソコンを利用し、他のパソコンやサーバーに攻撃仕掛けることが可能になる。

 昨年もこのマルウェアによって、「遠隔操作ウィルス事件」が発生し、ウィルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれたなどの事実が発覚し大きな社会問題になった。

 通常これらのマルウェアはユーザーのインターネット閲覧行為やメール配信などによって拡散されていたと考えられていたが、今回の発覚は工場からの出荷時にインストールされていたというもので、通常出荷後にインストールされるセキュリティソフトでは発見できないという非常に深刻なものとなっている。

 そしてこの事件のさらに深刻なところは、このマルウェアがネット上の感染ではなく、工場の生産ライン上で意図的にマルウェアを仕込んでいたという状況が否定しきれないところにある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 つまりサプライヤー自らマルウェアを潜まさせていた可能性があり、マルウェアを「悪意のある不正ソフトウェア」と呼ぶならば、サプライヤーのこの行為はまさに「悪意のある行為」に他ならない。 

 またこれが単なるある個人によってもたらされてものなのか、組織的に行われたかによってもその意味が大きく違ってくるので、どうにも見過ごすわけにはいかない非常に大きな問題となっている。

 これらの事件は昨年9月に発覚し、当時の日本や世界のPC関係業界では大きなニュースになっていた様だが、当の中国に住む我々日本人にとっては、この記事が掲載された時期はかの反日デモの真っ最中で、とてもPCのマルウェアなどに気を配れるような状態ではなかった。

 故に、きっと多くの中国在住の日本人がこのニュースを見落としていたと思う。

 しかし、こうやって改めてこの事件を知ると、これが事実であるならば非常に深刻な問題となって我々の生活やビジネスに襲い掛かってくることになる。

 つまりパソコンの購入に日本製は高いなどと言って、うかつに中国製のパソコンを買って使用すると知らぬ間にネット犯罪の片棒を担がされたりする可能性があり、あるいは無意識のうちに国際問題の担い手になってしまうかもしれないことになるからである。

 今回このニュースを知って改めてこの国の恐ろしさを知ることになり、とてもじゃないが今後中国製のPCやアプリケーションソフトは絶対買えないなと感じた。

 当然だが同僚の中国人達は中国製の無料のセキュリティソフトや国内専用のブラウザなどを当たり前のように利用しているが、外国人の私は今回それらを信用して使用しようとは思えなくなったのである。

 個人の情報が監視される程度ならまだしも、犯罪の片棒を担がされたのではたまらないからである。

 とはいえ現状ではタブレットPCやスマートフォンなど、ブランドは日本や欧米のものであっても生産地が中国製であることを避けるのは非常に難しい状況になっている。

 今回の事件がどこまで究明されるか分からないが、やはりものを買うときは生産地まで確認して、日本製で揃えられるものは可能な限り日本製で揃えたほうが安心なのは確かの様である。


成田の無線LANはまだ有料

先週の日本帰国は成田空港経由で帰ってきたのだが、そのとき成田空港は無線LANが全て有料であるという事実に気づきとても驚いた。

 空港に行く前に調べてみたのだが、無線LANの施設はあるのだが事前のプロバイダ契約が必要なものばかりである。

 これでは事前準備なく突然この空港を利用することになったら、ネットを使ったメールのやり取りもできずビジネスに大きなロスが出来てしまう。

 比較して申し訳ないが上海の空港は完全無料化が実現している。空港どころか市内の喫茶店など結構いたるところで公共無線LANの設置が進んでいる。

 何故、いまどき成田ほどの空港が無線LAN無料にならないのだろうか、、、と書きかけて慌てて世界の空港の無線LAN事情を調べてみた。

 調べてみると世界の空港の中でも無料化が進んでいる空港は数少ないようで、ほとんどは無線LANには対応しているもののプロバイダとの契約が必要なようである。
故に成田だけ特別状況が悪いということでもないようである。

 しかしである。

 成田空港はご存知のように世界一高い着陸料を航空会社に課し、これまた高い空港施設利用料を乗客に課している。にも関わらず上海に施設サービスの面で負けていることになる。これではアジアのハブ空港競争では完全に遅れをとってしまう。
 トランジットの空いた時間にネットに接続してメールやニュースのチェックはツーリスト達の当たり前の行動になっている現在、ビジネスマンのみならずバックパッカーやツアー客でさえノートパソコンを持ち歩き旅をする。
 
 そこで一々有料のプロバイダとの事前契約を必要とすることであれば、その空港は「使えない空港」という評価になってしまう。そうなればもし彼らが成田か上海のどちらかでのトランジットを選ぶ状況になったら、恐らく成田ではなく上海をトランジット地点に選ぶであろう。
 空港全体の施設からすれば小さいことかも知れないが、今や世界の人々の日常の行動になっているネット接続に対するサービスはそのくらい重要な判断材料になっている気がする。

 ちなみに関空では国内線利用客に対しては有料だが、国際線は国際競争力を意識してか無線LANが無料で提供されている。
 故に「無線LANは有料」は国内の常識でもなくなった。同じように日常からあれだけ高い空港利用料をとっている成田も早く無線LANの無料化を実現していただきたいと思う今日この頃である。