Tag Archives: 進歩

先入観や固定概念は可能を不可能にする

先入観や固定概念は可能を不可能にする

 これは日本ハムに入団した大谷選手が言ってたらしい言葉。

 二刀流の挑戦や自身の野球に対する取り組みを表す言葉らしく、もちろん彼とてどこからか学んだ言葉だろうが、いい言葉である。

 初めから計算ばかりが立って未来を否定するともうそこで不可能が決定してしまうという意味である。

 まあ世の中は願えば全てが叶うほど甘くはないが、願わなければ最初から0%で不可能になり、願えば0%が0%でなくなるわけで、実現の可能性は生まれてくる。

 もちろん大人の経験則から言えば、今回の二刀流はかなり難易度が高いのは事実だが、実績がない競技を2つやりたいと言っているわけじゃなく、それなりの素質を持った彼にはそれを口にする資格はあろだろうし、その挑戦を今の時点で否定する理由は何もない。

 このことは何も大谷選手の話ばかりだけではなく、我々一般人の人生の中でも同様のことが言える。

 つまり物事を最初から先入観や固定概念を持って否定したのでは、何も前に進まないということ。

ファイターズスタジアム

ファイターズスタジアム

 特に最近の日本なんかは、ビジネスでも何でもアカデミックにルールが固定化され過ぎていて、先入観や固定観念で国が塗り固められている印象がある。

 故に安全を求めすぎて固定概念を突き破る勇気を持てない人が大勢いる。

 そこへ行くと、中国人の場合は教育が足りないのか固定概念に縛られず(というか知らないから?)、常に前向きな人が大勢いるのに驚く。

 その発展の急速な速度から、考えてから行動したのでは間に合わないのが今の中国であり、行動しながら考えるというのが今の彼らのスタイルとなっている。

 そのため失敗や周りに迷惑をかけることも多々あるが、少々の失敗にはめげないというか(反省しないというか?)、とにかく日本人から見ると驚くほどポジティブである。

 まあ日本人が持つ固定概念は今回の野球の件のように、先人たちが積み重ねてきた経験則から生まれてきたものだから、あまり軽々しく扱うことはできないが、さりとて100%縛られる必要はなく、前へ進むために突き破るための勇気をもつことは大事である。

 もちろんどこかで行き詰った時に断念する勇気を持つことも必要で、それがわかっていれば固定概念を覆す挑戦をしてみてもいいのではないかと思う。

 今回の大谷君の場合は人の2倍の活躍を目指すわけだから人の2倍苦労する可能性があり、我々が固定概念を突き破るには固定概念を作ってきた人以上の努力は必要になるのは当たり前で、突き進もうとする場合はそれなりの覚悟は必要ではある。

 そうは言ってもやはり現状に安住しているだけではいずれ誰かに抜かされ、負けてしまうので前に進む必要がある。

 だから前に進むためにも、

 「とりあえず、まずやってみる

 この心意気だけは、中国人に学んだ前向きな考え方である。
 先入観や固定概念は可能を不可能にするのである。


人間ドックの無理な要求

先日の健康診断、つまり人間ドックの時の話に戻るが、人間ドックというのは受診者にかくも矛盾しているような無理な要求突きつけるのかと毎回思う。

 まあ要求にはそれぞれ理由があるのは分かるが、その要求をこなすのは結構大変なのだ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ①まず、前日夜から絶食を要求しておきながら、朝の検便を要求される

まあ無理難題でもないかもしれないが、前日早い段階で食事を終えると、朝の検便まで持たず、夜のうちに用を足してしまう可能性があり朝出ない可能性がある。

 ②水分を取るなといいつつ、当日検尿がある。

 夏場など汗をかくので、水分を絶った状態で病院に行っても、そんな都合よく尿など出ないのだ。

 特に午前中も遅い時間の受診だったりすると、病院に行く前に途中で既に何度かトイレに行ってしまったり汗をかいてしまうので、思うように尿など出ないのである。

 にも関わらず、人間ドックでは前日夜から絶食絶水を要求される。 

 絶食はともかく、絶水後の尿検査はもう少し検査方法は進歩しないのだろうか?
毎回受診するたびに思うこの矛盾である。

医療は30年前から進歩していない?

 先日入院していたときに、お笑いの爆笑問題の2人が天才心臓外科医の南淵明宏氏を尋ねるというテレビ番組の企画を偶然見た。

 ちょうど自分が入院していたということもあり、興味を持ってじっくり番組を見たのだが、その時その医師が話していたことの中で興味深かったのは、医療の最前線は実はあまり進歩していないということだった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 進歩していないと言えば語弊があるかもしれないが、「最新の医療」と言われて久しい今日でも、医療の最前線では非常に昔ながらのアナログな医療が行われ使われる器具もあまり変わっていない状態だというのだ。

 その一例が人工心臓弁で、実は30年前からデザインが変わっていないという。
 もちろん色んなメーカーが新しい心臓弁の開発を試みてはいるものの、その30年前の製品を上回るものは生まれてこないのだという。

 このことは実は患者にとっても安心材料で、この心臓弁を使うのはあなたが初めてですというより、30年前からみんなが使っていると言う方が患者が安心するとのこと。

 また心臓手術の際に使用される縫合用の糸も昔から同じものを使っており、その後接着剤など色んな方法が試みられたが、糸による縫合を上回る技術は生まれていないのだという。

 もちろんこの30年の間に検査機器などは発達し、非常に精度の高い検査は可能になってきたが、医療行為という人間に接する最前線では昔ながらの非常にアナログなことが行われているのが実態だということ。

 そういった意味で巷で言われる「最先端医療」という言葉の意味するものは何なんなのかを考えてしまうとしたこの医師の言葉が印象的だった。

 そういえば私の手術の時も、鼻茸の切除部からの止血をするのに止血剤は点滴に入っていたが、あとはガーゼを当てて圧迫して止血するという方法で、よく考えてみれば非常に原始的な方法であったという気がする。

 ともすれば我々患者側の人間は医療の最先端信仰に陥いりやすいが、実はそれは幻のようで、医療そのものは何十年も本質的なところでは変わっておらず、医療の良し悪しを左右するのは実は技術ではなく医師らの人間の資質なのかもしれないと感じたのがこの番組だった。

 まあそういう意味で、毎日のように休まず患者に接しながらも、命への畏怖を忘れないこの医師はやはり現代の名医の名にふさわしいのだろう。