Tag Archives:

オリンピックに持っていた夢

 今回、2020年の東京オリンピック開催決定を受けて、昔持っていた一つの夢を思い出した。

 まあ中国に来て以来、この滞在国で北京オリンピックという時期を経験してしまったがために、オリンピックに対する崇高な精神をことごとく破壊されてしまった印象があり、オリンピックそのものを素晴らしいものとして捉えられなくなっているような自分がいた。

 こういったネガティブな印象は昨年のロンドンオリンピックでやや取り戻されたが、結局あのサッカーの3位決定戦の試合で最後に嫌な印象を残してしまったがために、悪い印象の完全払拭とはならなかった。

 しかしながら、今回の東京オリンピック決定により、トルコとの友好的な争いなどもあって、ようやくオリンピックに対するネガティブイメージを排除した形でオリンピックに向き合えるような気がしている。

 確かに原発事故や震災復興、南海トラフ地震に国家財政など、不安を上げればキリがないが、これらはイベント成功の不安要素ではあってもオリンピック精神そのものを脅かす存在ではない訳で、そういった意味ではようやく純粋にイベントに向き合える気持ちになりつつある。

 さて、私が若い頃に持っていた夢というのは、オリンピックの開会式イベントの演出をすることであった。

 1984年のロサンジェルス大会のファンファーレと開会式の演出に強烈な衝撃を受けた私は、以来小さいながらもイベント的なもの表現的なものに多くかかわって生きてきた。

 あの頃はまだ前回の東京オリンピックが20年前に実施されたばかりの頃であったが、50年くらい経てば、もう一度くらい日本でオリンピックをやるチャンスが巡ってくるかも知れず、私が40歳を過ぎた頃に開催されればいいなぁなどと考えていたのである。

 開会式の演出のアイデアなども何度も何度も頭の中で浮かんでは消え浮かんでは消えを繰り返すほどの想像をしてきていて、例えば和楽器や世界中の楽器によるラヴェルのボレロの演奏を行なって、1人からスタートして最後には世界中の人が一つの大きな輪になるようなイメージが作れないかなど、様々な要素を日々オタク的とも言えるほど色々考えてきたのである。

 そして今回なんと夢に描いていた通りに私の40代の時期に東京にオリンピックがやってくることになったのである。

 これは驚きの予想的中である。

 私にはこれまでの夢がある故にひょっとしてこれは天が与えたチャンスか?とまで考えてしまったのである。

 とはいえ、現在においての自分自身は中国にいるわけであり、中国に来て以来そういったイベントに関わる仕事などから離れてしまっているため、日本の名誉にかかわるようなイベントの中枢に入り込めるような状態ではなくなってしまった。

 もちろん、日本に居続けて望んで努力し続けたところで、中々入れる世界では無いことは、もう私も十分大人になったので良く分かっている。

 しかしながら、こうやって東京オリンピックの開催が実際に決定した現在においては、やはり見る側ではなくできれば作る側に加わりたいというのが本音である。

 今更演出やプロデューサーの位置に立とうなどとは夢にも思わないが、世界中に希望を与えられる演出の一端をどこでもいいから担げたら幸せだなという気がしている。

 こんなことを考えるようになっただけでも、今回の開催決定は私にとって結構衝撃であったニュースであり、開催決定後の時間は決定前の時間とは全く違った人生が流れ始めているような気がしている。

二度入院する夢

今朝入院した夢を見た。

 しかも一度ならず二度も入院した。

 夢の話なので、あまり詳しくも覚えていないのだが、一度目は何らかの時に気を失って起きたら病院だったという状況だった。

 そしてはその入院先で動こうとしたら、更にまた倒れたらしく、起きた時はがんじがらめの状態で、また別の病院に転院させられていた。

 そこへやってきたパートナーらしき人(誰だか分からない)に、私は転院したのかと尋ねたら、その人は頷いたようだった。

 「そうなのか・・・」

 そんなところで目が覚めた。

 ちょっと特異な夢だったので、ネットで夢占いを調べてみると、体調に黄色信号をが灯っている象徴のようなことが書いてあった。

 どうやら休養が必要な状態らしい。

 まあ確かに、最近ちょっとした頭のふらつきや胸に鈍い苦しさがあるのかなと感じるような時もあり、どこか体に不調があるのかなと感じる場面も少なくない。

 そんなに過激な運動をしているつもりはないが、逆に暑さを嫌って表にあまり出ず、運動不足になっているというのは有るのかもしれない。

 心身すっきりとさせるため、少し今日は外出した方がいいのだろうか。

 そんなことを感じた今朝の夢だった。

時間があれば何だってできる。

 最近この年になって思うのは、人生は時間があれば何だってできるということ。
例えどんなに難関と言われるということでも、時間さえあれば何だってできると思う。

 家を沢山持ったり、世界中を旅行したり、10か国語をペラペラになるまで練習したり、更には今から司法試験に合格したり、医師になったりすることだって不可能な事じゃないと思う。

 たいていのことは時間をかけて努力すれば、実現できない夢なんてない。

 まあ才能があるかどうかはともかくプロ野球選手なんかだって相当コツコツやれば、目指せるのではないかと思う。

 
そう「時間があれば人は何だってできる」のである。

しかし、言い換えれば

人間に与えられている時間は限られているので、人生で出来ることも限られている。

ということになる。

人間はいつまでも若くはない。
体力はいずれ衰える。
若く成長できるのはせいぜい20代後半まで。
寿命だってせいぜい80年で、それ以上長生きできたとしても
80歳の体力で新たにゼロから挑戦するのはかなり大変だろう。
 
そして何かを学んだり、努力をするためには時間がかかる。
その何かを学んでいる時間、何も食べずに生きられればいいが、
残念ながら人が生きている限り、食事をしなくちゃいけない。
どこかに住まなくちゃいけない
場合によっては他人を養わなくちゃいけない。
そのためには誰かの世話になるか、自分で稼がなくちゃいけない。
そしてご飯を食べるのにも時間がかかる。
風呂に入るのにも時間がかかる。

そして1日の1/3~1/4は寝る時間を取られる。
残念ながら人間は寝ないと生きていけないのだ。

そう考えると、人間が何かをやろうと考えた時、
使える時間は非常に少ないことに気が付く。

だから人は目指す山はそんなに幾つも選べない。 
人はどんなに大きな夢でも、どんなにたくさんの夢でも持つことができるが
叶えられる夢は限られている。

そう、人生は限られている。

写真はイメージ

写真はイメージ

(私の嫌いなS氏も同じようなことを言っていたらしいが、決して受け売りではない)

だから人はそれぞれ違う自分の山を目指していて、小さな夢を沢山実現している人もいれば、とてつもなく大きな山を目指してずっと夢の途中の人もいる。

だから人生の途中で一つの山に登れたとしても有頂天になって自慢してはいけない。

それはその人が時間をそこに使っただけ。
ほとんどの他人は目指す山が違うのである。

だから私も、明日何をすべきかを考える。

原文