Tag Archives: 中山公園

上海地下鉄2号線が上海市内から上海浦東国際空港へ時々直通している

 春節前の1月末の頃だったろうか?
 上海の地下鉄2号線の威寧路駅にて、「浦東機場行き」と表示された列車が、中山公園駅方面へ出発するところを見かけた。

 「え、浦東機場(空港)行き?まさか?」

 そういった情報は把握していなかったので、市内から空港行きの直通列車があるとは俄かに信じ難かった。

 急いで、列車が走り去った後の列車接近情報のモニターを見てみたが、次の列車を含めて3本とも通常の広蘭路駅行きしか表示されていなかった。
 ひょっとすると先ほどの表示は誤表示だったかもしれないという可能性が頭をかすめた。

 ここ上海といえども列車の行先表示などは、時たま中国的な適当な表示も見られ、誤表示の可能性が捨てきれなかったのである。

 もともと2号線は広蘭路駅から市内側は8両編成空港側は4両編成という分断運転を行っていて、広蘭路駅で反対側のホームへと乗り換えている運営が行われている。

4両編成の2号線

 恐らく乗客需要の差異と、リニアモーターカーを守るため直通運転をさせないのだろうと言われており、直通列車の実現は難しいというのが多くの人の見解であり、私もそう思っていたため直通運転があるとは信じ難かったのである。

 たたやはり気になるので、早速ネットで情報を調べてみた。

 まず上海地下鉄の公式サイトをチェックしてみたが、公式情報としてそのような列車が走っているような情報は掲載されていなかった。
 この辺りは予想通りである。

 そして、百度(バイドゥ)でニュース情報を探してみたところ、一つだけ情報を見つけ、昨年末の12月28日より8両編成のままの直通列車が走るようになったとある。
 
 ただ、公式情報というより中国人記者の発見といったレベルの記事だったので、何分に1本が直通運転を行っているとか、何故直通を始めたのかとか5W1H的な情報は得ることが出来なかった。

 あまりにも信憑性を欠くような情報だったので、できれば自分で確認してみようという気になった。

 その後、2号線を利用するたびに上記の列車接近情報のモニターを見て毎回確認してみたが、なかなか浦東空港行きには巡り会えない。

 そんな日々がしばらく続いた後の、春節直前のある日、ようやく情報モニターに出現した「浦東機場」行きを発見した。

 「おお!」

浦東機場行きの表示

 その日は春節直前の週末で一応会社に行くことにしていたが、もう定時に出勤しないでも構わない状態だったので、そのまま浦東空港まで行ってしまうことにした。
 列車を見かけたのが中山公園駅だから空港まで1時間半ほどの行程である。

 ついでに証拠写真も残そうと思い、携帯電話のカメラ機能を起動し待ち構えていたが、残念ながらやってきたのは旧型の車両で、車両サイドに情報表示がないタイプのものだった。

 これでは写真を撮っても他の列車と差異がなく、意味が無いので撮るのを諦めた。

 そして、やってきた列車に乗車すると、そのまま列車は浦東空港まで何の特別なイベントも起こらず無事到着し、直通情報は本当であることを確認することができた。

 何だか張り合いのない道中ではあったが、敢えて特筆するべきことがあるとすれば、広蘭路駅では通常の折り返しホームではなく、朝夕しか使わないもう一方のホームに到着したことぐらいであろうか。
 このため、広蘭路駅で空港行きを待っていた乗客は乗れなかったのではないだろうかと察する。

 このような便利な直通列車であるにも関わらず、まだ試験運用なのか、今のところ運営サイドは一切特別なPRを行っていない。
 列車種別なども差をつけず、単に「浦東機場行き」としか案内されないのである。

 逆方向にも、浦東機場発淞虹路駅行きや徐涇東駅行きなどもあるようだが、やはり市内直通であっても特に特別なアナウンスはされず行先と車両数だけが表示される。
 直通の運行本数として、恐らく1時間に1本あるかないかの運用と察せられ、今のところ期待値が高まり過ぎるのを防ぐためなのか、積極的なアナウンスはする気が無いようである。

 ただ、このような直通が一部で始まったということは、今後時期が来れば直通の本数が正式に増えることも予想される。
 上海浦東国際空港と上海市内の間の道のりがより便利になる日が来ることが期待されるこの直通開始である。

中国のまだちょっと足りないセンス

 先日、中山公園にある某高級レストランばかり集めた場所にある会合で行ってきた。
 レストランを沢山並べて儲かるのかとかと言った直接のビジネス上の疑問点はさておき、会の途中でトイレに行きたくなったので捜すことにした。
 訊けばトイレは各店舗共通で、店舗スペースの外の共用部にあるとのこと。
 まあ会計もフロア全体で集中精算になっているようだったから、運営としてはこれで良いにしろ、困ったのはトイレの場所が分かりにくかったことである。

 一応共有スペースには、フロア案内図が置かれているのだが、実はこれが逆さまで読み取りづらかった。
 この逆さというのは、字が逆さということでなく置かれている向きという点で逆さであり、こちらの視点が南向きになっているのに、北向きの視点の図がそのまま置かれていたのである。
 頭を冷静に整理して、頭の中で図を逆にすれば理解できるのだが、これは意外と容易でなく理解するまでに時間がかかる。

 つまり情報としては間違っている訳じゃないが、お客からの視点にかけている表示なのである。
 高級店を標榜するこのお店だが、この図を見る限りどうもセンスに一歩欠けており、中国人オーナーの店かなという気がしてしまったのである。

 実は、こういったちょっとセンスが一歩足りないという経験は、サービスの進んだ上海でも沢山みかけることが出来る。
 例えば地下鉄の車内のドアの上の路線図は、左右の扉とも同じ図が貼ってあったりする。
 つまり一方の扉では路線図の示す方向と列車の走る進行方向が一致するが、もう一方の扉では、路線図の左右と進行方向が一致せず、感覚的な理解が出来ないのである。

 これも情報としては間違っているとはいえないが、やはり親切な表示とは言えないだろう。

 さらに中国の公共トイレでは男女別表示をトイレの入り口の扉に直接貼ってある例も多いが、これもやはり親切とは言えず、開け放たれている時はその男女別マーク表示が見えないのである。 
 すると、少し首を中に入れて扉に貼られている男女別表示を確認してから入ることになるが、間違ったところを覗いて中に別の人がいたりすると恥ずかしい思いをすることになる。
 これらはほんの少し利用者の視点があれば解決できる問題なのだが、そこが一歩足りないのが今の上海の現状だという気がする。

中山公園は「ナカヤマ」か「チュウザン」か

 上海の「中山公園(zhong_shan_gong_yuan)」の読み方である。

 まあ外国の地名なので、どちらが正確などという答えも無いのだが、日本人の中でも人によってその読み方に結構違いが出てきている。

 幾人もの日本人同士で会話している限りにおいては、おおよそナカヤマ派が主流でありチュウザンと読む人はあまり多くない印象だが、チュウザン派も一定数いる。

中山公園龍の夢ショッピングセンター

 例えばウィキペディアで中山公園の項を作った人はチュウザンと表記している。

 最初はこの読み方の違いを生んでいる違いとして「マクドナルド」の略称の「マック」の濁らない関東読みと「マクド」の濁る関西読みのように、関東関西で違うのかなという気もしたが、実際は関西出身の人でもナカヤマと読む人が意外と多く、関東・関西の区分では説明できない感じだった。

 しかも「中山公園」で検索すると関西にその名称を付けた公園が多くナカヤマと読ませるので、彼らも自然とナカヤマ読みになっているのだと思われ、関東関西説は脆くも崩れさった。

 ではチュウザンと発音したい人は何故そう思うのかを考えてみた。

 一番有力なのが、チュウザンというのは中国の発音に比較的近い読み方であり、それに沿った形の日本語を当てはめるとチュウザンとなるので、中国語的に発音したい人がチュウザンと発音したがるような気がするのである。

 また別の理由としては、中山公園の名の元となった孫中山(孫文)に対しての尊敬を持っている人が、彼に敬意を払って比較的威厳があるチュウザンの読み方を選択したがっているのではないかという気がする。

 たしかに、ソンナカヤマではやや軽く、ソンチュウザンに比べれば重みに欠けるという気はするので、チュウザンと読みたくなるというのは理解できるかもしれない。

 しかし、最近やってきた私のような日本人にとっては孫文と言えども単なる外国の歴史上の人物でしかなく、しかも日本の通名は「孫文」であり中山公園の中山のとは瞬間的に結びつき難く、素直に比較的平易なナカヤマと読んでしまうのだという気がするのである。

 さらにウィキペディアの孫文の項によれば彼の日本名は「中山 樵(なかやま きこり)」だったようなので、やはりナカヤマの方がどちらかというと日本人にとっては正統な感じがする。

 まあ答えがあるはずもないのに、悶々とこんなことを考えてしまった今日の夜である。

中山公園の桜、新しいカメラの威力

 最近新しいカメラを購入したので、中山公園まで桜を撮影しに行った。

 新しいカメラは望遠が光学で16倍、デジタル込なら48倍までアップでき、ちょっとした一眼レフ並みの望遠性能で最近調子にのって写真を撮りまくっている。

 幸い天気が良かったのでいい撮影日和になったのだが、この写真は桜まで確か15mくらいあったが、見事この通りである。

上海中山公園の桜

上海中山公園の桜

 まあ画質はデジタルカメラなのでそれなりだが、写真コンテストに出すなどでなければ十分である。

 ここまで綺麗にとれるとちょっと気持ちいい。

 中山公園の桜も捨てたもんじゃない。

混み過ぎ!浦東空港の機場6線リムジンバス

 先日、上海浦東空港からの市内に戻ってくる時間が遅くなってしまったのでリムジンバスの機場6線を利用することにした。

 この機場6線は元々、上海市内の中山公園と浦東国際空港を結ぶリムジンバスだったのだが、地下鉄2号線が浦東空港まで繋がってしまったので利用客が激減し日中の運行が廃止された。

 しかし地下鉄の終電が22時で(当時は21時)終わってしまうので、その後の足として、現在も21時~0時までの間だけ空港→中山公園方向のみ片道運行のリムジンとして残されている。

 ということで乗れる機会が激減してしまった機場6線だが、今回たまたまそれに乗れるチャンスというか、乗らざるを得ない状況になってしまったので挑戦してみることにした。

 (本当は静安寺行きの機場2線のほうが圧倒的に早く着く)

機場6線の案内標識

機場6線の案内標識

 さて、この機場6線は30分置おきの運行との案内であったので、22時5分から待ち始めた自分は恐らく22時半まで待たなければならなかった。

機場6線の案内情報ボード

機場6線の案内情報ボード

 まあ急ぐつもりならこのバスには最初から乗るつもりもないので、それは構わなかったのだが、結局バスが来たのは22時35分頃で想像以上に待たされた。

機場6線車内

人影で車内が真っ暗、後方はもっと狭そうだった。

 そして驚いたのはその混み具合である。

 深夜路線なので、ガラガラの状態で客が数人という状況を想像していたのだが、それはとんでもない誤りであったことを思い知らされる。

 私は長く待たされたこともあり運よく早いタイミングで乗り込み、座席を確保できたのだが、乗客がゾロゾロ後から後からやってくる。

 最初2人掛けの隣に荷物を置いてのんびり構えていたが、あっという間に席が埋まってきたので、手荷物は足元に置いた。

 すると比較的体の大きい私を上回る相撲取りクラスの大男が私の隣に座った。

この時点で私は、
「何でわざわざガタイの大きい2人で狭苦しく並んで座らにゃならんのか」
と思ったのだが、そのうちそれはまだマシな状態であることを知らされる。

 まだまだ客が乗ってくるのある。

 そして立ち席客が何人もいる状態でようやく22時50分頃第1ターミナルを出発する。

預けた荷物の引換券

預けた荷物の引換券

 そしてまさかとは思ったがやはり第2ターミナルにも停車。

大勢の人が待ち構えている。

 そしてさらにどんどん乗ってくる。
バスは中央通路はおろか乗降ステップまでギュウギュウの寿司詰状態となった。

 「うわぁ、乗りすぎだよ、通勤ラッシュのバスじゃないんだから。。。」
 酷い混みようである。

 こうやってみると、椅子に座れたことはラッキーであり隣の大男のおかげで中央通路の乗客のプレッシャーを受けずに済んだことがラッキーだったようだ。

 まあ今回、この機場6線を遊び心で乗ってみたが、今後はできるだけ避けようと思うほどの混み具合だった。

 24時間空港として恐らく深夜便が増えているはずの上海浦東空港だが、市内への足は実は成田空港などに比べかなり貧弱であることは否めない。
 昼間でさえリニア1本と地下鉄1本、バス8路線では少なすぎる気がする。

 ましてや他の手段が次々に無くなる夜間は、タクシーに比べ大幅に安いリムジンバス(バス24元VSタクシーは200元弱)に集中するのは当然のことのように思えるのだが、その割には30分に1本しか運行されない状態というのはどうもバランスが悪い。

 深夜時間帯の飛行機の便数の計算などはちゃんと考慮されていないのではないかと疑いたくなる。

 深夜にゆったりと飛行機で帰ってきても地上の足がこれでは、どうも国際空港としての名折れのような気がする。

 ところで機場6線は中山公園行きと書いたが正確には、安化路X定西路に到着し、地下鉄の中山公園駅とはちょっと離れたところに到着し、駅のそばには停車しない。

 それほど大した距離ではないが地理感覚が分かる人ならいいが、分からないひとは事前に確認してから使ったほうが良いであろう。