Tag Archives: 24時間営業

24時間の強要の社会

 また日本で交通事故が起きた。

 深夜に金沢からTDLに向かうバス。

 運転士が居眠りをしていたということで、まあこの運転士や運営会社の責任は免れないところではあるが、それにしても深夜バスである限り、このようなリスクは避けられないような気がする。

 それにしても日本をはじめとして、社会の中にはありとあらゆる場所で24時間稼働が強要されている。

 今回の深夜バスは分かりやすい例であるが、走っているバスだけでなく高速道路を運営する会社や、それを監視する交通機動隊、さらに病院などは当然24時間体制で動いている。

 そしてその背後には、携帯電話やインターネットを支える通信会社、その電力を支える電力会社や発電所勤務の人などもやはり24時間稼働だ。

 

写真はイメージ

写真はイメージ

今の社会は当たり前のように24時間電話が繋がり、水道をひねれば水が出て、スイッチを突ければ電気がつく。

 我々はこのような24時間同様のサービスが提供されることを当たり前のように強要するのだ。

 強要しているつもりはないという人もいるかもしれないが、夜中に突然電気が切れたり、銀行でお金が下ろせなかったら誰だって文句を言うだろう。

 結局はそうやって24時間稼働していることを自分ではない誰かに強要していることになり、誰かに24時間稼働を強要するということは、その誰かは朝起きて夜寝るというサイクルではない時間帯で生活していることになる。

 まあ他人事だと思えば睡眠時間さえ足りていれば問題ないと思うか知れないが、夜起きて昼に寝るという生活サイクルの逆転は本人の体に何らかの無理を要求することになる。

 今回の事故を起した運転士だって、それなりの注意を払って生活していたに違いないが、どこか体調を調節しきれず居眠り運転に繋がってしまったのだろう。

 今回犠牲になってしまった人達には気の毒だが、深夜バスというのはやはりそれなりにリスクが伴うし、24時間稼働を要求し過ぎている我々への警鐘という気がする。

 24時間稼働の全てを否定する気はないが、こういった人の体に無理をさせることによりリスクが増大するような24時間の強要は社会としてなるべく避けるべきであろうと思う。

混み過ぎ!浦東空港の機場6線リムジンバス

 先日、上海浦東空港からの市内に戻ってくる時間が遅くなってしまったのでリムジンバスの機場6線を利用することにした。

 この機場6線は元々、上海市内の中山公園と浦東国際空港を結ぶリムジンバスだったのだが、地下鉄2号線が浦東空港まで繋がってしまったので利用客が激減し日中の運行が廃止された。

 しかし地下鉄の終電が22時で(当時は21時)終わってしまうので、その後の足として、現在も21時~0時までの間だけ空港→中山公園方向のみ片道運行のリムジンとして残されている。

 ということで乗れる機会が激減してしまった機場6線だが、今回たまたまそれに乗れるチャンスというか、乗らざるを得ない状況になってしまったので挑戦してみることにした。

 (本当は静安寺行きの機場2線のほうが圧倒的に早く着く)

機場6線の案内標識

機場6線の案内標識

 さて、この機場6線は30分置おきの運行との案内であったので、22時5分から待ち始めた自分は恐らく22時半まで待たなければならなかった。

機場6線の案内情報ボード

機場6線の案内情報ボード

 まあ急ぐつもりならこのバスには最初から乗るつもりもないので、それは構わなかったのだが、結局バスが来たのは22時35分頃で想像以上に待たされた。

機場6線車内

人影で車内が真っ暗、後方はもっと狭そうだった。

 そして驚いたのはその混み具合である。

 深夜路線なので、ガラガラの状態で客が数人という状況を想像していたのだが、それはとんでもない誤りであったことを思い知らされる。

 私は長く待たされたこともあり運よく早いタイミングで乗り込み、座席を確保できたのだが、乗客がゾロゾロ後から後からやってくる。

 最初2人掛けの隣に荷物を置いてのんびり構えていたが、あっという間に席が埋まってきたので、手荷物は足元に置いた。

 すると比較的体の大きい私を上回る相撲取りクラスの大男が私の隣に座った。

この時点で私は、
「何でわざわざガタイの大きい2人で狭苦しく並んで座らにゃならんのか」
と思ったのだが、そのうちそれはまだマシな状態であることを知らされる。

 まだまだ客が乗ってくるのある。

 そして立ち席客が何人もいる状態でようやく22時50分頃第1ターミナルを出発する。

預けた荷物の引換券

預けた荷物の引換券

 そしてまさかとは思ったがやはり第2ターミナルにも停車。

大勢の人が待ち構えている。

 そしてさらにどんどん乗ってくる。
バスは中央通路はおろか乗降ステップまでギュウギュウの寿司詰状態となった。

 「うわぁ、乗りすぎだよ、通勤ラッシュのバスじゃないんだから。。。」
 酷い混みようである。

 こうやってみると、椅子に座れたことはラッキーであり隣の大男のおかげで中央通路の乗客のプレッシャーを受けずに済んだことがラッキーだったようだ。

 まあ今回、この機場6線を遊び心で乗ってみたが、今後はできるだけ避けようと思うほどの混み具合だった。

 24時間空港として恐らく深夜便が増えているはずの上海浦東空港だが、市内への足は実は成田空港などに比べかなり貧弱であることは否めない。
 昼間でさえリニア1本と地下鉄1本、バス8路線では少なすぎる気がする。

 ましてや他の手段が次々に無くなる夜間は、タクシーに比べ大幅に安いリムジンバス(バス24元VSタクシーは200元弱)に集中するのは当然のことのように思えるのだが、その割には30分に1本しか運行されない状態というのはどうもバランスが悪い。

 深夜時間帯の飛行機の便数の計算などはちゃんと考慮されていないのではないかと疑いたくなる。

 深夜にゆったりと飛行機で帰ってきても地上の足がこれでは、どうも国際空港としての名折れのような気がする。

 ところで機場6線は中山公園行きと書いたが正確には、安化路X定西路に到着し、地下鉄の中山公園駅とはちょっと離れたところに到着し、駅のそばには停車しない。

 それほど大した距離ではないが地理感覚が分かる人ならいいが、分からないひとは事前に確認してから使ったほうが良いであろう。

上海の薬局は24時間営業?

 上海の街のにはいたるところに薬局があるが、看板をよく見ると24時間服務と書いてある店がある。

 それも数店ではなく、かなりの割合で24時間を掲げている。
 コンビニじゃあるまいし、薬局が24時間営業なのか?とちょっと不思議に思った。

 日本のマツモトキヨシでさえ24時間の店はほとんどなく、昔地元にコンビニに薬局を併設した店はあったが、かなりレアな存在であり、滅多に見かけることはなかった。

 それが上海ではあちこちにこの24時間服務の看板を見かける。

24時間営業の上海の薬局の看板

24時間営業の上海の薬局の看板

 しかし、今回撮った写真は22時半頃に撮影したものであるが、薬局の店内の照明は付いているが、外側の鉄格子というかシャッターは閉まっている。

 中を覗くと薬剤師らしき人がいろいろ店の中を整理していた。

上海の薬局

上海の薬局

 シャッターのすぐ内側には休憩用の椅子が準備してあり、どうやら薬剤師か警備の人が休む場所のようだ。

 どうやらこの24時間服務という意味は24時間ずーっと戸口を開けて営業しているという意味ではないらしい。

 24時間薬を売る体制を整えてはいるが、夜間は緊急時に限っての対応するというようなスタンスのようである。

 もっともそのスタンスはピンきりらしく、本当に24時間営業している店もあれば、今回のお店のように来客に備えてはいるが営業はしないお店、さらには朝晩の営業時間が長いだけで夜中の来客にはほとんど対応する気がないお店もあるようだ。

 まあ夜中にわざわざ薬を買う人も少ないと思うが、病気はいつ突然襲ってくるかわからないのでとりあえずいつでも薬を買えるというのは非常に有りがたい事ではある。

 中国ではまだまだ医師の量が不足しているようで、日本のように街の中に小さな開業医の病院を見つけることはほとんど無く、病院といえば大病院の診療が主である。

 故に一般の中国人にとって病院の診療にかかることは費用の面でも機会の面でも決して簡単なことではないようで、薬だけで済まそうとする場合が少なくない。
 こういった人々にとっては薬局が病気治療の一番身近な窓口であることは間違いなく、薬局が24時間服務を行うことはある意味社会の要求による必然の結果とも言える。

 まあ上海の日本人の場合、多くの人が保険に加入しているので、夜中の病気でもたいていの場合は大きな緊急病院に行くことになり、これらの薬局に夜中に行くことは滅多にないと思うが、まあ覚えておいて損はないような気がする。