どうやら茨城空港から中国国際航空が撤退したらしい。

 以前のブログで、中国国際航空(CA)が杭州―茨城線の路線を就航させ、驚きであるようなことを書いたが、どうやらあっという間に運航停止となってしまったらしいことを発見した。

茨城空港の公式サイトを見ると5/26から運航停止ということが正式に発表されている。

CA-IBARAKi

 永遠に廃止となったのか、一時的に休止なのかは分からないが、とりあえず客足が無くなったということで運航停止となったのだろう。

 まあ考えてみれば3月に就航して5月下旬に運航停止というのは、花見観光客や5月連休のお客をあてこんだ季節便的な意味合いが強いと察せられ、今回その役割をとりあえず終えたということにほかならない。

 今後、夏休みなどの多客期に復活するのかどうかは不明だが、6月は日本が梅雨に入り観光シーズンではない淡期になるため、少なくとも6月いっぱいの復活は無さそうである。

 そもそもこの中国国際航空は茨城空港に似合わない航空会社である上に、週末土日の2便というダイヤは使い勝手が悪く、繁忙期の臨時便以上の役割は担えないのだと察する。

 このようにキャパはあっても自衛隊の制約が大きく共産圏の航空会社を受け入れがたい空港というのは何とも皮肉である。

その代わりといっては何だが、7月に韓国のジンエアーによる済州島へのチャーター便ツアーと、ベトナム航空によるベトナム・ダナンへのチャーター便ツアーがそれぞれ一回ずつ実施されるらしい。

上海浦東空港のベトナム航空機

上海浦東空港のベトナム航空機

 恐らく今後の定期便就航に向けたお試し誘致の意味合いもあるだろうと察せられ、盛況なツアーとなることを期待するばかりである。

まあ爆買いなどの訪日中国人ツアーも一時のピークを過ぎたとも言われるが、まだまだ茨城空港には多くの商機があると思われ、外国の航空会社受け入れだけでなく、日系の航空会社と組んで世界の空と結んでほしいものである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com