Tag Archives: 殺人事件

ベトナム人少女殺害の現場は私の地元

 今朝、日本の我孫子市で起きたベトナム人少女殺人事件の容疑者が逮捕された。

 どうやら、少女が通っていた学校のPTA会長本人が容疑者ということで、非常に驚きの展開となっている。

 まあ、逮捕されたとは言えまだ本人は黙秘を続けているとのことで、容疑者を迂闊に断罪することは避けたいと思うが、少女が松戸市六実の児童であり、我孫子で死体遺棄されたこと自体は事実であり、このことに現在遠く上海に住みながらも驚きを隠せない。

 何故なら我孫子は私の地元であり、あの現場は実家から自転車で行けてしまうような場所であって、車なら10分もかからず行ける身近な場所だからである。
 さらに、少女が住んでいた六実についても実は私はよく知る場所なのである。

 昨年まで両親がその近くで働いていたこともあって、私や私の両親は常に我孫子と松戸を行き来きしており、例えば刑事ドラマの言うところの土地勘のある人間を洗い出せということであれば、私の家族は完全に該当してしまっていたのである。

 さらに言えば私の父親はその松戸の職場をリタイヤ後、あの現場のそばでアルバイトをしており、現地近くをよく行き来する状況となっていたため、あの現場もよく知っているはずなのである。

 従って、まあ私の父親のことなので流石にあのような所業をする人間とは思わないものの、運が悪ければ疑いを掛けられ冤罪で逮捕されるくらいのことは十分あるような条件は整っていたのである。
 もちろん人間に100%はありえ無いし、多くの犯罪者がそうであるように家族が想像だにしなかった人間の本性が突然現れるということはゼロではないので、この事件が報道されて以後、父親のことは信じているものの心の何処かにほんの僅かだけの準備はしていた。

 そして実際今回逮捕された人物はPTA会長ということで、誰もが「まさかあの人が」と思われる人だったのであり、直前まで普通に暮らしていた地域の隣人の一人だったわけである。
 しかも聞くところによると容疑者は私と同年代であり、これまで同じ時代を生き、もし私が今も地元に居れば逮捕の直前まであの容疑者も私と同じ視線が世間から当てられていた存在なのである。

 つまり訳の分からないまったく遠い国の人の話ではなく、私と等身大の人間があのような事件を起こしたらしく、今回容疑者として逮捕されたのであり、それゆえに衝撃は大きかったのである。

何が容疑者にあのようなことをさせたのかは分からないが、あのような普通の隣人が何かの拍子で一歩間違うとあのような犯罪者と化してしまうことがこの社会ではあり得ることを改めて知らされたこの事件である。

被害者の方のご冥福を深くお祈りいたします

吉祥寺は中国語スタートの場所だったのに

 吉祥寺の路上で通り魔殺人が発生し若い女性が亡くなる痛ましい事件が起きた。

 あまりオシャレとかファッションに縁の少ない私だが、私が中国語学習をスタートさせたのはあの吉祥寺の街だった。

 半年間、毎週一回吉祥寺の街に通い、某外国語学校で中国語の基礎を学んだ。

 ある事情があって職場から1時間も離れたかの学校に通っていた。

 今回事件が起きたあの場所は、私の通っていた語学学校のすぐそばであり、直線距離にしたら200メートル有るかないかの場所である。

 故にレッスンが始まる前にちょっと時間がある時はよくあの街を徘徊していて、今回の事件が起きた場所も何度も歩いた場所だった。

 YAHOOのニュース映像などを見ていても懐かしい風景が広がっており、それだけに今回起きた事件への衝撃は私自身としても大きい。

 今回の容疑者は無職の外国人の少年ということで、お金に困った上での犯行ということだが、何故命まで奪う必要があるのか?

 私の現在の出発点だった場所なだけに、今回のような事件が起きたことはとてもやるせない気持ちでいっぱいになる。

 故人の御冥福をお祈りします。


日中の殺人事件でわかった日本の警察の実力

昨日、上海駅のそばで殺人事件が起きた。
5人死亡5人負傷の被害がでているとのこと。

恐ろしい重大事件なので、先日起きた秋葉原の事件と比較され日中の治安がどうのこうのということを言われているが、この事件で驚くべきなのは警官が5人も殺されているということである。

亡くなった方を比較するのは申し訳ないが日本の事件で亡くなったのは非力な一般市民であり、今回なくなったのは治安を維持すべき警察官なのである。

 しかも銃ではなくナイフで!

 銃で殺されたならともかく、ナイフで5人も殺されたとなると何とも上海の警察の能力を疑いたくなる。

日本の警察の場合大抵は柔道や剣道などの武道を日頃から鍛錬し、さらに拳銃を携帯している。

拳銃を行使しなくてもナイフを持ったような危険人物を取り押さえる訓練を行っている。

秋葉原の事件で繰り返しテレビで流れたあの取り押さえシーンは、実は日本の警察の日頃の警察訓練のたまものなのである。

以前から日本の警察は、細かい不祥事はともかく、全体としては優秀だと思っていたが、今回の上海の事件を聞いてさらにその思いは強くなった。

 今回の事件、上海の事件の詳細な様子が分からないので一概に言うことはできないが、恐らく日本の警察で起きた事件なら100%無傷とまでは行かなくても、5人も殺されるような事態には至らなかったと思われる。

 実は上海の警察は丸腰(銃を持たない)なので、実力行使になった場合、非常に弱いと言われていたが、今回その悪い予測が当ってしまった形である。

 上海に暮らす我々にとって、万が一の場合はやはり現地の警察に頼らなければならない。
いろんな意味で銃を携帯してくれとは言いたくないが、ナイフを持った人物に5人も殺されてしまう警察では頼りない。
 五輪まであと一ヶ月、また不安の種が増えた気がする。