日本人営業社員の人件費相場が上昇

人材会社の方から聞いた話だが、現在営業職に限っての話だが賃金相場が上昇しているらしい。
ビザの関係で新卒の現地採用がほぼ事実上できなくなっているのと、日本の景気が以前より回復しているため人材が確保しづらくなっているという。
加えて中国のこの経済成長に伴い、中国国内への営業が必要となっているこの時期に各社が一斉に営業人材を欲しているため急激に相場が高騰しているらしい。
在中の日系企業の管理者はまだそのあたりの状況に気づかない人が多いらしいが、人を探し始めて初めて人材の供給不足に気づくという。

普通は人材会社の営業というのは営業社員が各日系企業を回って求人の御用聞きをするのがスタイルらしいが、今や企業の採用担当者が各人材会社を巡って人材探しのお願いをしている状態だという。完全な売り手市場である。
ただし、これは営業職に限っての話でその他の職種は今のところ相場が動いているということはないらしい。
しかし、別の職種の人材が営業職に流れればやはり相対的に人材不足が発生する可能性もあり、やはり賃金相場が上昇する可能性は捨てきれない。

この話を聞いて自分の懐にもよい影響が出て欲しいと祈るばかりである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com