Tag Archives: 合理化

政治資金や政務調査費はマイナンバーカードで管理すればいい。

 日本の報道で某与党大臣の大量白紙領収書が問題であるとして盛んに報道されている。

 さらに、時を同じくして富山県などの地方議会で政務調査費の目的外使用などが問題となって、市議会議員や県議会議員が大量辞職する事態が発生する状況となっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあいずれも議員さんたちのお金に関するルーズさというよりも、意図的な手抜きやごまかしの臭いがプンプンするのだが、一向に改まる様子がない。

 そもそも日本では領収書という制度が性善説に基づいて運用されており、不正をしようと思えば幾らでもできてしまうような非常に穴だらけの制度なのである。

 それゆえ受け取った側が金額や日付を記入できてしまうというとんでもない運用がまかり通ってしまう。

 この点、中国の方が制度的には厳しく、領収書発行は政府認定の領収書(発票)発行マシンで印刷しなければならないようになっており、その発行データは税務局に定期的に報告しなければならないことになっている。

 さらに、法人の銀行口座に入った費用は自動的法人収入とみなされることになり、つまり課税対象となってしまう。
 それゆえに、発票を発行してもらう時点でお金の取引が、払い手受け取り手双方に記録されるので通常のやり方ではごまかしが利かないのである。
 ただしここは中国であり、「上に政策あれば下に対策あり」の言葉にあるように、あの手この手で税金対策を立てて極力税金を払わず済むように庶民は工夫しているようであり、必ずしも完璧にお金の流れが把握できているわけではなく、見た目ほど完璧に機能しているわけではないが、少なくとも日本より厳しく管理されているのは確かである。
 
 さて話を日本の政治資金の問題に戻すが、政治家にああいった不正なお金のやり取りをさせないために、政治団体や政治家個人に向けてマイナンバーを活用した専用のクレジットカードを発行してはいかがだろうかと考えてみた。

 いつだったか現総務大臣の高市早苗さんがマイナンバーカードを使用して、買い物ができるようにしてポイントカード化したらどうかと提案していたが、まさにそれを現実化するために、まずは政治家自ら襟を正し、政治資金の支払いで実験するのである。

 つまり政治資金や政務調査費の支払いは原則このカードを通して行うようにすれば、内容が完璧に把握できるし、とりまとめも簡単なので、非常に合理的となる。

 当然のことながら領収証をいちいちやり取りする必要など全くないので、白紙領収書の大量発行などという事態もなくなる。

 また政治献金もカード会社を通して支払ってもらえばよく、寄付による控除枠申請の証明書類もカード会社に一任すればよい。
 まあ完全な民間企業での運営に問題があれば、財務省管轄の政治資金管理カード団体などでも設立し、運営コストは行政機関で面倒をみてもいいという気がする。
 いずれにしても、税金を把握するという目的のもとに準備されたマイナンバー制度、まずは政治家自らが政治家としてのお金の使い道を透明化するために、政治資金の支出はマイナンバーカードを活用してみてはかがだろうかと思う。

IPADで医師も教師も削減?

 昨年だったが、中国のどこかの大学の講師が「iPadの無い生徒は授業を受けるな」的な発言をして論議を巻き起こしていたニュースがあったのを思い出した。

 この講師は、教育に便利なiPadを理解できない、持たない人はアホだと言わんばかりの態度だったようだが、どうもアップルに妄信している人は技術の進歩と己の立場の関係がよく分かっていないことに驚く。

 もしこの講師の言うとおり、iPadが教育に力を発揮することが事実であれば、危うくなるのは生徒より講師の身分であるからである。

 つまりiPadの中に優秀な教育ソフトを入れてしまえば、講師がわざわざ講義を行わなくても生徒はどんどん授業を進めることが出来るようになる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 よって人件費のかかる講師を呼ばず、iPadを持たせ教育ソフトで授業を行なえば、少なくとも座学で学ぶ部分はほとんど完結してしまうことになる。

 故に授業は実験が必要なような場合の助手がいればよい程度になってしまい、講師という身分はほとんどいらなくなる。

 つまり講師が褒めたiPadの普及がその講師自身を将来追い出すことになるのが現実の世の中なのである。

 そういった現実も予測できず平気で「iPadの無い生徒は授業を受けるな」的な発言をしてiPadの普及を促そうとする講師はやはりどうもアホに見える。

 また先日病院にかかったとき、医師の操作する画面を見ていたら病状に合わせて薬が選択できるような画面になっており、医師の判断ミスが極力排除されるような仕組みになっていた。

 どうやら最近は医療の現場でもこういうIT化が進んでいるらしく医師も判断ミスが軽減し楽になっているようだ。

 しかしつきつめて言えば、こういった医療のIT化もやはり医師削減へと進んでいることになる。

 つまり、患者がiPadのようなタブレット端末を使って、問診票の時点から記入し、疑われる病気や症状を確認する画面に次々進むことができれば、医師の問診や判断は半分以上は不要になる。

 そして電子問診の結果、自動的に必要な検査項目が表示され、それに従って血液検査など各種検査を受け、その結果を投入し最終的に可能性のある病名を判断することが可能なシステムは技術的には難しくないはずで、それを実施するか否かという段階には恐らく来ているはずである。

 これにより医師の人間的判断が介在する余地は非常に小さくなり、そういったシステムの構築が進めば恐らく今後は高度な医療判断や治療が必要な面にだけ人材がいればよいことになる。

 結果、大幅な医師削減や人件費軽減が進み、どうしても人手が必要なケアの部分に病院の重点は移ることになる可能性がある。
 つまりiPadなどIT化の普及が医師を減らすことにも役立つことになるのである。

 よって、こういった医療の急速なIT化は現場にとっては諸刃の刃になるため、普通に考えれば既得権益者の医師が色んな理由をつけて反対するだろう。

 まあ人として至極もっとな反応だが、やはりそれを理解せずして医師自ら安易に医療のIT化などと声高らかに叫ぶアホも時々いる。
 病院経営者ならともかく、一介の医師がそれを言うのはちょっと不思議な光景だ。

 これらの講師も医師もどちらもよほどアップルに妄信しているアホか生き残る自信がある人だが、まあ将来が見えている上での自信とも見えず単に無知で身を滅ぼす方向へ進んでいるように見える。

 世の中の技術の進歩はもちろん止められないが、他人が作った価値に舞いあがっていると自分の足元をすくわれるのが今の社会である。

フルオート事業システム幻想

事業や経営を行う人なら恐らく誰でも持ったことがあるのだろうと思われるのがフルオート事業システム幻想。

 つまり、いったんシステムを作り上げてしまえばほとんど手をかけず、システムが自動的に利益を稼ぎ出してくれる事業形態のことである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ、確かにそんなシステムを築き上げられれば後は非常に楽で手間もかからず、経営者的には理想の形態である。

 経営者達がこれを理想と考える裏側には、「人を雇うということはコストも手間もかかるし、うまくいかないリスクも抱え込むことになる」などのそういった人に対する煩わしさから、「機械の正確性のほうが信用性が高い」というところに意識があるのだと思う。

 故に人の手を極力省いたシステム、究極的には事業そのものをフルオートメーション化したシステムを構築できれば、あとは全て利益になるのではないかと理想を抱く。

 しかし、そういった理想は結局幻想でしかないというのが人間の世の中だというのが私の考え方だ。

 まず第一の理由として、そのシステムが儲かるのなら必ず同じものを作ったり、それ以上のものを作る人が現れ、結局は人の手を入れなければ競争に負けてしまうこと。

 つまり余ほど真似のできないようなオリジナルの技術があったり、特許で保護されているものがあれば別だが、そうでなければシステムは作った瞬間から常に競争にさらされることになる。

 第二に人が働く部分をどんどん機械に置き換えていったところで利益をもたらしてくれる相手は機械ではなく、それは結局人間にほかならず、その人間の社会というものが常に不安定なものであるが故に、永遠に同じ動作で動くものは人間に飽きられてしまう可能性があるということ。

 結局は人が事業で儲けるためには、常に人が働きそこに日々常に新しい価値を注入し続けることが必要で、そうでなければ実は進化が止まることになり、世の中が絶え間なく進化している分だけこちらが歩みを止めた時点から相対的に退化していく存在になってしまうのが人の社会というものである。

 であるが故に、人がプログラミングした範囲でしか動作しないシステムだけを、いくら高度に積み上げていったところで永遠に利益に稼ぎ出してくれるシステムにはありえないのである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 

もちろん、ならば永遠に価値を生み出してくれるようなシステムなどという幻想もまた生まれなくないが、新しい価値とは既存の物事を推し量るパラメーターでは計れないところに出現するから新しい価値なのであり、それを永遠に追いかけることはその時代の社会に生きる人間だけが成しえる業であり、たとえ3年でも5年でも過去になってしまったものの中からは生み出しえないものだと思う。

 そう考えていくと、やはり人がいるから価値が生まれ、事業というものが回るのであり、表題に掲げたフルオート事業システムなどは絵に描いた餅に過ぎず、やはり幻想なのだと思う。