Tag Archives: ストックビジネス

タクシー車内でのショッピングビジネス?

 先日、上海のタクシーに乗り後部座席の目の前にある液晶パネルを見ていたら、ちょっと不思議なメニューを見つけた。

 「出租車移動購物新体験

 なんと、タクシー車内でショッピングを開始したということのようだ。

タクシーの画面

タクシーの画面

 これまで、この液晶パネルでは色んな種類の広告が流されてきたが、これはそれでは飽きたらず実際の販売まで直接やってしまおうという試みらしい。

 つまりこの助手席後ろのタッチパネルを使って乗客に直接物を買ってもらうということらしく、画面には買い物の流れなどが示されていた。

手続きの説明画面

手続きの説明画面

 確かにタクシーの客層はバスの客層よりはやや裕福であり、そういった意味で市場マーケットがセグメント化はされているのだが、果たしてタクシーの中で物を買おうとする人などがいるのかはちょっと疑わしいという気がした。

 とはいえどんなものが買えるのかを確認してみたくなり、画面操作をしようとしたが、このタッチパネルはどうも反応が悪く、なかなか画面が進んでくれない。

 何やらアンケートに答える必要があるらしく、回答しようとしたのだが、やはり画面の反応が悪く、回答し終らないうちにタクシーが目的地に着いてしまった。

 仕方なくこの時は、画面だけ撮影してその時は諦めることにした。

 で、家に帰って画面上に示されていたURLに接続してみると「即点購」
(www.idiangou.om)というショッピングサイトに繋がったのである。

 画面上に並べられている商品を見ると、イベントのチケット、アクセサリー、贈答用高級フルーツなどが表示され、どうやらこれをタクシーでも販売しようという試みらしい。

 察するにこのサイト上で会員登録を行なっておけば、タクシー乗車時にいつでもショッピングが可能だという趣旨のビジネスモデルのようだ。

 ただ、このWEBサイト自体はまだ未完成のようで、買い物の流れなどを示す案内などはまだページが出来上がっておらず、支払方法も支付宝や銀行振り込みの案内は書かれていたが、タオバオなどのショッピングサイトに比べるとまだ未成熟なのは否めないという気がした。

 つまり、このビジネス自体が駆け出しで、発展はこれからということらしい。

 確かにタクシーの乗車時間というのは暇ではあり客層も比較的悪くないので、ビジネスの狙い目としては悪くないと思うのだが、タクシーの乗車時間は意外と短いので今回のように画面の反応が悪いと時間が足りずあっという間に目的地までついてしまうので、販売まで結びつけられないような気がする。

 もし仮に画面の反応が良いとしても、やはり時間が十分かという疑問はつきまとい、さらに中国のタクシーのように激しく揺れる車内ではじっくりと買い物など出来ないという気がするのである。

 思うに、どうしてもタクシー内で販売に結び付けたいなら、画面上で商品情報をSMSで携帯に送れるようにして、買い物手続きは各自のスマホ上でやってもらったほうが懸命のようにも思える。
 つまりタクシーの乗車時間では広告したものの情報をお客の手の内に残せるようにするだけで精一杯で、車内での販売は諦めたほうがよく、それで十分だという気がするのである。

 いずれにしてもこのタクシー車内の販売ビジネスは始まったばかりのようで今後どう変化するのか推移を見守ってみたい。

原文

過去の怠慢の後始末

 ここしばらく過去の怠慢の後始末作業に忙殺されていた。

 まあ以前いた人はうちは凄いんだのようなことを言っていた気がするが、確かに過去に大量の実績を見つけるも、その実績がほとんど現在に繋がっておらずある転換期を境にして断絶している状態だというのが私の現在の感想である。

 本来はその転換期に相当の移行作業をやらなければいけなかったのに、対処療法でやり過ごし、手を抜いてあったような印象がある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 これが一つの失敗。

 さらに、どうも好みで仕事をチョイスしていた形跡があり、本来当たり前のようにカバーされるべき領域がずっぽり抜け落ちている。

 ライバルが当たり前のようにカバーしている領域を、まあ勝負の勝ち負けはともかく、踏み込んでもいなかった印象である。

 10年前からなにも進歩していないような印象で、中国のこの大事な10年の中で何をみて何を学んでいたのだろうかという感想が残る。

  そして多くの作業が中途半端だった。

 勢い込んで新しい仕事を始めても、飽きっぽいのか息が続かないのか、途中で放置された仕事のかけらを沢山見つけた。

 それゆえに過去の仕事の実績が今にほとんど繋がっておらずポロポロと抜け落ちているのである。

 そんな過去の怠慢を埋めるべく最近かなりの時間忙殺されていた。

 自慢していたあの人たちはいったい10年間何をしていたのだろうか?
と、この怠慢の山の内をみて愕然している最近だった。
 
 まあその代わり苦労したお蔭で、不器用ながらも取りあえず一つの方法を見つけた気がしている。

フルオート事業システム幻想

事業や経営を行う人なら恐らく誰でも持ったことがあるのだろうと思われるのがフルオート事業システム幻想。

 つまり、いったんシステムを作り上げてしまえばほとんど手をかけず、システムが自動的に利益を稼ぎ出してくれる事業形態のことである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ、確かにそんなシステムを築き上げられれば後は非常に楽で手間もかからず、経営者的には理想の形態である。

 経営者達がこれを理想と考える裏側には、「人を雇うということはコストも手間もかかるし、うまくいかないリスクも抱え込むことになる」などのそういった人に対する煩わしさから、「機械の正確性のほうが信用性が高い」というところに意識があるのだと思う。

 故に人の手を極力省いたシステム、究極的には事業そのものをフルオートメーション化したシステムを構築できれば、あとは全て利益になるのではないかと理想を抱く。

 しかし、そういった理想は結局幻想でしかないというのが人間の世の中だというのが私の考え方だ。

 まず第一の理由として、そのシステムが儲かるのなら必ず同じものを作ったり、それ以上のものを作る人が現れ、結局は人の手を入れなければ競争に負けてしまうこと。

 つまり余ほど真似のできないようなオリジナルの技術があったり、特許で保護されているものがあれば別だが、そうでなければシステムは作った瞬間から常に競争にさらされることになる。

 第二に人が働く部分をどんどん機械に置き換えていったところで利益をもたらしてくれる相手は機械ではなく、それは結局人間にほかならず、その人間の社会というものが常に不安定なものであるが故に、永遠に同じ動作で動くものは人間に飽きられてしまう可能性があるということ。

 結局は人が事業で儲けるためには、常に人が働きそこに日々常に新しい価値を注入し続けることが必要で、そうでなければ実は進化が止まることになり、世の中が絶え間なく進化している分だけこちらが歩みを止めた時点から相対的に退化していく存在になってしまうのが人の社会というものである。

 であるが故に、人がプログラミングした範囲でしか動作しないシステムだけを、いくら高度に積み上げていったところで永遠に利益に稼ぎ出してくれるシステムにはありえないのである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 

もちろん、ならば永遠に価値を生み出してくれるようなシステムなどという幻想もまた生まれなくないが、新しい価値とは既存の物事を推し量るパラメーターでは計れないところに出現するから新しい価値なのであり、それを永遠に追いかけることはその時代の社会に生きる人間だけが成しえる業であり、たとえ3年でも5年でも過去になってしまったものの中からは生み出しえないものだと思う。

 そう考えていくと、やはり人がいるから価値が生まれ、事業というものが回るのであり、表題に掲げたフルオート事業システムなどは絵に描いた餅に過ぎず、やはり幻想なのだと思う。

IT化を支える奴隷的作業

中国でも最近新聞でITという言葉が踊るようになったが、記事を読んでいるとどうもITの本質を理解していない記者が多いことに気づかされる。
 IT、つまりインフォーメーションテクノロジーというのは、情報を電子化することにより、情報を多くの人間で共有化し、必要なときに必要な情報をよりきめ細かな形でいつでも引き出せる、そういった意味で素晴らしい技術だ、、、と多くの人は理解している。

 まあこの意味では、ITへの理解は確かに間違っていない。

 しかし、そういったITのよい面だけを夢のように語る人間は、ITを支える仕組みを到底理解しているとは言い難いと感じる。

 ITは、情報を引き出す部分だけをみれば確かにスマートに見えるが、当たり前のことだがITというのは魔法でもなんでもなく、単なる情報整理の技術でしかないので基本的にはインプットしたものしかアウトプットできない。

 もちろん情報さえあればそれをいろんな角度の切り口で切り出すことは可能だが、とにかく電子化された情報がなければ情報を整理して、エンドユーザーがアウトプットを引き出すことができないのである。

 つまり電子化された情報を引き出すには、情報を電子化する作業が必要になり、よりきめ細かな情報を提供するには、よりきめ細かな情報のインプットが必要になる。

 その情報に要求される「きめ」が細かくなればなるほど情報量は膨大になり、それをインプットするための膨大な作業が必要になる。

 しかもルールを守ったデータ投入が行われなければ、正しい情報も出てこない。 

 故に実はそのスマートさを生み出すためには舞台裏でものすごい努力が必要になるのである。

膨大な資料

画像はイメージ

 例えばこれらを人力でこなすためにはそれこそ奴隷的ともいえる情報処理投入作業が必要になる場合もある。

 業務をIT化すれば業務が楽になると考える人もいるようだが、実はそれは大いなる勘違いであり、むしろ業務量は増える場合が多いと考えて間違いない。

 つまりITという技術は、その技術を生かすためのより多くの情報を必要とするため、それを収集投入するためのコストが必要となる。

 逆に少ない情報に対してIT化コストをかけても意味が無く、大量の情報があるからこそIT化が必要になるともいえるので非常に厄介である。

 故にITをビジネスとして導入しようとした場合は、技術構築の部分のみならず、情報投入の部分に膨大なコストや手間がかかることを忘れてはならないのである。

 そこを忘れてシステムを導入するだけで、IT化が進むと考える人がいかに多いことか?

 さらにiPhoneのようなエンドユーザー端末、つまり情報を引き出す側の技術を手にしただけで、ITが分かったように語る人の姿は非常に滑稽だ。

 まあ技術の進歩そのものは私も否定するものではないが、あまりにも「IT」という言葉に踊らされて魔法のように感じている人が世の中に多いということに危惧せざるを得ない。
 何事も同様だが、スポーツ選手や映画俳優など、素晴らしい結果を見せる人の裏には、そこに辿り着くために他人以上の努力の時間の存在があり、IT技術もその例外ではないのである。

継続力

ブログを暫く休んでしまった。

まあブログを書くことは仕事ではないので、仕事に追われるとどうにもブログを書く余裕すらなくなる。

世の中には忙しい忙しいとブログに書く人がいるが、その人はまだブログを書く余裕があるのだなぁと私の目には映ってしまう。

仕事でブログを書く人以外は本当に忙しければそんな余裕もないはずだ。

たまに仕事が滞っていてそれをほったらかしているにも関わらず、ブログ更新に熱心な人もいる。

隠れてサボるならまだしも、サボっていることを世界に向かって宣伝してどうするんだという気がする。

初心忘るべからずの暖簾?

実はここのところ他人がほったらかしていた仕事の後始末というか、再整理に追われていた。

仕事は継続してこそ意味があるのに、最初にやったきりの中途半端な状態になっていた。

それをようやくこの週末を使って何とか整理して、形にした。

ブログはブログでしかないので継続しても、せいぜいアフリエイトの足しにしかならないが、仕事は常に継続すればこそ力になる。

ブログと仕事、それは趣味と仕事と言い換えてもいい。

継続力が必要なのはどちらか一目瞭然だが、それすら分かってない人もいる。