Tag Archives: 渋滞

上海71路バスは使い勝手が悪い?

 先月の初めに上海の中心部を貫くように開通した71路だが、開通した当初は色々チェックする意味も有って何度か乗ったが、最近ではほとんど乗らなくなってしまった。

 理由は色々有るが、一口で言うと使い勝手があまり良くないのである。

 通勤ルートからも外れるというのがまず最大の要因だが、その他にもやはりバス故にスピードが遅く、更に慢性的に混雑しているという印象になってしまっている。

71路乗り場

71路乗り場

 まあ通勤ルートから外れると言っても10号線をよく利用する私にとっては、並行するルートでもあり、使い勝手さえ良ければもう少し選択肢に入れたいのだが、どうもそうはならない。

 スピードに関しては確かに専用レーンを突っ走るので渋滞知らずな面はあるが、高架ではなく地上ルートのため思ったより信号に捉まるし、停留所も多いので便利な反面乗り降りにそれなりに時間がかかり、それほど快適すいすい進むという印象にはなってはいない。

 また専用レーンといえども、交差する道路から左折してきた車が前が詰まっているため車の後尾が残ってレーンを塞いでしまうようなこともあり、完全に排他なレーン状況となっていない部分もある。

 そして混雑と本数については非常に相関関係が高いのだが、本数が思ったほど多くないため、車内が非常に混雑しているし、それゆえに今度は乗り降りに時間がかかる結果となり、更に運行速度を遅くしている。

 故に、恐らく全線の走行時間も当初は60分という触れ込みだったが、現状はプラス20分くらいかかっているというが私の推測である。
  
 そんなことから、どうもこの71路バスの利用は敬遠気味になっている。
 
 まあ上海市がせっかく頑張って作ったので、100%否定する気はないが、やはり改善すべき点が多々あるように思う印象である。

 まず一番簡単な改善方策としては本数の増加である。

 現段階では運転間隔が疎になっているため、時々車両が走る以外は、朝のラッシュ時に利用されていないレーンの空間が延々と延びている状況となっている。

71路専用レーン

71路専用レーン

 隣のレーンで渋滞に苦しんでいる一般車両や公共バスに申し訳なく感じるレベルであり、専用レーンとして占有するのであれば、もっと運行頻度を上げて、積極的に使用するべきだと思うのである。
さすれば混雑率も低下し、乗り降りも楽になりスピードアップも実現するのではないかという気がする。

 また、可能であれば車両構造も見直した方が良いように思われる。
 71路のバス車両は連接車であっても乗降口が3箇所しかなく、後部座席側が袋小路状になっている上に、無理して両側に2+2のシートを詰め込んだため通路が細く、乗り降りがスムーズにならないのである。

71路バスの車内

71路バスの車内

その動きにくさは、このバスの設計者はこのバスに乗ったことがないのではと思われるレベルである。
 
更に言えば健常者はこの車両でも何とかなるかもしれないが、車椅子の利用などはほとんど物理的に不可能で、バリアフリーが考慮されていない構造となっている。

71路バスの狭い通路

71路バスの狭い通路

 こういった点を考えると、新たに設置した路線の割には、細かい点に目が行き届いておらず、随分とお粗末な車両なのである。

 ただ、知り合いが言っていたが、あの車両は左側に乗降口があるために、上海市内の他のバス路線に転用出来ない特殊な車両とのこと。

 つまり使い回しが効かず、購入してしまったからにはこの路線で使い潰すまで使い続けるしかないということのようである。

色々と残念な点が目についてしまっている71路だが、いち早い改善を望みたい。

タクシーより早く着く?上海の公共バス専用レーンは意外と強力

 上海で公共バスと言えば、遅い交通機関の代名詞のような存在だったが昨年あたりから異変が起きている。
 朝晩のラッシュ時はタクシーよりバスで移動したほうが早く到着するケースが増えてきているのだ。

 どういうことかというと、上海市内の主要幹線道路において公共バス専用レーンの設置が増えているからである。
 報道によると上海市では2015年末までにこういった公共バス専用レーンを市街地の主要幹線道路に32区間総延長300キロ設置したとのことで、既に市街地は概ね網羅したとのこと。

 実際上海市内を移動してみても片側三車線以上ある道路には概ね専用レーンが設置されたという印象になっている。

上海の公共バス専用レーンの標識

上海の公共バス専用レーンの標識

 この公共バス専用レーン、午前は7時から10時まで、午後は16時から19時までのそれぞれ3時間ずつ設定されており、沿道を出入りする車両と右折車両(中国は右側通行)以外は通行が禁止されており、誤って侵入した場合は罰則を受けるようだ。

 しかも実は渋滞の激しい平日だけではなく、週末を含め1年365日このルールが適用されるとのこと。

 この結果、朝晩のラッシュ時には渋滞を横目にすいすいと走り抜ける公共バスの姿がよくみられるようになったのである。
 タクシーも一般車両同様にこの公共バスレーンを走れないため、かつて公共バスより早く移動できるはずだったタクシーが追い抜かれる現象が起きている。

専用レーンを走る公共バス

専用レーンを走る公共バス

 もちろん朝晩ラッシュ時のバス内は相当混んではいる。

 しかし、タクシーより早く目的地に着く可能性が高いため、私も時間を急ぐ場合はバスを選択するケースが増えてきた。
 (まあ右折車両や沿道を出入りする車も少なくないため、度々走行が阻害されるケースもあるが、それでも渋滞に並ぶよりは速い印象)

 ただ、この状況には一般ドライバーから不満の声も出ており、不平等であるような意見のほかに、あまりバスが走らない区間にも専用レーンが設置され渋滞に拍車をかけているとされる。
 しかも迂闊に専用レーンに入ってしまうと、元のレーンに戻るのも容易ではない上に、罰則のプレッシャーもあるため、朝晩は常に緊張感のある運転が求められるようだ。

 しかしまあ上海のドライバー達には申し訳ないが、個人的な立場から言えば、上海で運転しない私にとっては公共バスの定時性は大変ありがたい話であり、車上の混雑さえ我慢出来ればタクシー費用も節約できて一石二鳥なのである。

 もとより、環境対策としてもマイカー通勤を止めてバスや地下鉄に切り替えることは大きな効果があるとされているわけで、PM2.5などの大気汚染に悩む上海市にとってはこの専用レーンの設置は一つ重要な施策であろうに察せられる。

 私としてもこの専用レーンの設置を含め、上海の交通網の更なる公共集約化によって上海の大気環境が1日も早く改善されることを是非期待したいのである。

上海の道路の中央分離柵

中央分離柵で渋滞が緩和しつつある上海

 最近、上海市内で中央分離帯や分離柵を設置している幹線道路が増えてきている。
 まあ、日本人にとってはごく当たり前の風景といえば当たり前の風景だが、ちょっと以前までは、上海でも当たり前の風景ではなかったのが、この中央の分離柵である。
  何故この分離柵が最近設置されたのかといえば、朝晩のラッシュ時にセンターラインを越えて、対向車線を走る車やバス(!)が絶えなかったからであり、非常に危ない状態だった。
 或いは対向車線をすり抜けた車両が再び交差点手前で合流するために、混雑に拍車がかかるような状況が上海市内の各地にみられたのである。
 そして恐らくその状況を改善しようと設置されたのが、この中央分離柵となっている。

上海の道路の中央分離柵

上海の道路の中央分離柵

 この中央分離柵設置後は当たり前の話だが、対向車線にはみ出す車もなくなり、車の通行が比較的安全になった。
 と同時に、流れが整流されたおかげで車の渋滞状況も幾分か緩和された印象となっている。
 具体的な計測データなどはないのだが、分離柵が設置された箇所の朝の通過時間は以前より短縮された印象で、それほどイライラすることなくスムーズに通過できるようになった。
 割り込みや無理な車線変更によるタイムロスがだいぶ減って、全体の通過台数が増えたのであろう。
 要するに、これまでの上海の混雑というのは車両の多さにも問題があったというより、運転マナーの低さに起因するものが多かったということになるのではないか?
 朝晩の通勤車両が多くなるのは仕方ないにしろ、運転マナーがよくなり流れが整えられれば渋滞も減るといういい見本のようなこの状況である。
 実は同じことは道路だけでなく、地下鉄の乗り降りや階段の上り下りにも言えるわけであり、車両には降りる人を待ってから乗るとか、ホームの階段も反対側の人の流れとぶつからないように上り下りすれば、スムーズに人が流れるのである。
 こういったことにようやく上海の行政当局や交通管理者が気付き始めたのか、少しずつ流れを整理しようとしている兆しはあちこちに見える。
 しかしながら、まだ不徹底なところもたくさんあり、人民広場駅の朝の人の流れなどはもう少し制限してもよいのではないかという気もしており、そういった変化を観察しつつ日々上海の街の中を動く毎日である。
 

道路を直したら渋滞解消

会社のビルの前の道路が舗装工事をようやく終えた。
工事前は凸凹で、バスに乗ると遊園地の遊戯施設か、ロディオかというぐらいに激しく揺れていたのだがその揺れの乗り心地の悪さは解消された。と同時に渋滞すら解消された。工事前は、夕方なんかは300mくらいを進むのに20分近くかかるような激しい渋滞のあった場所だったのに、夕方でもほとんど渋滞と呼べるようなものは少なくなった。これはちょっと驚きである。

 路面が悪ければ、当然バスやタクシーの走行速度は遅くなり、ブレーキを掛ける回数も多く渋滞を招いていたようだが今回の工事でほとんど渋滞は解消された。
なんだ、こんな簡単なことだったのかと思うほど、中国の道路の路面状況は悪く、渋滞を招く原因となっているようである。

 今回会社の前の道路はかなりきれいになったが、それでも日本の道路ほどではない。舗装の継ぎ目やマンホールの処理など若干の凸凹は残っている。高速走行をするには危険なレベルだ。それでもここまで改善されたことは評価したい。

上海全体の道路状態がよくなればもっと渋滞も解消されるだろうにと思うが、残念ながら一歩はいるとまだまだ凸凹道が残っている。