中国語が日本語に聞こえる??

 最近、時々奇妙な体験をしている。
 街ですれ違った人の中国語が日本語のように感じてしまう時があるのである。

 「あれ、日本語を話してる?」と思って耳を澄ますと、実は中国語だったというようなことが増えてきた。
 決して、若い中国人に時々見られる日本語混じりの中国語ということではない。

 中国人の中にはドラマやアニメの影響で。「うそー」とか単語単位で感嘆符を真似るケースが時々あるのだが、今回聞こえた言葉はそういった類の言葉ではなく、日本語のように聞こえてしまったのである。

 しかも、そのように一瞬聞こえてしまったあとの会話を幾ら耳をそばだてて聞いてみても、もう日本語には聞こえてこなく、全てが中国語である。

 果たして何故そのように聞こえてしまったのだろう?

 先日このことをやはり、上海が長い日本人に話したところ、同じように感じる瞬間が時々あるとのこと。
 どうやら私だけの現象ではないようである。

 このことの理由を私なりに整理して片づけみた結論としては、日本人も中国人も、夫婦や友人間の会話の中身はほぼ変わらず、同じイントネーションで会話しているのではないかということ。

 つまり夫婦間の関係や、その感情の発露としての言葉は、日本と中国であまり変わらないため、些細な会話は同じようなイントネーションで話されているという推測である。
 例えば奥さんが旦那に「あなたこれちょっと持って」など話しかけるニュアンスは日中変わらないのではないかと思うのである。
 そのため路上で、ぽっと耳に入ってきた言葉をニュアンスだけでとらえてしまうと、日本語と中国語の区別なく耳に届き、脳がニュアンスから勝手に日本語と判断してしまったのではないか、そのように推測する。

 まあ、そもそも私の中国語の聴力もかなりいい加減であり、全ての語彙を正確にとらえられているわけではなく、ニュアンスから推測で補っている面もあり、そういった言葉のとらえ方の癖も影響しているのではないかという気がする。
 こんな調子でも中国語生活は何とかなってしまっているのであるが、やはり時々ミスや勘違いもある。
最近中国語の勉強もやってないので少し身を入れて再勉強が必要かなと考えている今日この頃である。





にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ ブログランキング
上海(海外生活・情報) ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!
ブログの惑星ランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA