Tag Archives: 上海語

春秋航空に茨城空港から初搭乗 その2(茨城空港内編)

前回のブログの終わりに、茨城空港の2階の食堂でそばを食べてからチェックインに向かったと書いたが、今回「その2」を書くにあたって、写真をチェックしてみると、どうも撮影時間から言えば、私は空港についてまず先にチェックインを済ましていたようである。
(数か月も経つと人間の記憶なんていい加減なものである><)

 で改めてチェックインの時の様子を記すと、茨城空港には春秋航空専用となっているカウンターが4つほどあるのだが、ロビーが非常に狭いため、くねくね折り返しの通路に行列を作って並らばさせられた。

 この「くねくね通路」は日本でもそれなりに見かけるが、中国ではかなり多くの施設の入り口に導入されており、行列のある所には「くねくね通路」ありといった感じで私にとっては中国名物といった印象になっている。

 今回の茨城空港でのくねくね行列も、日本の空港なのに春秋航空という中国キャリア故なのかなとちょっと面食らった光景に映ったのである。

 狭い空間に人が折り返し行列を重ねており、人がごちゃごちゃ溜まっている状態になっていて、日本語や中国語、さらには上海語が飛び交う随分と混沌とした雰囲気である。。

春秋航空のチェックインを待つ列

 またチェックインの窓口と荷物の委託荷物が別であり、実はチェックイン(搭乗券発行)後に、再び行列に並ぶ必要があり、チェックイン待ちの列と委託待ち荷物の列が交差し非常に錯綜した状況になっている。
 で、この委託手続き、預ける荷物だけ重量を計るのかと思いきや、まず委託荷物が計られ、さらに手荷物も載せて全体の重量オーバーが無いことを確認した上で計量パスとなる。

 徹底していると言えば徹底しているが、このタイミングで手荷物から中身を少し抜いて誰かに預けておけばスルーできそうだなぁという気もする。

今度は荷物を預けるための列

 さて、冒頭で訂正した通りこの後に食事をし、その際に航空機の到着を見かけたので搭乗手続きに向かうことになる。
 小さな空港なので安全検査も出国審査も通路は最小限しかなく、それでも人数が少ないのでほとんど詰まることなくスムーズに進む。

茨城空港荷物検査場の入り口

 直線距離で言えば30mも歩けばあっという間に搭乗待合室に到着するので、成田国際空港や上海浦東国際空港など大型空港に慣れた人間からするとちょっと拍子抜けするほど近い。

 待合室は学校の教室より小さいと思われるスペースで、目一杯にベンチが置かれているが、とても搭乗客全員分の数は足りず、立て待っている人も結構いる状況となっていた。

茨城空港の国際線搭乗待合室

茨城空港の国際線搭乗待合室

 この待合室の脇には「永山」という免税店があり、主に中国人たちがお土産に買って帰るためのスペースとなっており、訪日観光の記念になるお菓子から炊飯器などの家電まで、かなり多様なアイテムが所狭しと置かれている。
 やはり第一人気は北海道の石屋製菓の「白い恋人」のようで、他に比べ非常に大きなスペースを占めて置かれている。

茨城空港の免税店「永山」

茨城空港の免税店「永山」

 まあ「白い恋人」が一位を占めてしまうのは致し方ないものの、茨城県や茨城空港を応援する立場から言えばちょっと複雑な気分で、「もっと茨城産頑張れ」という気持ちになる。

 待合室の脇には、申し訳程度の電源設備があり、パソコンでもスマホでも充電できるようにはなっているが、これもまた最小限の設備だけ用意したという感じになっている。
 現時点では国際線の便数も多くないので需要も余り多くないのであろう。

気持ち程度の茨城空港の充電設備

 いよいよ搭乗時間が来て、歩いて航空機へ向かう。
 ご存知の通り茨城空港はボーディングブリッジを設置していないので、ターミナルから航空機まで30mほどを徒歩で移動する。
 天候の悪い日はちょっと辛いが、屋外を歩いて航空機へ向かうのはやはり心地よいものである。

茨城空港の搭乗通路

 中国ならこのタラップ搭乗は珍しくないのだが、そうはいってもバスで駐機場へ行くパターンは多いがターミナルから直接歩いて行くというのは小さな地方空港に行かないと体験できず、日本だとかなり貴重な体験ではないだろうか。
さあ、春秋航空初搭乗である。(続く)

上海人のムラ的なコミュニティ

 改めて語ることもないかもしれないが、今や中国はおろか世界の大都市となった上海であるが、この都市は中国の中でも特殊な存在となっている。

 上海は同じ中国でありながら、上海とそれ以外の場所では物事のルールというか習慣が異なる印象があり、状況を知らない日本人が上海上海人を中国全体や同じ中国人として一緒にして一括りに語ってしまうのはここに住む私からすると非常に違和感がある。

 実は大都市となった今でも、上海には上海人ムラともいうべき独特な地縁的コミュニテイ状況が存在するのである。

dsc01100

 まず上海人という括りだが、一応身分区分としての上海市戸籍という区分要素も存在するが、それよりも上海人を定義づける重要な要素は上海語という言葉というか方言が重要なキーワードとなっている。(もちろん身分区分の意味も大きい)

 中国国内で公用語として語られるのは普通語という北京語をベースにした言葉だが、上海には上海語というこの地域独特な言葉が存在する。

 私も詳しく上海語を理解しているわけではないので迂闊な説明は出来ないが、文法などは基本的に北京語などと共通のようで、文字も原則同じ漢字を使っているようだが、発音が全く別言語と言っていいほど違い、上海語独特の言葉も沢山存在する。

 故に上海人同士の上海語の会話は、上海以外の中国人が聞いてもまず理解できないというのが普通である。

 もちろん上海とて公用語は普通語(北京語)であり、上海人たちはそれらを理解し普通に話すことはできるが、彼らが生活の中で使う言葉は上海語であり、この上海語を理解するかどうかで彼らは相手を上海の人間かそれ以外の人間かを見分ける。

 見分けるだけならいいが、それによって区別するというか差別をする面もある。

 つまり上海の人間なら信用するが、上海以外の人間に対しては疑ってかかるというか、まず即座には信用してくれない。

 特にお金の絡む話になると、よそ者だと万が一の際に逃げられてしまう可能性があるため、上海に生活を根ざした人間かそうでないかは信用の面で大きな区別を受けることになるのである。

 それ以外でも職場などでは上海人同士で悪口の会話が良く行われ、日本人や外地人(上海以外の中国人)に上海語を理解できる人はほとんどいないので、コソコソと(堂々と?)人知れず上司への不満などを言い合うのである。

 このある意味閉鎖的とも言える上海語圏の人々の社会こそが上海人であり、ヨソモノの人間には入り込みがたい一種独特なムラ社会的なコミュニテイを形成している。

 このムラ的な対応は、当然行政機関である市政府や警察、税務署などにも影響があり、さらにオフィスや部屋を借りたりする場合において上海人が手続きを行う場合と外地人や外国人が手続きを行う場合では、表向きの対応は同じように見えても実際の手続きのスムーズさには大きな差が生まれる。

 アパートの借入交渉などがいい例で、日本人が通訳として同じ中国人を連れて行くとしても、上海人かそれ以外の中国人かで相手の対応が大幅に違ってきて、家賃の値下げ幅などにも影響してくる。

 大家さんの側も相手が同じ上海人の場合だと、親近感があるのか上海語によって阿吽の呼吸で会話が弾み交渉が進みやすい。(もちろん例外もあるが)

 むろん上海人が同じ上海人を信用するのは、地縁の他に上海の人間が他の地域に比べ平均的に豊かであるということも影響しているとも言える。

 古くから上海にいる人間は交易や商売に慣れ、土地やマンションのバブル的な値上がりもあって、現在に至っては日本人の中間層的レベルあるいはそれ以上に達している人がかなり多くおり、貧しい人の多い田舎から出てきた外地人と比較して上海人には貧困層など存在しないのではないかという印象さえ受ける。
(実際はどうか知らないが)
 衛生観念やビジネス感覚もはるかに西側に近く、外地人たちとは大きな差がある。
 
 こういった互いに豊かになってきたという状況が上海人達のお互いの信用を生み、また連帯感も生んでいるような気がするのである。

上海語で語られる上海漫才もある

上海語で語られる上海漫才もある

 さらに外国人と長く渉りあってきた都市という他の中国の都市にはない独特な共通のプライドも彼らを支えている面があり、我々日本人やその他の外国人がこれだけこの上海という都市に入り込んでも、我々の想像以上に彼らはすんなり受け入れているという、他の都市にはあまりない状況が生まれている。

 そして外国への留学や移住なども非常に多く、特に上海の日本人社会の周辺には、日本に何年も住んでいましたと言う上海人を多く見かけ、左様に異文化に対する免疫が高い

 まあ自国の伝統文化より拝金主義、儲け主義だから外国人を受け入れやすいといってしまえばそれまでだが(実際外地の中国人からはそう思われ嫌われている面もあるが)、上海人は独特の非常に柔軟な姿勢を持っており、それがこの都市を国内に先駆けてここまで発展させてきたと言える。

 故に「上海人」という括りは、他の都市でも使われる北京人や広東人、四川人などとは別格の特別さを持って理解すべき分類となっている。

 よってもし我々日本人がビジネスの上で中国進出を図る場合は、上海とそれ以外の地域は全く別物としてノウハウを知るべきであり、上海での成功には上海人のパートナーの協力無しではまず遠い道のりとなるし、もし最初に上海で成功したとしても他の地域では同様のやり方では進まないことを理解すべきと思われる。

 そんな独特の上海人ムラがあるのがこの上海という都市である。