Tag Archives: 経費

会社経費の発票の宛名は「公司」の2文字だけでOKらしい

中国で商取引や個人の買い物の際に代金の代わりに相手から渡されるのが、「発票」(ファーピァオ)であり、いわゆる日本でいう領収書である。
 この領収書、大きく分けて2種類あり、支払った人の性質別に個人向けと会社向けがある。
 このうち個人向けは「個人」と書かれ、会社向けの場合は代金を払った会社のフルネームを一字一句間違いなく打ってもらう必要があり非常に面倒なものだった、、、というのがこれまでの私の常識だった。

 ところがである。

 先日ある所から聞いたところに寄ると、会社名をフルネームで打つ必要はなく、「公司」(会社の意)の2文字だけで、会計処理が可能だというのである。

 つまり、長ったらしいフルネームを伝えて、文字間違いのリスクに怯えながら待つことは不要ということのようである。

 これは我々日本人に限らず現地の市民にとって非常に朗報だろう。
 長い自社の名前を間違いなく打ってもらうのは一苦労であり、面倒臭いことだったこれらの作業から解放されることになるからである。

 特に日本人の集まる夜のコミュニティ会合では、各人の会費にそれぞれ発票を発行するために、個人個人から名刺を預かる姿が今までの常だったが、これが「公司」の2文字だけで良いなら状況が一変する。
 つまり、参加者の会社名に関わらず全員に「公司」の宛名の発票を人数分発行すれば良いことになり、お店側に頼む手間も大幅に減ることになるのである。

 まあただこれは会計処理上のルールということなので、もしかすると会社によっては社内規定によって会社名が入っていないと処理しませんという会社もあるかもしれないし、都市によって違う可能性もあり、結局B2Bの場合はやはりフルネームを求められるのが普通かも知れないので確認は必要である。

 その場合は仕方なくフルネームでの発票を頼むしかないが、そうでなければ今後は「公司」の2文字だけで済ますほが非常に楽であり、確認しておいて損はないこの発票の件である。
 
620869485 
 

中国の発票(領収書)の発行機はかなりアナログ

 中国で飲食店などで食事をした際には、当局発行の公式領収書(発票=ファーピャアオ)を要求することがあるが、あの発票を発行する機械は、結構アナログな仕組みのように見える。
 データこそ、自動集計され税務署へデータで処理されるようになっているが、例えば、印刷される紙は複写式のロールカーボン用紙であり、ややアナログな印象を持つ。
 お店控え分とお客用の領収書が同時に印刷され、内容に差が無いようになっている点は評価できるが、今時は複写式でなくても同じものは打ち出せるはずである。

 で、その領収書の発行の際に、個人用と会社用があるのだが、個人用はともかく会社用については、宛名として中国語の会社名を全部打たなくてはならない。
 1字違っただけでも税務署に経費として認定してもらえないようなので打ち込みを行う方は結構神経を使うし、受け取った方も念入りにチェックする。
 フルキーボードで打つ機器もあれば、いわゆる携帯打ちで文字を呼び出して会社名を打っている機器もある。
 で、私の会社でも同様のことをよくやってもらうのだが、社名に中国人にとって見間違い易い字があるようで、時々それを指摘して直させたりもしている。
 こんな時によく思うのは、会社名を登録したバーコードやカードのようなものを予め準備し、スキャンしてもらえばそのまま会社名が印字されるような仕組みは導入できないのだろうかということ。
 つまり、お客は自分の会社の名前が登録されているカードを常に持ち歩くだけでよく、領収書を要求するときにカードをお店に渡せばいいのである。
 こうすることによってタイプミスはなくなるし、時間短縮にも繋がる。

 税務署にとってもこういった仕組みを導入しても、何か不正の温床になるようなことは考えにくいと思われるし、コスト的にもそこまで膨大になるとは思えず、むしろ積極的に領収書をもらう人が増えれば税収の増加にもつながるのではないかという気がする。

 また例えそのカードを紛失して他人が使用したとしてもほとんど意味がないわけで、やはり不正にはつながらないだろう。

 そう考えると、あの領収証発行機はまだまだ進歩の余地があるということになる。
 

なかなか増えない中国のトイレ

 8年も上海に暮らしていて今更なのだが、中国というのはあまりトイレの設置を重要視していないのではないかと感じる時がある。
 あるいは、トイレの設置は無駄な経費だと感じているのではないかと思うのである。

 例えば最近でこそ地下鉄各駅にトイレが設置されるようになったが、私が上海に来たばかりの頃は地下鉄の駅にトイレがほとんど設置されていなかった。
 今では各駅にほぼトイレがあるようにはなったのだが、現在でも設置率は100%ではないようだし乗降客の割にはどうにも数が少ないように感じる。
 例えば1日70万人利用されるとされる人民広場駅には、3本の地下鉄路線が乗り入れているが、トイレの数は各ホームに一カ所ずつしかなく計3か所しかないのである。
 しかもトイレ一つ一つのキャパが非常に小さく、男女それぞれ数人ずつの分しか用意されていない。
 まあ人民広場駅の場合は一歩外に出れば人民公園があり、そこには公衆トイレもあるのだが、それはそれであり、70万人も利用する駅なのにトイレが3か所×数人分しかないのである。
 また上海市内の大きな百貨店の中でも1フロアにトイレが一カ所ずつしかないところが少なくなく、オフィスビルでも同様で、どうもフロアの大きさの割にはトイレの数が少ないなと感じるビルが少なくない。
 この点日本には労働安全衛生法という法律があって、就業場所におけるトイレの設置個数が細かく定められ、男性用は30人に1つ以上の小便器を設置するなどといったことが決まっているが、中国ではそういった法律がどの程度決まっているか分からないが、設置数そのものはやはり日本に比べて非常に少ない印象なのである。
 じゃあ、中国人達はトイレに行く回数が少ないから数が少ないのかと言えば、恐らくそんなことは無いのであり、多少の差異があったとしても人間としてそんなに極端な違いがあるとは思えない。
 ならば彼らはどうしているのかと言えば、つまりはトイレを利用せず屋外で用を足していることになる。
 実際、上海の街でも人通りの多い街中はともかく、ちょっと外れた住宅街などでは、あちらこちらで茂みや壁に向かって用を足す姿が見られ、切羽詰まったというような状況でなくとも抵抗なく屋外で用を足す。
 さらに子供に至ってはローカル商店の立ち並ぶ店先でも用を足している姿が見られる。
 その極端な現れが地下鉄車内などでの子供の用足しであり、時々ニュースにもなっていて我々日本人からすると非常識極まりないという話になるが、彼らにとっては規範の出発点が違うので、親にとっては「子供だから仕方なかった」という程度の扱いにしかならない。
 それ故に残念ながら上海の街の中でもこういったマナー水準のお蔭で、街角に小便臭いところがあちらこちらに有るのである。
 地元の人は慣れていて気にならないのかもしれないが、私などは非常に気になり、こういうところに気がつくと改めて街の不衛生感の面を強く感じるのである。
 まあトイレが少ないから屋外で用を足すのか、屋外で用を足せば足りるからトイレ設置の重要性が大きくならないのか分からないが、とにかく大都会になった上海でさえ、まだそのマナーは改まりきらない。
 このトイレに対する重要性、少なくとも駅やデパートなどのトイレの数を増やす意識や屋外での用足しの習慣が改まらなければ、外国人の中国に対する悪い印象は永遠に拭い去れないだろうに思われる。