Tag Archives: 台北

茨城空港になんとCAが就航、台北からのLCC乗入れも決定

前々からニュースになっていたことではあるが、杭州から茨城空港への中国国際航空(CA)便の乗り入れが実現した。
(茨城空港公式サイト

とはいえ週末だけの週2便である。

これは以前から書いているように、茨城空港が航空自衛隊の百里基地と同居している都合上、平日の共産圏からの航空機乗り入れが制限されているためで、この杭州便以外にも深圳便がやはり南方航空によって週末だけの週2便の変則運航となっている。

まあそれはそれとして、中国国際航空(以下CA)という航空会社が茨城空港に乗入れるということがちょっとビックリなのである。

中国でCAと言えば、純然たるナショナルフラッグキャリアで国航と呼ばれるほどに国家色の強いキャリアであって、当然のことながら政府要人の御用達キャリアとなっている。

中国国際航空B737-800

中国国際航空B737-800

 中国国内の運用状況を見ても主要幹線にしか飛ばないし、天候が悪化すれば競合キャリアに先駆けて真っ先に運休して安全第一で運行し、ほかの航空会社とは一線を画した格式があるような航空会社である。

つまりそんな中央政府御用達航空会社が、茨城空港のようなLCC仕様の小さな地方空港、しかも自衛隊基地と同居している空港に乗り入れることになったのだからとっても驚きなのである。

むろん、そこは一応民間機である建前上、民間交流ということで政治的な意図を以て敢えてCAが乗入れてきたと考えられなくもないのだが、やはりちょっと不似合というのが私の印象なのである。

これに対して先週新たに茨城空港への乗入れが発表された台湾のVairはLCCであり、まあ茨城空港に相応しい(?)受け入れ相手とも言える。
こちらは同じ中華圏のキャリアでありながら、共産圏ではないため毎週火・木・土・日の週4便が認められるようである。
Vairの乗入れは3月15日からとのことで、今後この乗り入れが始まると茨城空港の日曜日は中華圏便の到着ラッシュとなる。
11:10(台北)、12:20(上海浦東)、14:50(深圳)、17:00(杭州)、18:30(上海)と5本立て続けて到着することになり、しかも国内線(4本)を上回ってしまう。

逆に水曜は、恐らく百里基地側の都合により国際線の乗入れが全く行われていないので、国内線のみの運行となり、日曜との全く違う極端な状況となっている。
もっともこのような運航体制の方が空港売店などの人員体制も配置しやすく、中国語担当の店員は水曜日に休ませればよいこととなる。

昨年1970万人を超えた訪日観光客だが、まだまだ増加させるための布石が茨城空港において今年も打たれているようである。

中華系に狙われた富士山静岡空港

 昨日、関西空港と成田空港へ上海からの乗り入れが多いというブログを書いたが、今日の中国の環球網のニュースでもやはり関空での外国人利用客が増えていることが報道されており、2014年は初めて外国人利用客が日本人利用客を上まわったと伝えられている。

 その傾向は今年になってさらに強まり、春節や花見のシーズンに大量の中国人観光客が日本に押し寄せたのは周知の通りで、関空では今後の夏の学生の旅行シーズンに向けて24時間バスの運行を計画するなど、対策を準備しているという。

 ところで、こういった中国からの訪日観光客が増える中で、特異なほど中国からの航空機乗り入れが増えている空港がある。

 それは静岡県の富士山静岡空港である。

 この富士山静岡空港は、調べたところ国内線に関しては週42便、つまり1日当たり6便の運行しかないが、国際線は台北に週4便、ソウルに週3便のほか、中国大陸からは上海や天津など週21便(うち2便は定期チャーター便)もの運航があり1日あたり平均4便もの国際線が発着する空港となっている。

 もちろん成田や関空などの大空港に比べれば週28便という国際線の乗入れ数は多いとは言えないが、全体に占める中国系航空会社の比率は実に30%であり、乗入れ便数は那覇の週20便を上回る事態となっている。

 特に最近寧波(浙江省)、南寧(広西チワン族自治区)、塩城(江蘇省)など、地方の都市からの乗り入れが増えており、明らかにビジネス客というより中国からの団体旅行客向けの運航であり、富士山の風景や静岡の味覚、さらには関東への新幹線移動を含んだ観光をターゲットとした路線である。
 (新幹線乗車も中国人の観光の楽しみの一つとなっているらしい)

 こういった中国からの乗り入れが増える背景には恐らく、空港名につけられた「富士山」という象徴的な観光ポイントの魅力が吸引力を発揮しているともに、国内線の便数が少ないために発着枠に余裕があり、乗入れが容易だという理由があるものと思われる。

 この点に関して首都圏に位置する茨城空港も同様の立地条件はあるのだと考えられるが、残念ながら茨城空港は自衛隊百里基地との共用空港であり、防衛上の観点から共産圏からの航空機乗入れには制限があって、台湾や東南アジアはともかく中国の航空会社は容易には増やせない状況となっている。
 春秋航空がデイリーにならず水曜日の運航がないのもこの基地の存在が理由であり、ここが単独空港である富士山静岡空港との大きな差となっている。

 それゆえに富士山静岡空港は中国人の訪日観光客のターゲットとして今後もますます中国系航空会社から狙われる可能性が高く、便数が増加して中国人でごった返す空港となることが予想されるのである。

 開港当時の富士山静岡空港は富士山の見えない空港と揶揄されたが、どうやらここにきてそのネーミングが功を奏してきたのかも知れず、今になって思えば先見の明があったと言えるのかもしれない状況となっている。

中国東方航空の機体

中国東方航空の機体

指導教官になった気分

台北

 ここ数か月知り合いの台湾人に対してスカイプを通してみっちり日本語の指導をしている(させられている?)日々が続いている。

 しかも、単純な日本語のレッスンというより、大学のゼミのような感じで、日本語の経済に関する本などの読解を行なって、その意味を解説するような授業?を行なっている。
 つまり単純な日本語文法を教えているのではなく、遥かに高度な文章の読解を訓練していることになる。
 もちろん相手は外国人なので、わからない日本語の単語が出てきたり、時には背景まで踏み込んで解説しなければならないことも出てくる。
 時には中国語を交えて解説しているが、ほとんどは日本語だけで説明している

 それ故に普通の日本語授業では習わないような専門用語も多く、こちらも知らなかったり、あいまいにしか把握していない言葉に対する質問も時々出てくるわけで、そんなときは慌ててネットで調べて回答したりしている。 
 どうもこうなると大学の指導教官にでもなったような気分である。
 まあ私は大学の教官でもないし、学士しか取得していないが、普段から文章を書く量は多いので、文章が上手かどうかはともかく文章構成や校正・編集に関しては一般の方よりは数はこなしているので、今回のように外国人相手の指導であれば不足はなく教えられている気がする。

 こういった努力が功を奏してか、相手の方もめきめきと腕を上げている。

 「てにをは」などを見れば、まだまだ全然足りないし、間違いだらけだが必死で文章を読み解き、自ら組み立てようとする相手の姿勢には頭が下がり、こちらも必死に応えたくなる。

 最近ようやく、一つ一つの単独の文はそこそこの形になって来たので、今後は個々の文をどう並べればスムーズな文章になり、さらには全体として論文のように頭からお尻まで繋がった文章を作ることが出来るかというエッセンスを教えていかなければならないという作業に入ってくる。

 日本人相手でも難しいこういった指導だが、文章はセンスで書く面もあるが実は理屈で割り切れる面も非常に多いというのが私の考え方であり、理屈をきちんと伝えられれば、そこそこの文章は書けるようになると考えている。

 この理屈を整理するという作業が、実は私自身にとっても訓練となっているので、今後も可能な限りこの授業は続けたいという気がしている。

市街地にある台北松山空港

 一昨日、トランスアジア航空のプロペラ機が台北松山空港を離陸直後に墜落して、30名以上の死者が出たとニュースで伝わっている。
 またその報道の中で、パイロットが市街地への墜落を避けて水路へ必死に回避していたのではないかという推測があり、その行為に称賛の声が上がっているという。

 そんなニュースを目にして、ふと1年半前の台北を訪れた時のことを思い出した。
 台北の超高層ビル台北101の屋上のような場所から、松山空港を撮影したのを思い出したのである。

台北松山空港

台北松山空港

 その時の写真がこれであり左側しか写ってないが、確かに市街地の物凄く近接しており、東京の羽田の比ではないような場所である。
 墜落したのは恐らくこの写真のもっと右側の位置と思われ、やはり住宅が密集していた場所だった記憶がある。

台北松山空港を離陸するANA

台北松山空港の周囲はビルだらけ

 現在台湾には桃園空港と言う郊外の国際空港が出来たが、飛行機の移動を好む台湾の人たちにとって、松山空港のこの近さは何にも代えがたいのであろう。
 幸いにも今回は住民の犠牲者はほとんど出ずに済んだが(地上のタクシーは巻き添えを食ったが死に至らなかったようだ)、非常に危険と隣り合わせであることは変わりがない。
 この空港をどうするかは台湾の人が決めることだが、だいぶ限界に近い状態である空港だという気がする。
 犠牲者のご冥福をお祈りします。

晴れ男の本領発揮

 我ながら凄いなと思うのだが、先日までの天気予報では全滅だった私の台湾旅行中の天気だが、今のところ見事に持っている。

朝の台北市内

朝の台北市内

 多少パラツキ加減の時間はあったが、天気予報から言えば格段の差である。

 振り返れば旅行中に大雨に降られた記憶はほとんどない。

 逆に行きたくない用事の日は逆に雨が来たり台風が来たり難を避けられる。

 つまり以前に書いたと思うが、正確に言うと晴れのではなく天気好運人間なのである。

 この天候に関する強運っぷりは今後も大事にしたいものである。