Yearly Archives: 2019

人生の棚卸し

 以前「上海からの卒業を考える」で書いた通り、現状の生活が安定しなくなってきたため、転職を探ることにした。

 まずはとっかかりにと、求人情報を探ろうと改めて転職サイトに登録しようとしたのだが、登録作業中になんと、そのメールアドレスは登録済みとの表示が出てきた。
 どうやら過去のアカウントが残っていたようである。
  最後に使用したとのはいつだか忘れたが、最初に登録したのは恐らく、10年以上前のことである。

当然パスワードなど覚えているはずもなく、「パスワードを忘れた」をクリックして、パスワードを再発行していただくことになった。
 で、パスワードをもらって再度ログインして見ると、なんと過去の登録履歴がそっくり残っていたのである。
まあ直近の現職の情報などはさすが私が登録作業をしていないので掲載されていなかったが、過去のものはそのまま残っていた。

 「おお、これは助かる。」

 転職作業において、何が大変かといえば、履歴書の作成と業務経歴書の作成である。
 直近の現職の説明だけならまだしも、学校を卒業してから現在までの業務経歴をまとめるのは結構骨の折れる作業なのである。

画像はイメージ

 もちろんこれが無ければ相手に自分が何者であるかを知っていただけるはずもなく避けて通れない作業である。
 しかも、手元に当時の資料などほとんど残っていないので、過去の経歴をまとめていくのはかなり至難の業である。

 そこへこのように資料が残っているのは非常に助かる。

 ただ逆に考えてみると、この転職サイトの会社はこれだけ詳細な個人情報をそのまま丸抱えして保存していたということになる。
万が一、これが流出するとなると大変な問題ではあるし、社会問題化するレベルである。

 また労働者のどのくらいに割合の人がこういった転職サイトに登録しているのかは調べたことがないが、管理する側にとっても保存データ量は結構膨大になり、それなりにコストがかかるともいえる。
 それでもこうやってデータを残すということは、ビッグデータとしての活用を考えれば十分保管価値があるということなのだろう。

 最近問題になった辞退率のサービス提供のような件も、こういったビッグデータがあるが故の商売なのである。

 とは言え、利用する側からするとかかりつけ仕事の主治医みたいなもので、常に我々の業務経歴を保管・記録して頂けているおかげで、次の転職活動への作業負担も軽くなり、非常に助かるのである。
(正しい情報を本人が正確に申告しているかという根本の問題もあるが)

 こうやって民間の転職サービスの現実を知ると、日本の職安というのは公的であるが故なのか、かなりマス目が大雑把すぎて、それなりのキャリアがある人が利用してもほとんど役立たないだろうという気がする。
 もちろん雇用保険の関係があるので通わないわけには行かないのだが、最低限のセーフティネットでしかなく、そこだけで理想の就職が実現できるものではないだろう。

 ところで、改めて記録に残っていた過去の職務歴の記入を見ると、経験業種などの記入がかなり適当であったなと、恥ずかしくなっている。
 そもそも、初めての転職の頃は、自分の経験業種でさえ人材分類上でどういった職種の職業として分類されるのか分からないので、やたらめったら幅広く経験業種にチェックを入れてしまっていた。

 もし、それが全部出来たら私はオールマイティのスーパーマンになってしまうほどである。

 相手方の採用担当者がそんな経歴を見てスカウトされてもそんな仕事は出来ないし、困るのは私なので、改めて登録情報を見直し、どんどんチェックを外していった。
その結果、かなりすっきりしてシンプルな経歴表記になった。

 逆にシンプル過ぎて、ああ自分には僅かな経歴や経験しかないんだなぁと少々落ち込み気味にもなった。

 とはいえ経歴が多いということはそれだけ転職が多かった証しともなり、職務ごとの専門性はそれだけ浅くなるのだから、人材価値が高いとは言えなくなるので決してプラスとは言えないのかもしれない。

 むしろ、専門性が高い職種をそれなりの期間務めれば、スキルは高まると評価される。
 もちろん長ければ良いというものではないが、人間の業務能力の幅には限界があるが、深さには底がないため、経験業種は数よりも一定年数が求められるはずである。

 さてさて、このように毎日せっせと準備は進めているが、就職は恋愛と同じで点数を満たしていれば合格というものではなく、相手の組織の都合と、こちらの要望がタイミングよく合致しないと成立しないので、能力も必要だが運次第でもある。

 また、こちらの気持ちの面でもエネルギーを溜めてテンション高く面接に臨むのと、気持ちが下がっている状態で臨むのでは結果が違うと考えられるので、なるべくテンションを高い状態で転職活動に臨めるよう、日々モチベーションを高めよう試行錯誤している。
 このように転職準備を行っていると、過去の人生の棚卸しをしているような気分になり、いろんなことを思い出しながら何とか準備を進めている。

果たして私の未来はいかに?

ごみ分別が始まって、さらに環境悪化

 先月7月1日から上海でもごみの分別が始まって、これまで一緒くたに捨てていたごみを生ごみと可燃物、資源ごみなどに分けて捨てることになった。
 これにより、ごみ資源の活用などが進むことが期待されていたようだ。

 しかしながら、私の住んでいる住宅エリア(小区)では、どう考えても失敗というか環境悪化に向かってしまっている。
 分別自体に問題があるわけではないが、収集方法に問題があるのである。

 施行前までは一回の入り口脇に置いてあったごみ収集ボックスの中に、全てのごみをごちゃまぜで捨てていたが、条例施行を受けて分別しなくてはならなくなったため、小区の中の何カ所に種類別の収集ボックスを集中設置した集中回収方式に移行した。
 朝晩の2時間ずつ、毎日回収されることになった。

 従って、住民はごみ捨ての度にごみを回収ステーションに捨てに行かなければならなくなった。
 私は現在自炊をしてないためそもそも生ごみは出さないが、ごみ分別は以前から行っており、今回のルールも把握できたため、面倒くさくはなったが、指定された分別ステーションにゴミ出しに行くことになった。

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

 しかしどうもこの方式が失敗したという印象である。
 徹底的に告知が不足している
 集中分別回収方式について、改正当日あたりに一瞬告知のようなものをエリアの掲示板で見かけたが、どう考えてもそれだけでルールの周知が徹底されたとは考え難い状況だった。

私はそれを写真に収めたためルールを把握することが出来たが、知らない人が大勢いるはずである。

 しかもその後改めて探してみても、その小区ルールを記した掲示などがどこにもないのである。
 結果、ルールが徹底されていないため、入り口わきの元の回収ボックスがあったスペースに、ごみが野置きされるようになった。
 もちろん生ごみもである。

 すると、ごみが山積みになった上にハエが集る状態になり、非常に不衛生になった。
 1ヶ月半が経過した今もその状況は改善されてない。

 その野積みされたごみは結局、従来通りの回収担当者がリアカーでごみを回収して回るのであり、以前に比べ何も進歩がないどころか寧ろ退化した状況になっている。

 まあ聞くところによると、今回のごみ分別回収は生ごみの分別が主目的らしく衛生管理やバイオリサイクル的なもののが主眼にあるようだが、現状衛生状態は逆に悪化しているのである。

 まあ社会においてルールの周知徹底というのは永遠の課題であるのだが、それにしても私の小区では対策について下手を打った印象である。
 良いルールも告知して情報を共有しないと機能しないという良い例である。
 
 私が見る限り、中国人は相手の心理がわからないのかどうも情報共有が下手であると感じている。

日本人は正論に自信を持ちすぎる。

 日本と韓国の間で貿易優遇国の措置を巡って大きく揺れている。

 従来から、日本と韓国の間には沢山の火が燻っていたが、それが一挙に噴出したという印象である。
 まあ個人的な意見で言えば、私も日本の措置は当然の対応のように思えるし、日本語情報しか読んでいないバイアスはあるが、その範囲から考える限りにおいては日本の方が正論と感じるので支持はする。

 とは言え、どうも日本側はその正論に自信を持ちすぎるような気もしている。
 自信を持ちすぎるが故に、丁寧な説明を怠っているような気がしており、その為に今回必要以上に韓国側の反応を大きくしてしまっていると感じられるのである。

 例えば、韓国併合の経緯に関して言えば、日本は不当な併合ではないと突っぱねるだけではなく、当時現地には不満を感じる民衆もいたが、当時の朝鮮側の政権側と正式に結んだものであり強引な併合ではなかったことを、丁寧に根気よく発信していく必要があるだろうに思う。
 複雑な状況を含んだことを単に「合法的な併合であった」と片付けるだけでは、説得力に欠けるのである。

 そして日韓基本条約の請求権協定に絡む徴用工問題も、「もう解決済み」と一言で片づけるのではなく、上記の併合の歴史からの歴史的経過や日本の敗戦による統治放棄による経済協力金の5億ドルが個別補償の代わりに韓国に渡され、その後の補償制度は韓国政府に委ねられた約束になっていることを繰り返し丁寧に説明し、これを目先のポピュリズム的な現政権ではなく、韓国国民自身に理解をしていただく必要がある。

 こういったところを丁寧に根気よく言葉にして、向こう方やこちらの記事に拾っていただくことによって、じわじわと問題の本質というか論点が整理され、お互いの考え方が見えてくる面があろうに思われる。

 それに、向こうは向こうなりの判断基準というか、我々とは考え方の違う正義基準というものを持っている。
 上述のように、我々は日本人であるがゆえに、ほとんどが日本語のソースによって得られた情報もとに、物事の是非を判断しているのであるが、それらは日本語に翻訳する人の意図が十二分に含まれていることを忘れてはならない。
 どんなに公平に扱おうとして、人間誰しも身びいきがあり、日本語を書く日本人は、日本人を良いように扱ってしまうので、日本人が正しいのだという文章が出来上がってしまう。

 韓国側も然りで、韓国語で記事や意見を書く人もやはり身びいきで文章を書いてしまう現実があり、結局は言語の壁が自分たちを良い印象にしか書いていない文章しか読まない状況を生んでいることになり、お互い自分たちが正しいと思い込むのである。

故に本当の意味で公平な文章や記事というのは書かれにくく、そこが分離の生まれてしまう原因となる。
さらに過去のことのみならず、日韓にとって第三言語である英語でアメリカの高官が発したとされる言葉も、結局は日韓でお互い都合の良いような解釈で翻訳している現実があり、やはり公平な基準を作れなくなっているのである。
それ故に自分たちの正論に自信を持ちすぎる面が生まれてしまう。

 この日本人の正論に自信を持ちすぎる態度というのは、日韓関係のみならず中国に進出した企業における現地の会社運営において見て取れる。
 現地からの工場撤退において、法律既定の退職金を払ったのに、従業員から不満を持たれ、工場で囲まれてしまうといったトラブルはよく聞かれる。

 日本人責任者は、退職金を払ったのだから法律的に問題ないという正論をかざすのだが、解雇される従業員にとっては、その法律規定は最低ラインとして考えてしまうので、誠意としてのその上のプラスアルファを求めるのである。

 まあごね得を狙っているといえばその通りだが、彼らはその後の生活の問題があるので、最低ラインでは誠意を感じられないと考えるのであり、従業員のことを考えるのなら上積みをするのが解雇する従業員への誠意と考えるのである。

 日本人的感覚から言えば、法律ラインが従業員と雇用主の主張がぶつかる中間点なのだが、彼らはそうではないと考えるのである。
 日本人の考える法律基準による方法が条件を満たすので正論だという考え方は、確かに間違いとは言えないのだが、法律による答えだけが正論だけではない解釈もあるのであり、日本人の思う正論が世界共通ではないのである。

 だからと言って相手に妥協すれば良いというものではないのだが、法律などは過去に一度引かれたという意味だけのラインであり、相対的な存在でしかないことを忘れてはいけないのである。
 寧ろ、相手が上積みを求めるならば、こちらもゼロ基準からその正論である法律ラインまで妥協や譲歩した結果であることをきちんとPRすべきであり、そこにも誠意があることを伝えなくてはならないのである。

 一度作られた基準を壁にした構え方は、苦労して生み出したその基準そのものの位置を誤解させる可能性があり、正論を危うくするものだと感じている。
 故に我々が正論と感じているものを絶対とは思いこまず、その結論に至った経緯を丁寧に伝えることがその正論にとって必要なのではないかと私は思うのである。