Tag Archives: 労働節

中国連休・円高連動説が継続中

 日本のカレンダーはGWが一応一段落したので、今日を休まないで久しぶりに出勤されている方もそれなりにいると察せられる。
(今日も休んで大型連休の方も大勢いるだろうが、、、)

 そして中国でも5月1日の労働節(メーデー)に合わせた連休がささやかながら組まれており、土日プラス5月2日の三連休となり、この休みに合わせて日本を含め海外に出かける人も大勢いた。

 さて、以前から最近の円高について何度か書いてきたが、2月に書いたブログで中国の連休の度に円高が進むのではないかという予測を書いたのだが、今回の連休でも見事に円高が進み再び105~106円台に達する結果となった。

 人民元レート

 まあ円高の真の原因については別のところにあると言われており、自分自身はそれを覆すだけの材料も根拠も持ち合わせていないので、抗うつもりもないが、少なくともタイミングだけは今回も一致してしまった状況になっている。

 しかも今回の連休は今までに比べ、関税政策の変更もあってか訪日観光の爆買いの規模も小さいと言われ、それ故か円高の進行幅も連休スタート時こそ2~3円のレンジで一気に動いたがそれ以外は小幅な値動きとなっており、やはり奇妙な一致が見られる。

 繰り返すが、円高=爆買い原因説をそれほど強烈に押しているわけでもないのだが、こうもタイミングが一致してしまうとひょっとするとという意識が頭をもたげないわけでもない。

浦東空港の荷物検査

浦東空港の荷物検査

 さあ、この傾向が続くとすると次の契機は6月9日の端午節休暇となると思われるが、果たしていかがであろうか?

日本は連休でも中国は出勤日

 国によって休日が違うのは当然のことだが、まあこの時期だけは“格差”があるような気がして日本のゴールデンウィークが羨ましい。

 中国にもメイデーを絡ませた4月29日から5月1日までの3連休があったが、うち1日は土曜を振り替えただけなので追加になった休日はメイデー当日の5月1日だけで、実質日本のスパーマンデーレベルの連休でしかなく「黄金週間」には程遠い状況となっている。

蘇州の観覧車

蘇州の観覧車

 まあ中国全体がこのカレンダーなわけで、周囲の中国人達も誰ひとり文句言うことなく(ホントか?)、真面目に昨日から働いているので仕方ない。

 中国人達も連休中は皆遊びに出かけたようだが、普通の真面目な中国人たちは戻って出勤しており、未だ連休気分が抜けないで遊びまわっているのは昔気質的なお気楽な中国人達で、キリギリスだなぁと思う面はあっても気になるものではない。

 そんな状況だから、例え日本との“ズレ”がある中で働いていてもほとんど気にならないとは言える。

 ただ、やっぱり日本からの旅行客が遠慮なくこの時期に上海へ来て遊びまわっている様子を聴くと、ちょっと“ズレ”を感じてしまう。

 まあもっともどんな休みにも仕事をしてしまっている自分にとっては、いつが休みであっても結局は働いてしまうので、実はカレンダーの問題ではないことに最終的に気が付いてしまうのであったりする。

 カレンダー云々の前にまずはこれを改めないといけないのである。

経済危機は休んで回復か、働いて回復か?

 こちらが週末も働いているときに、日本はもうすでにGWに突入したとのニュースを目にした。有給休暇を追加すれば16連休という休み方も出来るらしい。
 私から見ればうらやましい限りであるが、企業にとっては過剰在庫を抱えないための労働調整の意味もあるらしく必ずしも手放しで喜べる状況ということではないようだ。

 もちろん日本ほど深刻ではないものの経済危機に襲われたのは中国も同じで、私の会社も少なからずとも影響を受けたといえなくもない。
 しかし、そこから脱却するためにこちらは休み返上で働いて回復させようとしているのに対して、日本は休んで回復させようとしている。
世界同時に襲った経済危機なのに働いて回復させるのか休んで回復させるのか、目的は同じでも手段は全く正反対であるところが不思議だ。
もちろん、日本は働かせれば働かせるほどコストが掛かるのに対して、こちらは残業だの何だの細かいことを請求せずに業績回復のために基本給だけで勝手に働いていて、その時間のコストを全く考慮しないので単純な比較は禁物だが、まあこうまでも手段が違うのは非常に面白い。

 日本は会社組織がしっかりしているお陰で社員もしっかり守られてもいるのだが、それ故に社員を働かすということはコストでもある。大企業になればなるほど個人の勝手な努力も許されにくくなっている。

 例えば私のように家に仕事を持ち帰って夜中まで仕事をするなんてことは組織として許されない場合が多い。
 そうなると個人が出来る努力なんぞ非常に限られているし貢献できる幅が非常に狭くなってくる。
 結局家に帰って自分を磨いて社内の相対的評価を上げる程度の努力しか出来ないことになる。

 しかしこれだと自分の給料は上がるかもしれないが、それが会社の業績に繋がらなければ結局自分自身の存在がコストアップしただけにしかならない。これはある意味会社にとっても本人にとっても不幸である。

 逆に今の会社は残業代を請求したことはないが、好きなだけ業績アップのために働いてもいい状況になっている(許可をわざわざ取った覚えもないが)。

まあ給料は安いし、残業代ももらってないが、なんとか生活は出来ているし、未来の業績アップの努力を目一杯できるというのはある意味幸せな環境である。

努力の対価は、結果が出ればそれ相応のボーナスなり給料で取り戻せる(はずだ)。

経済危機を休んで回復させるか、働いて回復させるか?
考え方はいろいろあると思うし性格の問題もあるが働いて回復を目指せる環境にいる自分はやっぱり幸せだと思う。