Monthly Archives: 6月 2012

恐ろしいローソンでの買い物

 恐ろしいといっても、脅されたり悪い物を売ってたりするわけじゃないのが、日本人のいるエリアでのローソンでの買い物はちょっと恐ろしい。

 何故恐ろしいかというと、ローソンは主に日本からなどの輸入品を扱っており、それらの商品が普通の商品に混じって陳列されているからだ。

 これのどこが恐ろしいかというと輸入品は現地の商品の値段と恐ろしく差があるからである。

 先日も昼時に会社近くのローソンで、現地ローカル商品の春雨スープを手に取ろうとした時、ふと脇にあった「金ちゃんヌードル」なるものを見つけた。

 「へぇ、こんな商品あったんだ」と手に取ってみたところ意外と美味しそうだったので買ってみたくなった。

 しかし買ってみようかと思った瞬間に、輸入品であることを示すシールが貼ってあるのを見つけた。

 「あ、これ輸入品か、、、」

 まあ日本語のパッケージなので、輸入品なのは当然といえば当然だが最近は現地生産品でも日本メーカー商品に日本語表記が増えてきて、気をつけない輸入品なのか現地生産品なのか分からない時がある。

 今回はシールがあったのでどうやら正真正銘の輸入品のようだ。

 輸入品ということは値段?と恐る恐る値札を見ると、

 「何と30元(380円)!た、高い、、、」

 脇にあった春雨スープ(約5元)との値段格差なんと6倍である。

 まあ間違ってレジに持って行って買ってしまったところで、決して払えないとかそういう値段ではないが、5元程度のものを買おうして30元と言われると、予想外の請求金額にやはりちょっとドキッとしてしまう。

 最初からシティスーパーのような輸入品専門のお店ならそれなり価格のつもりで行くので驚くことはないのだが、コンビニに行くときは基本的にローカル価格製品のものしか買いにいかないので、突然輸入品の値段が現われるとドキッとするのである。

 実はローソンにはそんなちょっとドキッとさせる価格の輸入商品が沢山置かれている。

 しかも、店舗の戦略なのかもしれないが、商品をわざと混在して陳列しているような節があり、輸入品と現地品をあまりわけて陳列していない。

 だから時々間違って輸入品を手にしてしまうことが有りうるのだ。
 すると上述のようなドキッとするような出来事が起きてしまう。

 そんなローソンの買い物はちょっと恐ろしい。

我田引水

 外国からよく言われることだが、日本は政治家は駄目だか官僚制度で持っているとされる。

 まあ確かに、これだけ国の組織がきっちり固まって、なかなか崩れない国というのはなかなかない。

 非常に優秀な彼らの存在なしでは日本という国が回らないのことは私も確かに認めるが、しかし権力を持つ者の常で、彼らは最終的には天下り先で我田引水を行なうという癖というか行動目的があり、それがおよそ唯一でありながら最大の致命的欠点ともいえる。

 どこまで本当かどうか知らないが、最終的に自分の田んぼに水を引っ張るために、対外的な正義のもとに国の制度を組み立て、最後の蛇口が自分の田んぼに繋がるように国の仕組みを作ろうとする人も少なくないとさえ言われる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあこういった我田引水的な行動は官僚だけの行動ではなく、人は誰しも権力を持つと同じように我田引水を行なうらしい。

 自分の都合のいいように制度やルールをつくり、自分だけが知っている仕組みを利用してジャンジャン水を引く。

 そんなやつはブログの世界にもおり、そんなのを見つけると、世の中どこも同じだなぁと呆れてしまう。

 まあ、官僚のほうが形だけでもずっと対外的な正義の仕事をやっているだけまだましなのだが。。

現実から逃げているだけじゃないか?

 日本の消費税政局が大詰めを迎えている。

 小沢さんが率いる一連のグループが、消費税採決を巡って反対票を投じ、離党して独立し、新党を結成しようとする動きがあると報道されている。

 まあ、増税の法案など確かに国民から見て嬉しくない法案であり、個人的にも素直にハイ賛成だと言えるものではないから、国民に負担をかける増税案には賛成できないという意見は理解できる。

 しかしである。

 国の財政が逼迫しているのは一つの紛れもない事実であり、それに対して何らかの手を打たなければギリシャどころではない状況が迫りつつあるのが日本の現実である。

 個人的には決して消費税増税という選択がベストだと思わないが、何も手を打たないで対応を先延ばしできる時間的余裕は日本にほとんど残されていないのも現実である。

 そんな中で、消費税増税という選択が現時点で実行可能な手段ならば実行するしかないというのが野田首相の判断であろうし、党が壊れるとか壊れないとか、そんな小さなところを言っていたのでは国は守れないという危機意識が無謀とも言える与野党合意での採決強行へ走らせたのであると思う。

 実際、税と社会保障の一体改革という言い方でオブラートに包んではいるものの、年金などの社会保障制度が破綻寸前であることは現実であり、それを救うための今回の増税判断であることは明らかで、それが故に社会に対して破綻寸前だと大きな声を出してはっきり言うのは社会不安を煽るから言いづらいというのが、なんだか増税理由がはっきり言われない事情のような気がする。

 こんな状況の中での今回の小沢さんたちのグループの動きはいささか無責任な気がする。

 国民に負担を強いる消費税増税という方法に反対する意見はそれはそれで理解するが、ならばこの現実の中で、それに立ち向かえる“何か”を別に示さなければならない。

 つまり増税に代わる財出削減策でもいいし、件の埋蔵金による増収策でもいいが、10兆の増税に代われる1兆でも2兆でも財政的な改善手段を示す必要があり、増税に反対するならそれなりの将来的な道筋案が必要だ。

 果たして、彼らはそれを掘り出す努力をしてきたのだろうか?

 野田首相が半年間増税を唱え続けてきた間にそれに対抗する財政改善策を探る時間は十分あったはずであるが、今回の彼らの行動は反対するだけでどうもそれが見えない。

 どうも全体の現実を見ているというより、目先の選挙対策の行動しか考えていない自己保身的行動にしか見えず、国民の為というより選挙のための有権者に対する自分の映り方ばかり気にしての反対行動に見える。

 本来はもし小沢さんたちが本気で反対するなら、本気で野田さんを説得するべきであり、党を割って独立などという行動は実は現実から逃げているだけじゃないかという気がする。

 先日、突然小沢さんの妻の手紙というものが出現したが、あの中で小沢さんが放射能が怖くて逃げたという件があるとされている。

 あの手紙が本物かどうかは定かではないが、本物だとするならば実は小沢さんという人は、勝てる勝負しかせず、競り合う勝負からすぐ逃げるタイプなのではないか、これまでの政局行動などから考えるとどうもそういう気がする。

 今回、自分の考え方があるなら逃げださず真っ向から勝負し相手を説得するべきだと思う。