Tag Archives: 人気

カーリングが4年に一回しか盛り上がれない理由

平昌オリンピックが終わり、日本選手団が先週帰国し、メダリストたちがマスコミにちやほやされている状況がネットを通じてこちらにも伝わっている。

 特にカーリングの女子チームは「そだねー」の流行語とともに注目を浴びている印象だ。
 まあ今回メダルを取ったというのもあるが、日本国民が彼女らに好感を抱く決定的な理由が他の種目に比べ存在すると分析している。

カーリング女子のインタビュー風景

 それは競技時間の長さである。

 冬季オリンピックの他の競技を見ればわかると思うが、ほとんどの競技は一競技で一人の人間が映る時間はせいぜい数分であり、しかも屋外競技の場合はゴーグルと帽子でほとんど競技中は顔が映らない

 これに対して、カーリングは一つの試合の試合時間が、2~3時間と長くその間に何度も何度も素顔がアップになる。
 この素顔が沢山映るという意味ではフィギュアスケート人気にも共通する面がある。

 しかもチームメンバーは、原則たった4人のため、否が応でも顔や表情を覚えてしまう。

 さらに、今回「もぐもぐタイム」とネーミングされた栄養補給の休憩時の素直な表情や、ピンマイクから拾われる彼女たちの音声が彼女たちの素の姿を映し出し、人柄を知ることになる。
 このように人となりを知れば、自然と好感を持つ可能性が高まり人気が出るのである。

 つまりこの競技時間の長さが、カーリングが他の競技と圧倒的に違って好感を持たれる理由であると思う。

 但し、実は逆にこの競技時間の長さがカーリング人気を持続させられない理由でもある。

 オリンピックでこそ、各テレビ局とも非常に注目が高いため一試合3時間もかかる試合を、何試合も中継してくれるが、オリンピック以外の国際大会レベルだと、さすがにあそこまでの中継体制は取れないため、映像を見ることは出来ない。

 テレビ放映枠というのは無限にあるわけではないので、現在人気の高いMLBの野球でさえテレビ中継を意識して時間短縮の為に申告制敬遠などというルールが導入される時代なのである。
 そのような時代に、カーリングのような動きの地味なスポーツが放送枠を確保してもらえることはありえないのである。

 まあコストのかからないインターネット中継などであれば放映は実現可能かもしれないが、それとて年間を通じて何十試合も中継するのは難しいだろうに思う。

 つまり結局視聴者から彼女らを見る機会を維持することは難しく、カーリング選手が視界から遠ざかれば、日常は忘れてしまう可能性が高くなるのである。
 よってカーリングの試合観戦は、ほとんどの人が次にスポットの当たる次のオリンピック中継まで待たなくてはならす、故に持続的な人気の確保は難しいと思われる。

 今回、彼女たちのオリンピック銅メダルという結果を受けて、盛り上がったカーリング人気を何とか持続させてやりたい気持ちはあるが、前途はなかなか厳しいという気がしている。

スキャンダル

 巨人軍の原監督の身辺が揺れている。

 まあ今回の個別の問題はともかくとして、人の人生というのは男女問わず出会う異性に大きな影響を受け、順調な人生を歩んでいるように見える人ほど、異性問題がきっかけで評価がガラッと変わるケースが少なくない。

 最近ではタイガーウッズや、ホイットニーヒューストン小林幸子さんなんかなども、異性関係が原因で評価を落としてしまった人たちだろう。

 彼ら彼女らには気の毒だが、天は二物を与えないというか、そういったところで人間の評価というか人生の栄枯はバランスが取れていて、勝ちっぱなしの人生というのは世の中にそうそう存在しないというのが、どうも面白い。

 異性で人生が変わると言えば、上海の駐在員たちの中にも帰任命令が出ても帰らず、会社を辞めてこちらで職を探したり仕事を始める人も少なくなく、よく聞くと女性の影が後ろに見える場合も少なくない。

写真はイメージ

写真はイメージ

 場合によっては日本の奥さんと離婚してまで中国人女性と結婚した話だって、一つや二つではなく、出会ってしまったが故のスキャンダルは上海でもたくさん存在する。

 こういった色んなケースを見てて気が付いたのだが、今回の原監督の状況もきっとそうだと思うが傍から見て順調に見えるときこそが、実は人生最大のモテ時でもあり危ういのではないだろうか?

 つまり順調な時こそ、余裕が生まれ警戒感が薄くなる。

 人は順調に飛ばしている時こそ、そういう時期はやはり男女問わずモテて、よほど自戒しないと転びやすくなるのである。

 まあ私の方は人生が全然順調ではないので、モテ時とは縁がないのではあるが、この世間の教訓は肝に銘じていつかモテ時が来たら役立てたいと思う。(笑)
 

入院するとモテる?

今回の入院について入院の日程をMSNの名前のコメント欄に記載しておいたら、色んな人が心配して声をかけて来てくれた。

 「大丈夫?病気なの?」

 まあ正直なところ、病気としてはそれほど重い内容ではないので、あまり心配されてしまうと恐縮するのだが、一応説明してもやはり「入院」とか「手術」とかという言葉には非常に重い物を感じるらしく、やはり心配してくれる。

am500_an014

 私だって友達が「入院」とか「手術」と聞いたらやはり心配するだろう。

 こうして、瞬く間に沢山の中国人の友達がお見舞いに行ってあげるよと声をかけてくれた。
 人生のうちでこんなにモテた時期があっただろうか?と思えるほどの勢いである。

 でも私が入院するのたった4~5日なのでそんなに来られても、ちょっと大変かなぁという気もする。

 でもそうやって声をかけてくれるだけでもとっても有難い。
「情けは人の為ならず」がようやく自分に帰ってきたという印象である。

 まあ普段からこんなにモテたらいいなぁと思うがバチが当たりそうなので、その想いはちょっと仕舞っておこう(笑)

iframe src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=mondejapan-22&o=9&p=12&l=st1&mode=books-jp&search=入院&fc1=000000&lt1=_blank&lc1=3366FF&bg1=FFFFFF&f=ifr” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ width=”300″ height=”250″ border=”0″ frameborder=”0″ style=”border:none;” scrolling=”no”>

東京の行列店が上海で失敗する訳

東京で行列店として有名なラーメン店などが時々上海に進出してきているがそのほとんどは失敗をして撤退する憂き目にあっている。
 あれほど東京で行列店として有名だったお店が何故上海では成功できないのかと疑問を呈する人もいるが、答えは結構単純である。

言うなれば上海は東京に比べマーケットが小さすぎるのである。

外灘からの景色

日本の首都圏人口は約3000万人いるといわれ、もし仮にこの人口の0.1%の味覚に合致しそのお店のファンになってもらえたら、3万人のお店のファンが出来ることになる。
 もし彼らが月平均1回お店を訪れてきてくれたら、毎日1000人のお客を得ることが出来、当然連日大行列となる。

 東京のお店としてはこれで大成功であるのだが、実はここが勘違いの始まりとなる。

 つまり東京ではたった人口の0.1%の味覚に合致すれば行列店を作ることが出来る。

 0.1%、つまり1000人に1人の割合のファンがいれば充分なのである。

 しかし逆に言うと0.1%の熱烈なファンさえ掴めば残り90%以上の人に受け入れられていない味でも行列店として成立してしまうので、経営者はここで自分のお店の行列を見て大きな勘違いを始める。

 「東京で成功したのだから、次は世界を目指そう、そうだ中国だ!上海だ!」と。

そうやって上海にやってくる。 

しかし、残念ながら上海は東京に比べ、まず日本人の人口が非常に少ない。10万人という数字を使ったとしても東京の300分の1である。

 もし仮に上記の算式を上海の日本人人口に当てはめれば、人口の0.1%しか捉えられない味ならば、お店のファンはたった100人となる。もし彼らが日本と同じように月に一回お店に通ってくれたとしても、1日あたりのお客さんはたった3名ちょっととなる。これでは当然経営的には成り行かない。

 じゃあ、「日本人ではなく中国人にPRしよう!」となる。

 考えるのは容易いが、やはりここは外国である。ベースとなる食文化の違いが当然障壁となって立ちはだかる。当然所得差も大きく日本のようにマーケットを同質で捉えられない。
 まあそれでも万が一運よく中国人たちの味覚にマッチングすれば行列間違いないのだが、所詮は東京で人口の0.1%ファンしか実績のない味であれば、上海で同じように成功する確立はそれこそ宝くじのようなものであり、とてもビジネス的に賢い挑戦ではない。

 こうやって進出しては見たが、全然客が集まらず、そうこうしているうちに素材などをケチり始め、肝心の味が落ちて行き、ついには閑古鳥状態となり撤退となる。そんなパターンをいくつも目にしてきた。

東京の行列ほどビジネスの参考にならない現象はないのである。

原文