Tag Archives: 読売巨人

楽天がオリックスより先に日本一になった意味

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、日本シリーズで巨人を破って日本一に輝いた。

 私の贔屓チームは日本ハムだが、東北にもゆかりのある人間として取りあえず今回は祝福したい。

 まあ今回は田中マー君あっての優勝であり、チームの貯金のほとんどを彼が稼ぎだし、最後の優勝を決める瞬間も前夜に続いて登板するなど、常識ではありえない起用でまさに田中様様だった感があり、往年の稲尾投手をほうふつさせる働きである。

 売却譲渡などで生まれた他の球団と違い、ほぼゼロからスタートした球団創設9年目の楽天が今回日本一になったのは、現場の地道な積み重ねと田中選手の成長という好運が重なっての出来事だと思うが、2004年のオフに近鉄と合併して誕生した新生オリックスがその後未だに優勝を果たせず、思ったような成績が残せていない情況と比較すると、なかなか思うところがある。

 オリックスは88年オフに阪急からの球団譲渡で誕生して以来、合併する前のイチロー選手在籍時に95年と96年にリーグ優勝しているが、その後はずっと下降線をたどり、イチロー選手のメージャー移籍と仰木監督の退任後は3年連続最下位が続き、2004年になんと近鉄球団との合併を発表した。

 合併により球団の合理化と関西ファンの獲得、強い選手だけをプロテクトして良いとこ取りをしようとしたこの試みであり、当時は大騒ぎになり社会から大反発も受けた。

 しかし合併を強行されて両球団は統合され、その騒ぎのさなかに新規参入として誕生したのが今の楽天で、ライブドアとの参入争いに勝っての新球団誕生だったが、選手はオリックスへの入団を拒否した岩隈選手を除いて、オリックス側が優先プロテクトした以外から選ばれたいわゆる余り物選手で新球団を設立した形であったのである。

 このように有力選手のいない楽天は発足当初は当然2年連続で最下位であったが、3年目に4位になるなど徐々に上位を狙えるようになり、過去8年間で最下位3回、5位2回、4位2回、2位1回と結果を残し、そしてとうとう今年は優勝して日本一にまでになり、過去9年間の平均順位は4.3位となった。

 これに対して、オリックスは合併後の2005年以降、2008年に2位になったのが最高で、そのほかは最下位3回、5位3回、4位2回で平均4.6位と楽天をも下まわり、優勝に縁が遠い位置をうろついている。

 まあ勝負事の世界なので一つの理屈で結果を簡単に評することはできないが、お金をかけて実績のある監督を呼んだりしていろいろ試行錯誤して上昇に取り組んできた楽天球団が9年目にして日本一を勝ち取り、片や合併という手法で強化したはずのオリックス球団が、毎年一貫しないような方針で監督をとっかえひっかえし、挙句の果てに紙切れ一枚で監督をクビにしてしまうなどチグハグな運営で結局いまだ優勝に全然手の届かない状態となっている。

 つまりオリックスのような安易な合併で結果を求めたのではなく、じっくりした取り組みを行なった楽天が結局早く結果を出したというのが今回の楽天の優勝であり、オリックスの現在であるということになる。

 楽天が実際いい会社かどうかは良く知らないが、まあ彼らなりにきちんと事業に取り組んで社会に浸透している点は評価されるし、そういった一つの現れが保有球団の優勝だったという気がするのである。

 こういった状況はプロ野球球団の対比は一つの社会の縮図であるような気もしており、この球団の合併問題に限らず、偶然にも今年噴出した最近のみずほ銀行の事件や阪急・阪神ホールディングス関連のホテルのメニュー偽装疑惑なども、合併によって生まれた会社の歪から生まれたと言えるような問題であるような気がしている。

 つまり経営の苦しさから安易に合併という手法に救済を求めたはいいものの、合併や合併後の運営が実際に働いている人間の意識を忘れた経営の結果だったのでないのかという気がするのである。

 9年目の楽天の優勝、そこから見える社会の構図はなかなか考えさせられるものがある気がする。

スキャンダル

 巨人軍の原監督の身辺が揺れている。

 まあ今回の個別の問題はともかくとして、人の人生というのは男女問わず出会う異性に大きな影響を受け、順調な人生を歩んでいるように見える人ほど、異性問題がきっかけで評価がガラッと変わるケースが少なくない。

 最近ではタイガーウッズや、ホイットニーヒューストン小林幸子さんなんかなども、異性関係が原因で評価を落としてしまった人たちだろう。

 彼ら彼女らには気の毒だが、天は二物を与えないというか、そういったところで人間の評価というか人生の栄枯はバランスが取れていて、勝ちっぱなしの人生というのは世の中にそうそう存在しないというのが、どうも面白い。

 異性で人生が変わると言えば、上海の駐在員たちの中にも帰任命令が出ても帰らず、会社を辞めてこちらで職を探したり仕事を始める人も少なくなく、よく聞くと女性の影が後ろに見える場合も少なくない。

写真はイメージ

写真はイメージ

 場合によっては日本の奥さんと離婚してまで中国人女性と結婚した話だって、一つや二つではなく、出会ってしまったが故のスキャンダルは上海でもたくさん存在する。

 こういった色んなケースを見てて気が付いたのだが、今回の原監督の状況もきっとそうだと思うが傍から見て順調に見えるときこそが、実は人生最大のモテ時でもあり危ういのではないだろうか?

 つまり順調な時こそ、余裕が生まれ警戒感が薄くなる。

 人は順調に飛ばしている時こそ、そういう時期はやはり男女問わずモテて、よほど自戒しないと転びやすくなるのである。

 まあ私の方は人生が全然順調ではないので、モテ時とは縁がないのではあるが、この世間の教訓は肝に銘じていつかモテ時が来たら役立てたいと思う。(笑)
 

組織に恋々としない姿勢

 件の清武の乱と呼ばれる巨人球団を巡る報道で、昨日清武さん側からのコメントの記事が出ていたが、議論の中身はともかく組織に恋々としない姿勢は素晴らしいなという気がした。

 彼は元いた組織へリスペクトも残しつつ、きちんと過去は過去と割り切った立場で言葉を発している。

 まあ解任された時点の経緯を考えれば当然の姿勢ではあるが、そうはいっても世の中には、組織を離れると言ったはずなのに完全に袂を分かつことが出来ず、組織を離れた後もその組織のネームヴァリューによりかかったり、組織に恋々とした態度を見せる人も少なくないのは事実である。

 かと思えば、組織を離れた後に、都合の悪い時は「私は辞めたからもう関係ない」といいながら、別の場所では「元○○です」と過去の肩書をちらつかせ二枚舌を都合良く使い分ける不届きモノも時々見かける。

 まあ組織を離れた経緯がどうであろうと、離れたなら恋々とせず潔く距離を置いて進むのが袂を分けた相手への最低限の礼儀であるはずなのにそれが出来ないというかわからないのである。

 こういう組織を離れたはず人間の「俺は外から貢献している」という勝手な思い込みに基づく恋々とした中途半端な態度・行動は、実は残った人間にとっては迷惑な場合が多い。

 その意味で読売新聞に一貫して身を置いてきた清武さんが、解任後恋々としない態度で巨人球団と相対せるのは凄いことだなと思ってしまう。

清武パラドックス・マジック?

 今回の日本のプロ野球巨人球団を巡る騒動で、情報発信源と疑われる清武さんがその関与を否定したと報道された。

 そしてその直後に今度は巨人球団の桃井オーナーが、清武さんが「資料は回ってこない」という発言していることについて、「真っ赤なウソである」と批判しているという。

 私はこの報道を見て、あ、桃井さん側が見事引っかかってしまったなという印象を受けた。

 片や巨人球団と清武さんは、去年の記者会見に端を発した清武さんのGM権限を巡って係争中であり、その意味で発言は慎重にならなければならないはずなのに、今回桃井オーナーは勢い余って「清武さんは権限者」であったかの如く言葉を吐いてしまったことになる。
 これはどう考えても勇み足である。

 これに対して清武さん側は今後も引き続きある程度は否定の発言を貫くであろうと思われる。

 すると球団側はその否定をさらに躍起になって否定し、清武さんの当時の権限の強さを叫ぶことになるに違いない。

 しかしこれは巧妙に仕掛けられたパラドックス的罠のような気がするのである。

 球団側が清武さん側の関与を立証しようとすればするほど、実は現在係争中の裁判において巨人球団側は不利になっていく面があるからである。

 つまり球団側そのものがもともと矛盾を大いに含んだ状態であるため、叫べば叫ぶほどボロを出していくことになるのだが、さりとてこのまま否定せず放置するわけにもいかない状態が球団にあり、これらの矛盾が今後球団をどんどん追い詰めていくことになろう。

 もし、これらが清武さん側の意図で計算づくで動いているとするならば、物凄い清武マジックというほかあるまいが、さてさて果たしてどうか?

ルールとモラルはまた別物

日本の野球の巨人の契約金問題が騒ぎになっている。
個人の契約が公表されて、本来各球団の申し合わせで決めていた1億5000万円を大幅に超えた金額で契約がされており、モラルが問われている。

 「開幕を控えたこの時期に何故?」という声もあるが、ほんの2か月ばかりのシーズンオフしかなく、一年中動いているプロ野球にとっては「大事じゃない」時などあるはずもなく、物事の本質ではない。

 むしろシーズン中に明らかになるよりよほどマシである。

 今回の報道に対して、巨人球団は最高標準額は目安であって、規則ではないので問題はないとしているが、では何故契約金の分割払いなど姑息な手段で隠蔽し発覚を恐れたのであろうと素朴な疑問が湧く。

 私は個人的にはいい選手であるなら、素直に評価してあげればいいしそれ故に巨額な年俸をもらっていたとしても何らおかしな話ではないと思うが、今回明らかになった契約金の支払い手法には明らかに隠ぺいの意図が見え、疑問符が残る。

 そして巨人以外の球団は、今回の件について巨人軍を非難すると思いきや懸命に擁護する姿ばかりが目立つ。

 果てこれはどういうことだろうかと少し考えた。

 どこの球団もやっていることだからと言うだけなら簡単だが、では何故そんな「最高標準額」などというよく分からない数字が生まれてきたのかという疑問が残る。

 これは私の推論だが、恐らくこの「最高標準額」という金額は、各球団がそれぞれの選手に幾ら払っているかを分からなくするためのブラインドの役割を果たしていたのではないかと思う。

 つまり巨人軍が資金力にモノ言わせて沢山の契約金を支払っているというのは誰でも知っている話であるが、他の球団はその資金力の差がどのくらいあるのかを入団交渉する新人選手達にあまり知られたくないわけで、そういった意味でどこの球団も上限1億5000万円を目安に払っていると言っておけば不要な札束攻勢をかけずに済むことになり、年棒高騰に歯止めがかかるということになる。

 また、実力がそれほど認められない新人に無意味な年棒交渉をされずに済むという利点もある。

 今回は少なくとも巨人軍ではその最高標準額という言葉が有名無実であったということが判明したわけであるが、その情報が一気に広まってしまったことによって困っているのは実は巨人軍ではなく、他の11球団ではないかという気がする。

 つまり10億も払われていた選手の同期に対して各球団は、「巨人軍は金持ちだから当球団より少し多いかもしれないが、標準額があるのでそれほど大きな差はない」と説明できていたわけで、実際その選手に対しても標準額より少し多い金額で契約をすればその選手の自尊心は満たされ、選手にとっても差をつけられたというプライドも傷つけられずに済むわけであったが、実際実態が明らかになってしまえば実はその差が大きかったことに気づかされる。

 つまり選手としてはあの時のあの話はなんだという球団不信になるが故に、巨人以外の各球団は困るのである。

 結局あの1億5000万円という数字はNPBの12球団が共存共栄を図るために作ったカルテル的協定に他ならなかったような気がする。

 今回巨人ばかりが槍玉に上がっているが、問題視すべき巨人だけではなく新人に金をはらって異様な囲い込みを行なうプロ野球全体の体質のような気がする。

 できれば選手の青田買いのための無用な札束攻勢はやめて、活躍した選手に素直に高額年棒を払って評価すればいいのではないかと思うが果たしてどうであろうか?
 もし選手の育成が必要ならば、育英資金制度のようなものを堂々と設ければいいのいではないだろうか。

 プロとはいえ、スポーツなのだからルール違反はないと見苦しい言い訳でコソコソとせず堂々とやってほいものである。

 ルールとモラルは別物であるから。