Tag Archives: 座席

中国独特の座席番号の割り振り方

 中国の劇場やホールなどの公共施設に何度か足を運んだ人ならご存知だと思うが、中国のホールでは、独特の席番号の割り振り方が行われている。
 番号振りが独特と言われても、ピンと来ないかもしれないが知らないで会場を訪れてしまうと非常に戸惑うことになる。

 日本の劇場などの座席表を見ると、日本のホールは舞台側から「A、B、C・・」あるいは「1列、2列、3列」などとなっており、これは中国側も同じである。

東京文化会館大ホール座席表(引用元

 ただ違うのは、横方向の番号の振り方である。

 日本の劇場は一般的に舞台に向かって左側から「1番、2番、3番・・」と小さい番号から順に振られている。
(施設によっては、劇場形状により縦のラインを合わせるために1番から始まらない場合もあるが。)

 これに対して中国の劇場は番号が真ん中から始まる。

 まず劇場の中心線上に1番の番号が振られる。
 そして舞台に向かって右側へ「2番、4番、6番・・・」と偶数番号が割り振られ、逆に左側に「3番、5番、7番・・・」と奇数番号が割り振られている。

長寧芸術文化中心の中央部座席

 つまり中心の1番から「右、左、右、左・・・」と外側へ行くに連れ番号が大きくなっている法則となっている。

 よって、2枚のチケットが22番、24番という飛び番号だったらそれは飛び席ではなく、隣あった席ということになる。

上海交響楽団音楽庁の座席

 中国の全ての会場をチェックしたわけではないが 固定の座席を持つ劇場は総じてこの法則で番号が振られており、フリースペースの劇場の状況はわからないが、映画館なども基本的にこの法則に従っている。

上海大劇院3階席の座席表

 何故、このようなわかりにくい法則になっているか?

 明確な根拠文書は見つけていないが、おそらく座席序列の明確化なのではないかと思われる。

つまり、真ん中を最高峰の席として、振られる座席がその人の組織の中での序列を表していることになり、肩書や地位の序列によって座る場所が定められているのだろうに思う。

 つまり逆に座る場所によって序列が分かってしまうことになる。
 
 階級社会の国内文化の影響が強く感じられるこの劇場の座席番号の割り振り法則であり、これを見ると中国はそういう社会なんだなということに改めて気づかされる。

 まあ我々外国人は外交官でもない限りこの序列そのものを気にする機会はほとんどないだろうが、演奏会などで劇場空間を訪れる機会がある場合は、戸惑わないように予め知っておいた方が良いこの法則である。

腰に優しくない上海の交通と道

 実は先週の土曜日の明け方、突然ぎっくり腰とヘルニアの併合のような症状に身動きができなくなった。

 おそらく前日の階段一段踏み外しの際に踵から落ちて、衝撃で全身に走った出来事があり、その場は大丈夫だったが、恐らくあれが原因である。
 痛みでベッドから起き上がれず、目の前に見えている薬にも手が届かない状態で、一人暮らしの私にとっては死の危機を感じるほどだった。
それでもなんとか痛みをこらえ脂汗をかきながら薬を手繰り寄せ服用した結果、今日までにパソコンにまともに向き合えるような状態になった。
 この間、まったく外出しなかったわけではないのだが、長時間座る姿勢を続けるのが辛いので、基本は立ち姿勢か家で横になっていた。

 この間の外出で改めて感じたのは、上海の道や交通機関は人の腰に優しくないということ。

 以前に何度も書いたが、上海の道路は幹線道路といえどもかなり凸凹であり、バスに乗っていると腰が浮き上がるほどの上下振動がある。
 特にスピードを出しているときなどはバスが壊れるんじゃないかと思うほどの激しい振動であり、当然のことながらずんずん腰に響き、区間によってはとても座っていられなくなる。
 しかもバスの座席はプラスチックシートで、優先席も色が違うだけで硬さに違いがなく、座り心地が特に良いわけではないのが上海のバスである。

上海のバス

上海のバス

 じゃあ地下鉄なら問題ないかというと、さすがにバスほどの振動はないが、やはり日本の地下鉄に比べれば振動は大きく、シートも同様にプラスチックなので腰に響く。
また駅の階段やホームの施工も微妙に粗いので、結構蹴躓きやすく、普段なら何でもないこの小さな躓きでも、腰痛状態に結構響くので歩くだけで結構恐怖を感じる。

これがまあタクシーだと、シートが柔らかい分だけ幾分救われるのだが、道悪自体は同じであり振動も多く、逆に立ち上がれないので必ずしも快適ということでもない。

歩道を歩いても凸凹は非常に歩きにくいのである。
結局のところ上海の道も交通もどうも腰には優しくないことに気が付いた。

そういえば上海の街は高齢化の影響で高齢者はたくさん歩いているのだが、不思議なことに腰の悪そうな人はあまり見かけない。
 腰が悪い人はあまり出かけたくなくなるのではないか、そんなことを感じた私の今回の腰痛劇である。

座席指定はまずできない

 中国でまだ遅れているなと思うところは、飛行機、列車、バス、劇場など場所を問わずほとんどの場所で座席指定が出来ないところである。
 もちろん指定席ではあるのだが、窓側がいいとかそんな個人の希望は一切聞いてもらえず大体は一番前から順番に席が売られる。

 故に飛行機や列車など、2枚組でチケットを購入したとしても並びで座れるかどうかは運次第で、ひどい場合だと連番にも関らず一列ずれて右と左の窓側に離れ離れになってしまうことも少なくない。

 更に列車の途中駅から乗車する場合、車両まで違ってしまう場合がある。

30057_1

 飛行機の座席とて、日本だと早いうちにチェックインすれば窓側・通路側の指定ができるが中国の航空会社でそれを尋ねてくれた会社はなかったような気がする。
 つまり中国では座席がどこかなどという客側の希望への配慮はほとんどされず、販売システムとして空いている場所にただ順番に押し込めているだけなのだ。

 もちろん、劇場などではエリアによって見え方が違って料金が違うので、そういったブロック単位の指定はできるが、何列目などという細かい指定はやはり出来ない。
 日本のコンサートホールなどでは、劇場に行くと一席単位の細かい座席指定が出来る。

最近の上海では映画館などで、座席指定ができつつあるように思うが、それもやはり一部で、社会全体に浸透しているとは言いがたい。

 まあ販売側がそんな対応であるが故に、座る客のほうも言うことを聞かず、座席指定があるにも関らず、勝手に他人の席に座る

 そして後からその席の切符を持った人が来ると「あそこが元の席だから交換してくれ」といった我侭なお客同士のやり取りが日常的に見られる。

 まあこれが中国の今までの日常なので、中国人達は特に不満もないようだが外国人から見ると非常に遅れたサービスと習慣のように映ってしまう。

 そう考えると、日本の航空会社の搭乗券発券機や、JR等の座席予約システムは非常に優秀である。

 まあ中国の鉄道や航空会社の体質から考えれば、座席指定と言ったサービスに発想が至るとは到底思えないが、できることなら日本からあのシステムを買って是非乗客サービスに役立てていただきたいと感じる今日この頃である。