Category Archives: ビジネススタイル

上海は値上げの春

 上海でも春節連休から明け、まだ徐々にではあるものの街に人が戻りつつある。
 以前は春節に田舎に帰ったきりで3週間も4週間も戻ってこないケースがあったが、現在の上海では10日~2週間程度の帰郷が平均実態なのではないかというのが体感的感想である。

 ところで、春節明けのこの時期は、中国的に言うところの歳が新しく変わったことになるので、あれこれ切り替えが行われることが多く、物の値段も上がることが多い。
 今朝、コンビニエンスストアで日本の伊藤園の麦茶500mlを買ったところ、従来の4.5元から5.0元に0.5元(約8.5円)値上げとなっていた。
 もちろん何の予告も告知もない値上げで、こそっと上がっていたのである。

伊藤園の麦茶(中国)

 何故それに気が付いたのかというと、私の朝食は毎朝大体同じ組み合わせで購入しており、毎朝支払う代金が同じだったのであるが、今日0.5元高かったので気が付いた。
 おやっと思い陳列棚を眺めたところ、値段が変わっていたのである。

 先日日本の某食品メーカーが、飲料商品の値上げを発表しそれがニュースにもなっていたが、日本の場合は10円20円値上げされるのにもニュースになる。
 ところが中国では、そんな大々的な告知など行われず、こそっと値段表や値札の書き換えが行われるのである。
 もちろん、そのメーカー企業などでは、マスコミかどこかに向かって一応発表しているのかも知れないが、販売の現場では一切お客さんへの告知はなく値上げが実行されている。

 その場で表示されている価格が全てで、取引価格に過去も未来も関係ないのである。

取り敢えず現時点で確認をした値上げに気が付いた商品はこの麦茶だけだが、これから3月に向かって、アレもコレも少しずつ値上げされていくのではないかという不安に怯えながら毎年過ごすこの春節直後の時期である。

あの日本向け製品が中国のトイレに?

 先日、某地下鉄駅のトイレを利用した際にとても違和感のある掲示物を発見した。
 それが下記の写真なのであるが、これは化粧室内のベビーチェア利用者向けのいわゆる多言語表記の説明書き掲示である。

ベビーチェア注意書き

 日本語のほかに英語、ハングル、中国語で説明書きが書かれている。

 まあ日本国内から私のブログを読んでくださっている方々にとっては、この表記のどこに違和感があるのだとおっしゃられる方もおられるかもしれない。
 近年の訪日観光客の増加で、日本の公共施設にはこういった多言語表記の掲示が増えているからである。

 しかし、この表示をもう一度よく見て欲しい。

 中国・上海の駅のトイレの掲示であるはずなのに、何故か日本語が最初に書かれているのである。
 そして次に英語、3番目にやっと中国語が書かれ、最後にハングルとなっている。

 もしこの駅が特に外国人利用客の多い駅だったとしても、常識的に考えて中国国内の公共施設で日本語を筆頭表記することは考えられない。

 つまりこの掲示物は、明らかに日本国内などで使用されることを目的として製作されたものに違いないとの推測が成り立つ。
 そして、その日本向けの掲示であったものが何故か上海でも利用されているのである。
 
 どうして、この「日本向け製品」が上海のトイレに貼られることになったのかという経緯は分からないが、日系の便器メーカーからの提供か、多言語掲示の準備に迫られた担当者がネットか何かで見つけて日本から買い付けたのかのような理由であろう。
 いずれにしても中国国内では既製品を見つけられず、やむを得ず日本向け製品の導入になったにちがいない。

 しかし、これは考えようによっては便利な使い方である。

 言語の順番にさえこだわらなければ、この多言語併記の掲示物は日中韓の3か国や英語圏の国々でも使いまわしが出来るからである。

 まあ欧米ではアジア言語より他の欧米系言語の併記の方が便利かもしれないが、アジア圏ではかなり使えそうである。
 思わぬところで発見した「日本からの輸入品」ではあるが、これもひとつのビジネスヒントになりうる商品だという気がする。

上海で(運が良ければ)コンサートチケットを半額以下で買える方法

 一昨年くらいから上海において、コンサート通いを復活させ始めているが、クラシックのコンサートのチケットは決して安くはない。

 まあたまに20元とか30元とかで聴けるコンサートもないわけではないが、大体が最低でも1回180元くらいの出費となる。

 私などは席の位置にこだわらないし、コンサートホールの響きの中に身を置いて、生の演奏に接することが出来れば満足な人間なので、どんなに端っこの方でも構わないのだが、そんな席でさえ100元以下が設定されていることは滅多にない。

 しかも月1回程度の出費なら止むを得ないが、それではなかなか物足りなくなってくるので月2~3回通うことになり、その分だけチケット代が嵩んでくる。

 これらをもっと安く済ませる方法を探していたところ、運が良ければチケット代が半額以下になる可能性のある方法を見つけた。

 それは、2次チケットエージェントを通して買う方法である。

 中国には「摩天輪」や「票牛」などのサイトなりアプリなどのチケットサイトがある。

票牛のスマホサイト

 これらのサイトでは、公式サイトではSOLDOUTになったようなコンサートでもチケットを扱っていたりするので私も時々覗いている。

 このサイト、人気の公演などではチケットは残っていても、金額が上乗せされているような状態になっており、いわゆる日本のオークションサイトのような状態になっている。

 ただ、逆にそれほど人気のない公演だったりすると、販売額が額面割れしているような場合もあり、運が良ければ額面の半額以下になっているようなこともある。

 先日も、この票牛のサイトで、上海フィルの公演について額面が380元のチケットを、135元で手に入れて聴くことが出来た。

 完全に半額以下である。

 まぁ、ここまで安くなっていることは滅多にないのではあるが、額面より1~2割安くなっている公演は結構見かけるので、こういったシステムを利用すると、コンサートチケットを安く手に入れられるし、運が良ければ半額以下になる場合もあるのである。

票牛の購入画面

 支払いは微信支付支付宝などの電子マネー払いであっという間に終わり、支払い後にチケット手配完了と受け取り方法を知らせるショートメールが届く。

 なお、この方法でのチケット購入には、若干の中国語力が要求される面もある。

 一番面倒なのはチケット受け取り時である。

 何週間も前からチケットを購入した場合は、事前に指定先へバイク便で送ってくるから住所さえスマホ上で打てれば中国語力はそれほど必要ないが、直近で購入したりした場合は当日の公演直前に会場受け取りとなる。

 配送員が当日の公演開始1時間前くらいにやってくるので、電話で連絡を取りながら配送員を見つけ、チケットを受け取ることになる。

 当然先方は日本語も英語もできないので、中国語で意思疎通をする必要があるのである。

 どういった仕組みでこのようなチケット手配システムが成立しているのかわからないが、恐らくダフ屋が正式にビジネスとして立ち上げたダフ屋連合的な仕組みなのであろう。

 恐らくこれらは公演主催者にとっては非公式のサービスであり、このチケットについて公式窓口に問い合わせても、うちは関係ないといわれてしまうので、あくまでも連絡先は購入サイトととなる。

 中国で白タクがビジネスとして公式化してしまっているのと同様に、ダフ屋も公式ビジネス化してしまっているのだと推測される。

 その証拠として、会場近くでチケットを渡してくれる人はダフ屋の一人と目される人だったりするのである。

 しかも複数のサイトのお客を一人で扱っている人もいる。

 そういえば、中国語でダフ屋は「黄牛」であり、「票牛」の「票」は「漂亮=綺麗の意味」に繋がる面もあって、差し詰め「まっとうなダフ屋」という洒落なのかなとも察する。

 まあこのビジネスが社会的に法律に全く反しないのかどうかは分からないし、いつまで続くビジネスかわからないが、今のところトラブルもなく便利に利用させていただいている。