忘れていること

 先日、久しぶりにあった友人に 「その後、鼻の状態はどうですか?」 と聞かれた。  そう私は今年鼻の手術をしたのであったが、すっかり忘れてしまっていた。  つまりしっかり忘れてしまうほど本人はすこぶる快調になっていて鼻が Continue Reading →

手術で自分の声が変わった?

 先日の鼻茸の切除以降、電話での会話の時、なんと!自分だと気付いてもらえないケースが増えた。  声を聴いて私だと分かってもらえないのである。  こちらは名乗った上で会話しているのに、どうも声と本人が一致しないらしい。   Continue Reading →

遺書を書いた

そういえば今回手術を受ける直前に遺書めいたものを書いたのを思い出した。  当日の朝の手術室に運ばれる一時間前くらいの事である。  遺書というほど大げさなものではないが、手術で万が一死んでしまった時のことを考えて、自分のま Continue Reading →

鼻茸手術のその後の経過

手術を行なったのが先々週の木曜日の午前であった。 まあ、自分の備忘録として一応その後の経過も書き記しておこうかと思う。  手術直後の午前11時半頃に目が覚めたが、鼻からの血が止まらずティッシュで滴る血をどんどん拭いていた Continue Reading →

ヘルパーさんによるケア

目が覚めた時は、既に病室だった。  目覚めそのものの気分は恐れていたほど苦しくなく、多少寝起きが悪い時の朝程度のもので、麻酔自体の気分の悪さはそれほどなかった。  鼻はさすが手術直後らしくガーゼなどが詰め込まれているよう Continue Reading →