Tag Archives: 菅直人

権力志向者ほど憲法を変えたがる

 最近、日本の政界で改憲論議が盛んに論議されているようだが、政治家たちが改憲を叫ぶ姿にどうも違和感を感じる。

 何故なら、法というのは権力者に対して暴走をさせないために国民がはめた足かせのための決まりだからである。

 つまり政治家などの権限者がたちが憲法を変えたがるのは、その足かせが不自由だから外せと言っているのに他ならず、憲法が存在する意味を考えれば政治家が不自由を感じるのは当然であり、国民からすればそのこと自体が大事なのである。

 今の憲法は外国から押し付けられた憲法だから自主憲法を制定したいという声もあるようだが、欧州などの諸外国などの場合、その憲法の多くは市民革命などによって国民が勝ち得た結果生まれたもので、国民が憲法制定によって権力者に対して足かせをはめるという意味があった。

 しかし日本の場合は、明治維新以後の戦前に市民革命的なものが成立せず戦争へ暴走してしまった苦い歴史があり、結局自ら民主化が達成できなかったため諸外国から敗戦という形で市民革命と同様の結果がもたらされ、今の憲法制定となった。

 つまり日本国民が市民革命的な自浄能力を持たなかった代わりとして、諸外国から日本政府の暴走防止の足かせとしてはめられたのが日本国憲法という見方もできるのである。

 この多くの犠牲者を出して敗戦するまで国を変えられなかったという自浄能力の無い我々の国民性というものは大いに反省すべきところだが、こういった長年培われてきたものは容易に替えられるものではないと思う。

 こんな国民性の中で、国民からではなく政治家から憲法改正の声が出て来るのはどういうことであろうかと考えてしまう。

 政治家達が今の憲法の範囲で政治家が感じる不自由さは何か?それは今後暴走するきっかけにならないのか?
 本当に憲法を変える必要があるのなら、その必要性をきちんと国民に説明し国民に請うべきで、本当に必要な改正なら国会議員の3分の2であっても成立するはずであり、その説得プロセスを軽くすることは政治家の手抜きを許すことに他ならない。

 振り返れば史上最悪などと言われた震災時の某K首相などもこの憲法下で生まれてしまい、なかなか引きずり下ろすことも出来なかったが、逆にルールのお蔭である程度の暴走も防いだ面もあったのかという気がしており、憲法が有効に働いたのだと感じている。

 故に現在目の前にいる政治家が何となく期待できそうだからと、その人の言葉に乗せられて足かせのルールを緩めてしまうと、例えその人の時代は良くても、今後万が一とんでも無い人が権力者になった場合に後悔することがきっとあるだろうと思われる。

 法律より人が権限を握っているどこかの国の例を見れば、憲法の意味を軽くするという事は、そういった国に近づくのかという危惧を感じるのである。

 もし本当に優秀な政治家なら与えられた条件の中で結果を出せるはずで、どうも権力志向者ほど足かせを嫌い、能力不足をルール改正で補うべく憲法を変えたがるという気がしてならない。 


労いの言葉の差

 ラジオで聞いた話だが、前首相のKさんの古くからの盟友江田さんが、Kさんについて「人を労うことをしなかった」と指摘していたそうだ。

 これに対し、昨日福島原発の現地を訪れた野田首相が現場で働く自衛隊員に対して「国民や被災者から多くの感謝を受けている。
 
 自衛隊の最高指令官として心から誇りに思う」と述べたという。

 また作業員に対して「心から感謝を申し上げます」とも述べたという。

 この件で野田さんを必要以上に持ち上げるつもりはないが、Kさんに足りなかったのはこれだと、今回の野田首相の言葉に気づかされた。
 まあ野田首相の立場では当たり前の言葉ではあるかもしれないが、前首相が口に出来なかったこの言葉が非常に大きな印象の差を生んでいる。
 この言葉一つで仕事のモチベーションは大いに変わり、組織をまとめる力というのはこの言葉ひとつがあるのかないかなのだと思う。

 まあ私も社内で人に仕事を頼んでやってもらうときは、「ありがとう」の言葉をなるべく言うようにしている。その人のおかげで自分の仕事が成り立っているからだ。
 その言葉を言うか言わないかでどのくらい差があるのかわからないが、そういえばいつも連絡だけでまだ会ったことのないスタッフの対応が少し親しみを帯びてきた気がする。
 人とは不思議なもので気を使われていると思うだけでやる気が出てくる、それはどうやら日本人も中国人も同じであるようだ。

職責を優先したのは懸命な判断

 ちょっと前のニュースになるが、先日財務大臣の野田さんが、アメリカ国債の格下げ状況を受け本来するはずだった党の代表選の出馬表明を見送り職責を優先したという話を聞き、ちょっと感心した。

 野田さんは元々私の地元の出身ではあるが、本人には悪いが華がそれほど無いというか、注目した存在ではなかった。
 ポストKさんとして名前が取りざたされてからも、リーダーとして果たして適格者なのだろうかと疑問符が外れぬまま彼の存在を見ていた。

 そしてあの日にあの状況が発生して出馬表明をしなかったのだが、そのことについて彼の周囲はタイミングが悪すぎると嘆いていたそうだが、私は寧ろ彼が目の前の職責を優先したことによって、彼が出馬表明を行って個人の自己PRを行うより彼の株が上がったのではないのかと感じ、少なくとも私個人の中ではあの行動で彼のポイントは上がっている。

 彼はその場の状況において何が大事で何が優先すべき事柄なのかをきちんと理解しており、自分がいるポジションの重さを良くわきまえていることがあの行動振りからわかったからである。

 もし、彼が自分の置かれているポジションの重みや状況の本質を理解していなかったら彼は個人の事情を優先してさっさと出馬表明したであろう。

写真はイメージ

写真はイメージ

 自分のポジションや現状の職責を理解して行動するということは非常に大事なことであり、現首相のKさんがそういった状況判断ができないことにより現在の混乱を招いたことを考えれば、少なくともKさんよりは圧倒的に世間の状況を理解し職責を果たすことに誠実な行動をする人間であることがわかる。

 もちろん、彼の政策的な考え方がベターなのかどうかはまた別の次元で判断しなければならないが、少なくとも目の前に本来やるべき仕事があるのにその職責をほったらかして個人の行動を優先したり、状況にそぐわない行動をして自分だけの正論を振りかざす人より圧倒的に信用ができる。

 そういった意味で、彼が自分のPRを後回しにして職責を優先して行動しているのは懸命な判断で、今回の代表選にもプラスに働くことであろう。

 まあ代表選自体は相手があることなので、相手との相対評価になり実際はどうなるかわからないが、彼のPR下手な点をカバーしてくれるブレーンをうまく見つけられれば、日本のこの国難を乗り切るために必要な人材として首相についていただいても良さそうな印象はある。

 ただ問題はその職責を優先して行動している彼の価値を理解できる人が、どのくらいあの党やマスコミそして国民にいるかである。

やったフリだけの仕事

 どうも最近、、、というか以前からKさんの仕事は、単にやったフリをしているだけで中身のない仕事が多い。

何もやっていないと思われるのが嫌で、単に実績作りポイント稼ぎのために、格好だけ口先だけのパフォーマンスをやってお茶を濁しているように思える。
 中身のある仕事かどうかは仕事の中身やその仕事の周辺の状況をみればすぐ分かる。

画像はイメージ

画像はイメージ

 本来仕事とは、結果を求めるための手段であって、結果に対する効果をあげるために様々な工夫を行うことが仕事であり、その結果のための工夫や行動がなければその仕事は仕事ではなく単なる作業となる。

 またその結果を求めるための理念がなければ、行動にもスピード感がなくなり仕事もまた単発的となってしまう。
 その点どうもKさんのやっている「仕事」にはやはりその理念がなく一貫性も感じられない。

 理念があれば、その目的実現のための行動全体が変わってくるはずなのに、残念ながらKさんの行動にはそれが見られず、単に思いつきで或いは深い思慮をせず突発的に出てくる行動や発言が多い。

 まあ好意的にみて、Kさんは誤解を受けやすく本人は一生懸命なんだと捉えようと思っても、どうも矛盾だらけで筋が通らず、残念ながら逆に自分のメリットのためだけで動いていのだと捉えるとKさんの行動はすっきり整理されてしまい、分かりやすくなるのが実情だ。

 Kさんはいつまでそんな仕事を続けるのだろうか?周りのためにもしっかりした理念を持ってそのポジションの仕事を全うするか、そうでなければ辞めるしかない。

どうして彼は出世できたか?

 日本の政局ニュースから、現役のK首相が退陣表明のような発言をしてからも、のらりくらりと延命を図るような言動繰り返し、それが大きな批判の的となっていることが伝わってくる。

 一部にはそのずる賢さというか、潔しくない態度に史上最低の総理大臣のレッテルを貼る向きあり、政策云々の前にその政治手法などが特に批判の的として、彼を必死に引きずり下ろそうとしている雰囲気になっている。

 しかしどうにもこうにも法律やルール上の壁があり、その引き摺り下ろす手段を見出し切れないというのが現在の状況のように映る。
 
 しかしである。

 よくよく、考えてみるとこれは凄く不思議な状況である。

 つまりたった一年で首相の座から引き摺り下ろさなければならないような政治家に対して、しかも不誠実と思われる態度でのらりくらりと延命を図る態度をとるような人間を、何故首相になることを阻止できず首相にしてしまったかということである。

 彼が首相の座に就くまでの足取りは、当然現在の民主主義のルールや法律にほぼのっとって辿ってきたはずであり、すくなくとも私が見る限りにおいては、明らかな選挙不正や大きな買収工作などを行ってきたような雰囲気はないと思われる。
(もちろん全くないかどうかはわからないが)

写真はイメージ

写真はイメージ

 しかし、今回の地震対応だけならともかく、K首相の政治運営能力への疑問は首相就任直後から既に見えているものである。

 だとすれば彼が首相になる前からその片鱗は見えているはずで、つまり首相の器ではなさそうであることは事前にうかがい知ることは可能で、党内の代表選挙やその他で彼が出世することを否定する機会は幾らでもあったはずである。

 にもかかわらず結果として彼は首相になってしまった。

 もちろん、首相などという立場はなってみないと適任かどうか分からない面もあるが、別に突然に無名の人が現れて首相になったわけでもなく、彼の政治手法などは十何年も前から周囲も知っていただろうに思う。

 それでも、現在不適任と批判されるとK首相が首相になれてしまったということは、日本の民主主義システムのどこかに欠陥があるのではないかということを感じてしまう。

 幸か不幸か彼のお陰で、現在のような方式の状態での選挙では、彼のように後から周囲から引きずり下ろされることになるような政治家が首相の座につける可能性があることがわかってしまったのである。

 じゃあどうすればいいか?

 まあ選挙以外の手段で政治家を選ぶということは民主主義の根本を揺るがしかねないことであるから、ここはいじれないであろう。
ならばもっと、政治家そのものを知る機会や材料を増やすしかないかと思う。

例えば企業の採用人事部門が用いる手法を選挙などに用いて、議員の立候補者に対して必ず各種性格診断テストを受けさせ、その結果を公表する。

或いは短時間の小論文テストをうけてもらい、その回答を公表する。
 つまり政治家の政策ブレーンの作るストーりーではなく、本人そのものに率直に語ってもらうのである。

 これらは第3者による採点などは行わず、回答そのものを直接公表し、内容を判断するのは有権者という形で選挙の判断材料としてもらう。
 
 まあどれだけ役に立つかわからないが、少なくとも政治家たちがどんな性格の人たちなのか、多少伺い知ることができるであろう。
 少なくとも耳あたりのいい言葉だけを並べる人間は、見抜かれてしまう気がする。

 そうすれば少なくとも今回のように後からみっともなく引き摺り下ろされようとする政治家を生み出すようなことはなくなるのではないか、そんなことをちょっと考えてみた。

 まあ、K首相のみならず、出世する人が立派とは限らないのは世の中の常であるが。。。