Tag Archives: CM

リズムの悪い中国のサントリーのCM

最近中国でほとんどテレビを見ない私ではあるが、インターネットで中国のNEWSサイトを見ていると、時々ポップアップCMに出くわす。

 日本人には評判の悪いこのポップアップCMであるが、中国では当たり前のように飛び出して来る。

 中国進出している日系企業も例外ではなく、車や食品のポップアップCMがどんどん飛び出して来る。

 もちろんどの企業も日本人担当なら遠慮するところを中国人向けということで中国人の現地担当者がGOを出していると思われ、日系企業のCMでも遠慮なくポップアップ手法が使われているようだ。

 まあ中国人自体がこれをどう感じているか知らないが、少なくとも今のところ中国人社会で許容されているのは事実のようであり、外国人の私が口を出すところではない。

 しかしである。

 そのポップアップCMの仕上がりの質に関しては、元音響の私としてちょっと一言を挟みたくなった。

 実はつい先ほど見たニュースページにも、日系のサントリーの黒烏龍茶をPRするポップアップCMが登場してきたのだが、普段ならさっさと閉じてしまうこのCMに関して、ついつい美味しそうな揚げ物の映像が出ていたので目を留めてしまった。
(CMに引っかかったともいえるが、、、)

 ビゼーのカルメンのスピーディな音楽に乗せて、若い女性3人が美味しい食べ物を次々に食べながら商品である黒烏龍茶を飲むと言った演出のCMであった。

サントリーの黒ウーロン茶のCM

サントリーの黒ウーロン茶のCM

 ただ、私からみるとこのCMはどうにもリズムが悪い印象を持った。

 音楽自体はカルメンなのでスピーディでよいのだが、映像のスピード感にマッチングしていなかったのである。

 どうもこのCMは何とか食べ物自体を美味しく見せようとしてそれぞれのカットの尺が長くなっており、更に食べ方もスローテンポで見せることが美味しそうに見せるコツだとばかりにゆったりとしていて、音楽の畳み込むようなスピード感にマッチしていなかった。

 コマ数は確かにそこそこ細かく切ってあったのだが、それでも音楽が示す追い込むようなスピード感にかけていたのである。

 まあCMプランナーの意図したかったところは分からないでもないが、私からすれば選曲か映像の撮り方・割り方がどこか間違っていた気がする。

 日本のCMであれば、サントリーほどの大会社であればこういったアンマッチングは発生しないと思うが、中国ではサントリーであってもまだこういった不出来なCMになるということは、クリエイティブ分野でのバランス・センスを持った人材が不足しているということである。

 上海のイベントや結婚式などを見ても恥ずかしくて目を覆いたくなるほど、バランス感覚に欠けた演出が当たり前のように行われている。

 ああいうものを見ていると、どうにかしてあげたいといつも思うのだが、音と映像の基礎的なバランス感覚を伝えるのはなかなかな難しいものである。

まやかしの地下鉄開通情報

 中国のニュースをチェックしていると、「○年○月に地下鉄○号線開通が有望!」などという記事をよく目にする。

 それを見て、ああようやくあそこも鉄道が開通することになったのだなと、楽しみにしてその情報を心に留め置くのだが、肝心な“その時期”になっても一向に開通ニュースが伝わってこないということがままある。

 あれ、ニュース見逃したかな?と思って検索してみるがやはり見つからない。
 どうやら事前報道から後に変更があったようで、まだ開通していないのが事実であることが分かる。

 うーん、どうしたんだろう?
 と思っていると、その路線に関してまたまた「○年○月に開通か?」のような記事が登場する。

 詳しく読むとトンネルが貫通したとか車両契約が締結されたとか、今頃そんなこと言っているのか?という事実が根拠になって記事が書かれている。

 つまり前回の開通報道時にはまだ開通できない状態だったことが分かる。

 何故こういう風になるのだろう?

 気になって過去のニュースを再度探して見ると、実はこういう地下鉄開通ニュースを出しているサイトは不動産関係のサイトであったことに気が付く。

 ははーん、そういうことか。

 つまり不動産関係のサイトが不動産売買の活性化を促すために、かなり適当なソースを基にニュースの捏造に近いことをやっているという憶測が成り立つのだ。

 あるいは地下鉄関係者やもっと上部を巻き込んで、開通する見込みが立たないのに差しさわりの無い範囲でわざと適当な開通時期や進捗状況を語らせ、それをニュースにして新線開通情報を流して投機熱を煽り、不動産価格のつり上げや販売促進を狙っているのではないか?

 どうもそういう勘繰りが出てくる。

 日本だと組織ぐるみなどということは少なそうだが、中国だと有り得そうな話である。

 実はこういった思わせぶり報道は天津の地下鉄に顕著に出てきている。

 9号線とか2号線は去年の夏に「秋には開通か?」などと期待を持たせるニュースが出ていたにも関わらず、半年以上経った今でも開通の気配が見えず、新たな開通情報ばかりが独り歩きしている。

 果たしていつになったら開通するのか?

 まやかし情報に振り回される「やるやる詐欺」はもう沢山である。

樹木希林さんのCM

 中国にいると日本の過去の映像ストックが百度で簡単に検索できる。

 もちろん基本的には違法コピーだと思われるが、そうとは分かりつつもついつい色んなあれこれを探して見てしまう。

 そんな中で最近ハマったのは女優の樹木希林さんの登場するCM映像。
主に富士フィルムとNICOSのCMなのだが、この15秒か30秒の作品が非常に面白く次から次へと見てしまった。

 お正月関係とかほとんどが7~8年前の映像なのだが、樹木希林さんが毎回いい味を出しており、時にはクスッと、時にはホロッと、そして大笑いさせてくれる。

 CMとはいえ非常に味わいがある。

 もちろんCM作家の能力によるところも大きいと思うが、やはり樹木希林さんあってのこれらのCMである。
 日本に女優多しといえどもこんな味わいを出せるのは彼女だけだろう。
 見終わって笑ってすっきりさせてもらった。

 疲れた心に樹木希林さんのCM、これはおすすめである。

一番のお気に入り↓
田村正和さんと共演したNICOSカードさんのCM(中国土豆網サイト)

美辞麗句

街中で見かけるポスターや電車の中の動画のCMでは、女優さんたちが非常に人工的な笑顔を振りまいているが、私は未だにあれに慣れないでいる。

笑顔が自然じゃないというか、その作りすぎの表情に気持ち悪ささえ覚える。中国の女優さんはどうしてあんな不自然な表情を笑顔として振りまくことができ、またこの社会はあれを受け入れることが出来るのだろうと不思議に思うところがある。

 私は日本時代に芝居をやっていたということもあって、ああいいった表情の作り方には非常に敏感で、自然な笑顔かどうかは見ればすぐ分かる。
笑顔も作りすぎてしまえば、笑顔として伝わらず、結局は表情の美辞麗句となる。

美辞麗句」とはつまり

巧みに美しく飾った言葉。うわべだけ飾った内容の乏しい、また真実味のない言葉の意。>(goo辞書より)

であり、つまりこの場合は笑顔がうわべだけの表情であることがミエミエになってしまうということができる。

 そんなうわべだけの笑顔を投げられても、受け取った方は却って相手の裏ばかりが見えてしまい気持ち悪い。現実との差があり過ぎるのである。
あと何年たったらあの笑顔が自然な表情になるのだろうか、こればっかりは文化かもしれないのでちょっと予測がつかない。

和解できたのがせめてもの救い

プロ野球日本ハムコーチの小林繁さんが急死した。57歳という若さである。
俗にいう空白の一日は私が小さい時の話だったので、当時は状況を知らなかったが後になってニュース記事を読むと、小林繁と江川卓という二人の投手が運命に翻弄されていたことがよく分かる。
その後、双方引退後、プロ野球解説者などの道をお互い歩みながらも現場で顔を合わすことがあっても会話はなかったという。二人とも避けていたつもりはないが、積極的に向き合うようなこともなかったようだ。
 お互い、気にしていないようでやはり心の中にどこか整理しきれないものがあったに違いない。

 その二人を引き合わせたのが2年前の黄桜酒造のCM。
 いわゆる「和解の酒」のエピソードである。
もちろんお互いが会うことは承知していたが、事前打合わせなく、CM撮影の現場でぶっつけ本番で会うシーンを撮影したあのCMである。

CM狙い通り二人はこのCM内で和解した。

その後たった2年で小林繁さんは亡くなってしまった。
早過ぎる小林繁さんの死にはただ驚くばかりだが、
死ぬ前に彼らが和解できたことがせめてもの救いだ。

故人のご冥福をお祈りいたします。