Monthly Archives: 4月 2012

24時間の強要の社会

 また日本で交通事故が起きた。

 深夜に金沢からTDLに向かうバス。

 運転士が居眠りをしていたということで、まあこの運転士や運営会社の責任は免れないところではあるが、それにしても深夜バスである限り、このようなリスクは避けられないような気がする。

 それにしても日本をはじめとして、社会の中にはありとあらゆる場所で24時間稼働が強要されている。

 今回の深夜バスは分かりやすい例であるが、走っているバスだけでなく高速道路を運営する会社や、それを監視する交通機動隊、さらに病院などは当然24時間体制で動いている。

 そしてその背後には、携帯電話やインターネットを支える通信会社、その電力を支える電力会社や発電所勤務の人などもやはり24時間稼働だ。

 

写真はイメージ

写真はイメージ

今の社会は当たり前のように24時間電話が繋がり、水道をひねれば水が出て、スイッチを突ければ電気がつく。

 我々はこのような24時間同様のサービスが提供されることを当たり前のように強要するのだ。

 強要しているつもりはないという人もいるかもしれないが、夜中に突然電気が切れたり、銀行でお金が下ろせなかったら誰だって文句を言うだろう。

 結局はそうやって24時間稼働していることを自分ではない誰かに強要していることになり、誰かに24時間稼働を強要するということは、その誰かは朝起きて夜寝るというサイクルではない時間帯で生活していることになる。

 まあ他人事だと思えば睡眠時間さえ足りていれば問題ないと思うか知れないが、夜起きて昼に寝るという生活サイクルの逆転は本人の体に何らかの無理を要求することになる。

 今回の事故を起した運転士だって、それなりの注意を払って生活していたに違いないが、どこか体調を調節しきれず居眠り運転に繋がってしまったのだろう。

 今回犠牲になってしまった人達には気の毒だが、深夜バスというのはやはりそれなりにリスクが伴うし、24時間稼働を要求し過ぎている我々への警鐘という気がする。

 24時間稼働の全てを否定する気はないが、こういった人の体に無理をさせることによりリスクが増大するような24時間の強要は社会としてなるべく避けるべきであろうと思う。

春なのに高い空

「天高く」とは晩秋の空の枕詞だが。、今日の上海の空は雲が高かった。

上海の春の空

上海の春の空

風が強いせいもあるのか、黄砂の影響とかはあまり感じられない。
 とにかく陽射しの強さがとても暑く、朝早く行動したせいもあり夕方にはつかれてしまった。
 でもこういう空を見ると気持ちが疲れが心地よく感じられる。

外灘の時計台は何故時計台と呼ばれないか?

上海外灘の海関時計台

上海外灘の海関時計台

 写真は有名な外灘の風景だが、右側に映っているのが海関(税関)の建物で建物上部に時計台が乗っかっている。

 時計台があるということでシンボル性があって上海の外灘の写真には必ず紹介されるこの建物であるが、説明文章では上海税関と紹介されることはあっても時計台を主としてはあまり紹介されない。

 Googleで「上海」「時計台」と検索をしてみても、確かにこの建物の情報は出てくるものの、ラーメン屋の情報が混じったりしてきて「時計台」という言葉で絶対的な地位な存在となっていないのがこの建物である。

 我々日本人からすると、こういった建物の外観であれば税関であることよりもまず「時計台」と呼ばれて然るべきだという気がするがそうはなっていない。

 ロンドンのビックベンや札幌の時計台など、一般的に時を告げる建物はその街の中心でシンボル的役割を担っていて、時を告げること自体が重要な役割になっている訳で、時計ではないが日本のお寺の鐘なども同様の役割を負い日本中に存在する。

 しかしである。

 上海での紹介のされ方からわかるように少なくともこの上海の建物は時計台であるよりも先に税関の建物としての価値が重要になっている。

 つまり、中国では時を告げるという機能が税関より低い価値で扱われ重要視されていないことがわかる。

 時を告げる価値が重要視されていないということは、即ち中国人は時刻を知ることを必要としていないということに繋がり、つまり時計を必要としてないことに繋がる。

 中国に暮らしていればすぐわかることだが、上海市内には日本に比べれば驚くほど時計が少なく意識的に探さないと時計を見つけることができない。

 例えば日本だとどんな駅にも大きな時計がいくつも設置されているが、中国では駅でさえ時計を探すのが難しく、一生懸命探さないとなかなか見つからない。

 一応列車情報案内板の中には確かに時刻が表示されているが、すぐそばまで近寄らないと見えない程に字が小さく、とても時間表示が大事にされているとは言い難い状況なのである。

 こういう状況の中で暮らしていると、中国人が時間にルーズであると言われることに非常に納得する。

 確認する手立てが少ないので、時間を守るという意識が育たないのだ。

 そういえば中国語の語彙の中には日本語ほど時間を表す言葉が多くないようにも感じるし、時間帯があまり細かく表現される機会も少ない。

 さらにインターネットで時計の歴史を調べてみても中国に関する記述は非常に少なく、火薬や紙を発明した技術はあっても時計の開発には必要性を感じなかったということになるだろう。

 つまりあの外灘の建物は、恐らく当時の人間の見栄で西洋式に恰好つけて時計台を乗っけて建ててはみたものの、結局時間を重要視しない文化の中国人にとってはあまり意味のない時計機能だったことから、時計台としては認識されずに税関の建物として歴史を経てしまったのだと思われる。

 上海人たちの物まねグセと見栄っ張りなところは昔も今も変わっていないのである。

 まあこうなると逆に中国中に時計を送れば時間を守る癖をつけさせられるのではとも考えてみたが、時計を送る意味の「送鐘」は葬式を意味する「送終」と発音が重なり縁起が悪いとされ、文化的も障壁が存在してしまっているため、それも容易ではなさそうである。

 とはいえこんな話、最近は実は時計を拒否する(時間を守らない)言い訳が起点だったのではないかという気がしてしまうのは中国人の嘘に慣れてしまったからであろうか。。。。

私の借金割当て940万円

 昨日の小沢さんの無罪判決によって、またまた日本の消費税論議が沸騰してきた。

 小沢さんの動向には直接興味がないものの、日本の財政状況くらいの知識は捉えておく必要がある。

 そんななかで下記のような「リアルタイム財政赤字カウンター」なるものを見つけた。

 それによると、日本の借金全体は1200兆円、国民一人当たりになおすと940万円ということになり、約1000万円近い数字となるとのことだ。

 国の借金だけに絞っても705兆円、一人当たり553万円となる 

 ぶっちゃけ、私もこれを読んでいる人も全てこの金額の借金を背負っているという数字で、家族がいればその倍数ということになる。

 940万円、、、家のローンならともかく、個人の借金としてはちょっと気が重くなる数字だ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ、上記のサイトの脇に広告のあった書籍著者のエコノミストに言わせれば、日本は国有財産が600兆ほどあり国民一人あたり470万円ほどあるから、1000兆という数字は鵜呑みにできないとしているようだが、どう説明してもその借金自体が無くなるというわけではない。

 気になっていろんな数字を一人当たりに直してみたのだが、こうすると現状への認識が少しリアルになってくる。

 まず国家予算は90兆として計算すると1人あたり年間70万円の負担の予算となる。

 しかしこのうち自前の租税収入は27万5千円で、残りの43万円ほどは公債で賄われつまり毎年新たに背負う借金を43万円増やされていることになる。
 うーん940万円の借金を抱えながら、43万円の新規の借金が増えるとはまさにほとんどカードローン地獄の状態である。

 もちろん、これは仮定ではなくリアルな数字であるから恐ろしい。

 個人の借金なら最悪自己破産という手段もあるが、国家単位でそんなことができるわけなく、もし実施すれば信用は地に落ち借金地獄より苦しい国の未来が待っている。

 じゃあ支出を減らして収入を増やせと言う話になるが、今話題の消費税を10%にした時の増える税収見込みは10兆円ほどと言われ、国民一人当たり7万8千円となる。

 そして支出の方だが国会議員や公務員を減らせとよく言われるが、国会議員に対する政党助成金と歳費の支出合計は確か550億円ほどで国民一人当たり430円の負担に過ぎない。

 公務員は国家公務員全体の給与が3兆円ほどと言われるところから計算すると、一人当たり2万3千円程度を負担していることになる。
 (但し警察など地方公務員の給与計は35兆円で一人当たり27万円の負担らしい)

 整理すると、毎年70万円の支出のために43万円の借金を増やし、その総額が940万円となっていて限界に近づいている状態がリアルな数字。

 それを現状として今後27万円しかない収入に消費税で7万8千円増やして、少しでも足しにする選択をするか、或いは違う収入を探せるかどうか。

 また支出として70万円の支出の中から、2万3千円の公務員負担支出を減らすか、430円の国会議員への負担支出も減らすか、或いはもっと減らせる部分があるのかどうか?

 まあどういう判断をするかは我々国民の選択となるが、反対を騒いでいるわけでは借金は背負わされる一方だし、正しい数字の大きさを認識しなければ、細かい議論に囚われて本質を見逃すということになりかねない。

岡田監督の杭州緑城チームが苦戦中

 去年だかに日本のサッカーの岡田元代表監督が浙江省杭州のクラブチームの監督に就任したというニュースを見たと思うが、その後実際どうなったのか今日突然気になった。

 就任以降、日本語ソースも中国語ソースもとんと情報を見ていなかったが、どうやら調べてみると中国のスーパーリーグは開幕していて、既に7試合ほど消化した状態らしい。

 で、戦績はというと彼の杭州緑城チームは今日4月26日現在で1勝4敗2分けで16チーム中の最下位16位という位置に沈んでいるらしい。

 得点も7試合で3点だけと、かなり寂しい状態で当然2点以上とった試合が1回もないような状態のようだ。

 まあ元日本代表監督として鳴り物入りで入ってきた割には成績としてはまだ実績らしいものはなく現状としてはとても寂しい状態に見える。

写真はイメージ

写真はイメージ

 しかしである。

 彼の動向を詳しくチェックしている日本語サイトなどを見ると、成績はともかく周囲からの評判はそれほど悪くないらしい。

 というかどうやら評価が高いようなのだ。

 例えば就任早々に、コネ入団などなぁなぁで在籍していたような選手のクビをすぐに切ってヤル気のあるユース選手と入れかえたり、チームプレーをしない外人選手を外したり、とにかくプロたるは何たるかを一生懸命叩き込んでいるようで、そのしがらみに縛られない動きの良さが評価されている。

 故に成績を求めること自体はこれからということになるようだが、オーナーさえ短気にならなければ、現状の動きを見ている限りでは数年後にはいいチームになる可能性はありそうである。

 とはいえ、彼も中国に来た日本人の例にもれず我々同様に中国人という異文化星人には苦労しているようで、試合中に控え選手が電子ゲームで遊ぶといった子供のような中国人選手たちには日々手を焼いているらしい。

 まあただそういう姿も、W杯の出場国監督として世界の舞台を経験してきた彼が、また改めてゼロに近い状態からスタートして頑張っている証しなわけで、その姿は外から見ていて面白い。

 日本代表監督時代、W杯直前のあまりにもふがいない姿に私も彼を叩いたこともあったが、今は新天地で何もない状態からスタートできる彼が羨ましくもある。

 明日もACL常連の大連実徳チームとの対戦があり、まあ今の現状からいくと勝つのは難しそうだが、焦らず数年後の活躍を目指した本当のプロといえるチームを作って欲しいものである。

原文