岡田監督の杭州緑城チームが苦戦中

 去年だかに日本のサッカーの岡田元代表監督が浙江省杭州のクラブチームの監督に就任したというニュースを見たと思うが、その後実際どうなったのか今日突然気になった。

 就任以降、日本語ソースも中国語ソースもとんと情報を見ていなかったが、どうやら調べてみると中国のスーパーリーグは開幕していて、既に7試合ほど消化した状態らしい。

 で、戦績はというと彼の杭州緑城チームは今日4月26日現在で1勝4敗2分けで16チーム中の最下位16位という位置に沈んでいるらしい。

 得点も7試合で3点だけと、かなり寂しい状態で当然2点以上とった試合が1回もないような状態のようだ。

 まあ元日本代表監督として鳴り物入りで入ってきた割には成績としてはまだ実績らしいものはなく現状としてはとても寂しい状態に見える。

写真はイメージ

写真はイメージ

 しかしである。

 彼の動向を詳しくチェックしている日本語サイトなどを見ると、成績はともかく周囲からの評判はそれほど悪くないらしい。

 というかどうやら評価が高いようなのだ。

 例えば就任早々に、コネ入団などなぁなぁで在籍していたような選手のクビをすぐに切ってヤル気のあるユース選手と入れかえたり、チームプレーをしない外人選手を外したり、とにかくプロたるは何たるかを一生懸命叩き込んでいるようで、そのしがらみに縛られない動きの良さが評価されている。

 故に成績を求めること自体はこれからということになるようだが、オーナーさえ短気にならなければ、現状の動きを見ている限りでは数年後にはいいチームになる可能性はありそうである。

 とはいえ、彼も中国に来た日本人の例にもれず我々同様に中国人という異文化星人には苦労しているようで、試合中に控え選手が電子ゲームで遊ぶといった子供のような中国人選手たちには日々手を焼いているらしい。

 まあただそういう姿も、W杯の出場国監督として世界の舞台を経験してきた彼が、また改めてゼロに近い状態からスタートして頑張っている証しなわけで、その姿は外から見ていて面白い。

 日本代表監督時代、W杯直前のあまりにもふがいない姿に私も彼を叩いたこともあったが、今は新天地で何もない状態からスタートできる彼が羨ましくもある。

 明日もACL常連の大連実徳チームとの対戦があり、まあ今の現状からいくと勝つのは難しそうだが、焦らず数年後の活躍を目指した本当のプロといえるチームを作って欲しいものである。

原文



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com