Tag Archives: 黄砂

咳で失神して倒れた!

 毎年春の季節は体調が不安定になるのであまり好きな季節ではない。

 その理由の一つに、花粉や黄砂などの原因により呼吸器官にアレルギー的な反応が多く、咳き込んだりすることが多いからである。

 もちろん、自分としても例年身体の抵抗力が下がらないようマスクやマフラーを常に使用するなど、気を使い続けてはきている。

しかし、今年はちょっと失敗しをしてしまい、4月2日の急激な気温の低下の日に服装の調節に失敗し、抵抗力が著しく低下し体調を崩した。
 抵抗力が落ちると再発するのは副鼻腔炎とそれに伴う気管支の咳である。

副鼻腔炎の薬

 まあ直後に日本への一時帰国の予定もあったので、色んな薬を飲みながらだましだまし症状を押さえていたのだが、その日本から戻ってくる行程でちょっと無茶をしてしまったため、さらに体力が落ち、上海に戻ってから症状がまた強くなった。

 そして、先週の金曜に事件は起きた。

 長年の知り合いの送別会に呼ばれて酒席に参加したときのことである。

 本来なら酒席には参加したくないタイミングだったが、古い友人の帰国なので断りきれなかった。

 で、酒の量を抑えつつ飲んでいたので、酒量としては多くなかったのだが、途中で気管支が苦しくなり、発作的な咳が出そうだったので、ハンカチで口を押さえつつ部屋の外に出た途端に、頭がくらくらっとなった。

 次の瞬間、人に助けられて「大丈夫ですか?」と声をかけられている自分がいた。

 どうやら、瞬間的に気を失って失神して何秒間か倒れていたようである。

 そして倒れた時に額を少し打ったらしく、やや痛みがあった。

 しかしその頭の痛みはほとんど気にならず、体全体は失神する前より体が楽になっていた。

 昔、柔道をやっていた際に経験したように締め技で落ちたような感覚で、苦しいというより気持ち良いくらいの感覚だったのである。

 後から周りの人間に俺どうなってたの?って聞いても、周りの人はびっくりして倒れていたとしか答えてくれなかった。
 その後は、咳の発作も収まり何事もなく、宴席の最後まで過ごすことは出来たがどうもその瞬間のことが思い出せなかった。

 あれは何だったのだろうと、後からインターネットで調べてみると、激しい咳で呼吸困難というか、脳への酸素供給が不足すると短時間の失神が発生することがあるらしく、私の症状もそれだったようである。
 
まあ失神の原因を知って安心したような、怖い様な状況である。
酒が直接の原因ではないとはいえ、疲れているときは無理すべきではないなと自分の年齢を悟った今回の失神事件であった。

黄砂の咳

 ここのところ、自分の健康にとってあまりよくない状況が続いているが、今度は咳の発作のようなものが頻繁に起きるようになった。
 風邪かなという推測もあるが、咳以外の症状はあまりなく、実は毎年この時期に同じ症状で結構苦しんでいるので、私の咳は「黄砂の咳」ではないかという推測をしている。
 黄砂はご存知の通り、春先から初夏にかけて黄河上流の中国内陸部のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などから飛んでくる砂の粒子で、中国はおろか日本へも影響のある気象現象となっている。
 黄砂を吸い込むと、喘息と同じような発作が起きるとされ、空咳が出て、気管支が炎症を起こしたりして苦しいとされる。
 3月〜5月がピークとされ、特に多いのが4月といわれるので、まさに私のこの状況にぴったりで、症状もあてはまる。
 ゆえに、どうもここ数日の苦しい咳は黄砂が原因のようなのである。

で、どう対処するかだが、基本的には花粉症などのアレルギー対策と同様の防御策が基本となるようだ。
 風邪ではないので、風邪薬などの対処ではうまくいかないのである。
 私の場合、アレルギー反応を防ぐ抗ヒスタミン薬を飲むと症状が緩和されるようなので、まずはこの薬を飲むことにした。
 さらに、ムコダインなどといった痰キレを良くする薬で、体内から黄砂を出す処置をすることで、だいぶ回復に向かっている気がする。
 とりあえず、自分としてはこの処置だけで、しばらく様子を見てみることにした。  
 人によっては、黄砂はもっと悪質だからこれでは不足だという説もあるようだが、黄砂が原因ならばあまり複雑な処置は逆に体に悪いという気がしている。
 そう考えれば下手な病院に行って下手な処方されてしまうと症状が悪化しそうなきがしており、こういった原因がほぼ特定されている症状の場合は、うかつに医師にはかかわらないほうが安全だと考えている。

春なのに高い空

「天高く」とは晩秋の空の枕詞だが。、今日の上海の空は雲が高かった。

上海の春の空

上海の春の空

風が強いせいもあるのか、黄砂の影響とかはあまり感じられない。
 とにかく陽射しの強さがとても暑く、朝早く行動したせいもあり夕方にはつかれてしまった。
 でもこういう空を見ると気持ちが疲れが心地よく感じられる。