Tag Archives:

中国がまだ旧暦を併用する理由

日本ではとっくの昔の明治5年に捨ててしまった太陰太陽暦(旧暦)だが、中国ではまだこの太陰太陽暦が生き続けている。
そのため1年の始まりを示す正月は、春節と呼ばれて未だに太陰太陽暦に基づいて行われる。
もちろん、これだけ世界との交流が激しくなっている現代では中国でも太陽暦(グレゴリオ暦)を公式暦として使用して、世界との共通軸を持つようになったのではあるが、一方で太陰太陽暦も捨てないでいる。

それは何故か?

その第一の理由として考えられるのは、太陰太陽暦の基礎となっている月の動きが実際の生活に大きな影響を与えているからと考えられる。
月の動きが生活に影響を与える代表と言えるのが潮の干満による水の動きである。

中国の沿海部は大陸棚の影響か浅い海底が多く、渤海湾などは干満の差の大きい場所として知られており、そこに繋がる黄河なども干満の影響を受け、満潮時の黄河周辺では洪水などのリスクが高まる時期となる。

同様に東西に長く伸びる長江でも影響は小さくなく、河口から1000キロ上流の武漢まで影響があると言われている。
さらに逆流で有名な杭州湾奥の 銭塘江なども潮の干満に影響を受けるため、月の状態によって洪水のリスクが左右される。
そもそも彼の地の逆流は潮の干満によって引き起こされている現象である。

銭塘江の逆流

このように中国では、各地に潮の干満によって影響を受ける地域が多く、そのためその基になる月の状態を暦によって知る必要がある状況となっている。

中国に限らず、太陰太陽暦を採用している地域は軒並み潮の干満差の激しいところであり、ペルシャ湾に面するメソポタミア文明でもやはり太陰太陽暦が採用されている。

逆に地中海のように地形上の理由で潮の干満の影響をほとんど受けないエリアでは、太陰太陽暦はほとんど採用されず、エジプト文明やローマ帝国などでは太陽の動きだけを基にした太陽暦が用いられているのである。

つまり潮の干満を知る必要がある中国では太陰太陽暦を捨てきれないのだと考える。

中秋の名月

中秋の名月(2013年9月の満月)

第二の理由として、植物や動物の生きるリズムが、月の動きに影響を受けていることが知られており、農業や漁業などに影響を与えているからだと考えられる。
例えばウミガメの産卵周期は海の干満と一致するし、海で育つ牡蠣なども干満の周期が大きく影響を与えているとされ、農業の上でも、太陽暦ではなく、太陰太陽暦を基に種まきなどを行うと成育が良いとされる。

それ故に、太陰太陽暦で月の動きを把握して行動する必要があり、太陽の位置だけを基にした太陽暦だけでは農業も漁業も都合が悪いのであろうと考えられる。
つまりそのために中国では現代でも新旧暦併用の状態となっているのだと思われる。

このことから考えると、日本の暦が明治の初めまで太陰太陽暦で、明治のタイミングで太陽暦に切り替えられたというのもなかなか興味深い変遷とみることができる。

古代飛鳥時代に他の文化同様に太陰太陽暦の暦を中国から輸入したというのは、単に中国から文明を学んだというだけではなく、海に四方を囲まれた日本にとっては、潮の満ち引きの大きさがわかる太陰太陽暦は都合が良かったから定着したとも推測でき、農漁業を行う上でも都合が良かったのだろうと考えられるのである。

逆に明治になって暦を切り替えてあっさり旧暦を捨てることが出来たのは、技術の進歩などにより潮の満ち引きなどの生活への影響がかなり克服された状況にあったからではないかとも推測される。

もちろん太陽暦の導入は明治政府の政治的意向(財政対策とか)があったにせよ、旧暦を捨てるにはそれなりの環境が整っていることが必要だったと私は思うのである。

ここが現在も旧暦を併用する中国との大きな違いと考えられ、現代の日本は海の干満によって洪水などということはほとんどなくなったが、中国では陸地の規模が違うために現代でも干満が非常に大きな影響を与えている状況であり、それ故の月の動きの把握が必須であり、太陰太陽暦を使っているのであろうに思われる。

現在は旧暦と呼ばれてしまっている太陰太陽暦だが、その内容をつぶさに見ていくと、単なる精度(誤差の多少)だけでは片付けられない面白い要素が沢山あり、中国ではそれがまだ生き残っているということに物凄く興味深い意義が感じられるのである。

ブルームーンは意味のない誤解の産物

 先日の7月31日は満月で、一部ではブルームーンと呼ばれ騒がれていたようだが、何故世間がこのブルームーンを騒いでいるのか私は全く理解できないでいる。
 世間が言うには1ケ月に2回満月があることは珍しいことだからブルームーンだというのだが、このことがまず何も意味を持たないと思うのである。
 1か月2回の満月というのは単に太陽暦で定めた暦より、月の満ち欠け周期が短いから時々起こりうるだけであり、人間が勝手に区切った時間の長さの中で、2回になってしまったということで、人間が勝手に決めたものである。

 つまり天体現象としては何ら特別なことが発生していない普通の満月でしかないのに、人間が勝手に時間的枠をはめて特別な満月だと思い込んでいるだけの状況である。

まあ、これが占星術上のブルームーンとして判断するなら、同じ星座期間中に2回満月が発生するのは、月の配置や角度を重要視する上で特別なことであると言えなくはないが、少なくとも一般の生活暦の中での月2回の満月は全く特別な意味を持たないのである。

さらに、この2回目の満月がブルームーンと名付けられた経緯を見ると、天文雑誌の誤解によって広がってしまったようであり、結果として命名の実際上も何の根拠を持たないものが出発点だったものとなっている。
 つまり名実とともに「ブルームーン」などと特別な言葉をつけるほどの意味のない普通の満月現象である。
恐らくロマンチック商法のイベントのきっかけが欲しいお菓子業界などが勝手につかっているのではないかという気がしている。
 世間には意味のないものの勝手に価値を作り出して売りつける商売上手な人が多く、その物事の根拠に本当に意味があるのかどうかしっかり見極めてから行動しないと、無駄に踊らされるだけのような気がするのである。

春節にあって元日にない根拠

春節(旧正月)にあって元旦(元日)にないもの。

答えから先に書くとそれは暦の上でその日を定める根拠ということになる。

「旧暦」つまり月の動きを使った太陰暦をベースにした中国の正月である「春節」の日は、毎年「新月の日」と決まっている。

春節の花火2011

春節の花火2011

それゆえ西洋のグレゴリオ暦を使っている我々日本人からすれば、春節は毎年の日付が移動する為に不便さを感じる面は少なくなくないが、春節の決定はきちんとした暦の考え方、つまり月の動きに基づいて決まっているので、何らぶれることが無い。

同様に例えば旧暦の7月7日の七夕は必ず半月であり、伝説の由来から言えば月が天の川を渡る舟になったということから、七夕の月は人が乗るため半月でならなくてはならないので「7日」となっているなど、それぞれに根拠がある。

さて振り返ってグレゴリオ暦を調べてみると、その1年の精度は非常に高いものがあるものの、肝心のスタートとなる1月1日元日の設定にはほとんど根拠がないようだということが分かった。

確かにグレゴリオ暦の精度が高いため、毎年の1月1日の黄道上の位置はほぼぶれることが無いようなのだが、問題は何故そのタイミングが1月1日と設定されたかということになる。

太陽の動きをベースにするグレゴリオ暦の精神に従うのなら、本来の元日の最も分かりやすい基準は「冬至」であり、冬至が1月1日なら春分は4月1日前後、夏至は7月1日前後、秋分は10月1日前後と太陽の位置と月の区分の仕方がほぼ一致することになる。

まあ1年が正確に365日ではなく、365日と5時間45分45秒ほどと半端であるから夏至の日付などそれぞれは一定しないかもしれないが、この点に関しては太陽暦なのになぜ「月(month)」という制度がそのまま残ってしまっているかを考えると、夏至の日付が一定しない不合理な理由は「月の定め方」にあると言える。

今の暦では月の定め方として毎月の日数が同じでないばかりか、その大小の月の並び方にも一定性がなく、しかも閏年の閏日(2/29のこと)の挿入時期だってよく考えれば中途半端である。

この太陽暦と月の定め方についてはグレゴリオ暦の前身であるユリウス暦採用の紀元前153年まで遡ってしまうのだが、どうやら当時の宗教的政治的思惑で月の日数配分が決められたらしく、それが変えられないまま現代まで2000年以上も続いてしまっている。

それ故に現代のグレゴリオ暦の中では、冬至でも何でもない黄道上のある地点が、ぽつんと1月1日の元日として定められ、我々日本人はその日を「初日の出」だの「正月」だのと言って大切にしてしまっていることになる。

まあ伝統行事の形と言ってしまえばそれまでだが、日本がグレゴリを暦を導入する前の天保暦などのほうがよほど天文学的に根拠のある正月を定めていたと言えるはずなのに、今は根拠があるのだかないのだかよくわからない日を元日・元旦と言って崇めている我々がいる。

これもどうやら当時の明治政府の政治的思惑によってグレゴリオ暦に改暦させられ(一説によると13か月目の給料を払いたくないから12か月の制度に移行したとも)た時にこうなってしまったようで、その時に変えられてしまった正月の設定が実は現代まで続いている。

ゆえに現在では真冬の寒さ真っ只中の季節に「新春」などピンと来ない言葉を書くことになる。

こうして考えると日本の伝統文化を有形無実にした罪は明治政府にあるとも言えるのである。

本来はグレゴリオ暦の導入と同時に二十四節の設定をきちんとやり直し、文化季節は文化季節として残し、例えば中国のように春節(旧正月)を正月とする制度を残せば、今のような「形だけの正月」を祝うような文化にはならなかったはずなのに、残念ながら今の日本の正月は「形だけの根拠の無い正月」になってしまっているのである。

まあ、このように不合理な面がいっぱいの現代のカレンダー制度であるが、世界中が長い間これに基づいて動き、今ではコンピューターなどの面でもシステム化されてしまっているため、今更不合理だと気付いても変更というのはほぼ有り得ない話ではある。

しかしせめて地球に生きる生物として季節文化を大切にしていくため、二十四節季のようなものは再定義をして、太陽の動きに基づいた季節を計りやすい物差しをつくり、それに合わせた社会の季節行事を再定義してもいいのではないか、中国の春節制度を見ていてそう感じざるを得ないのである。