Tag Archives: 祭り

仙台七夕まつりの日程の不思議

 先日の2018年8月17日は旧暦の7月7日にあたり七夕で、中国的に言うと夏の情人節つまり夏のバレンタインということになる。
 この日は、婚姻届の件数が増えたりする現象も起き、ちょっとしたイベントデーとなる。

 ところで日本で七夕といえば新暦で行われる7月7日の七夕の他に、仙台の七夕まつりが有名だがこの仙台の七夕は何故か8月7日前後に行われる。
 なぜ8月7日に行われるかについて、勝手に「旧暦」だと思い込んでいる人もいるようだが、今年の旧暦の7月7日が新暦の8月17日であったことから分かるように、仙台の七夕祭りの8月7日は旧暦ではない
 いわゆる月遅れの実施のために8月7日という日程が選ばれているということになる。 
                                                      
 前回「東京のお盆」についても全く同様のことを書いたが、明治5年の明治改暦によって従来の太陰太陽暦から太陽暦(グレゴリオ暦)に変更されたため、基準となる1月1日が毎年一か月以上ずれてしまうことになった。

 これにより、従来の日程のまま伝統行事を実施すると季節感が全く合わなくなってしまうので、月遅れの中暦という暦を設定し、七夕やお盆は新暦の日付の1か月遅れで実施されることになった。

 これが現在8月7日に七夕が行われる由縁である。

 しかし、一か月遅れにしたおかげで季節感的にはなんとかマッチングできたものの、やはり太陽暦上で日程を設定したが故に月の満ち欠けは無視されることになり、七夕なのに半月にならず満月や三日月の晩となってしまうのが仙台の七夕の日程である。

 まあ日本では現在でも旧暦を復興する動きはほとんどないが故に、仙台の七夕祭りも今後も永遠に月とは無関係の日程で行われていくのかもしれないが、やはり行事の由来を考えると伝統とは言えちょっと残念ではある。

「日本選挙祭り」のようだ

海外からだとネットツールなどを通してでしか情報が得られないので、実際のところがどうなのかわからないが、どうやら今回の選挙は政権交代の可能性も高いと見られるだけに非常に盛り上がっているように見える。

 特に伝えられている写真だけをみると8月という季節柄もあって選挙という「お祭り」が行われているように見えてしまう。

 今回は帝国議会選挙以来の8月投票らしいのだが、実は8月の選挙だから盛り上がっているのではないかという気がした。
 8月は日本全国お祭りの季節であり、いろんなことに活気がみなぎり盛り上がる季節である。

 国政の行く末を決める選挙をスポーツに例えては不謹慎だが、格下が格上に接戦を演じて打ち破って上昇していくという図式が非常に好きな国民であるだけに、ずーっと横綱を守ってきた与党をぐんぐん成長してきた新進気鋭の野党力士が破る姿を見るのは痛快であり非常に盛り上がる。
 かつての貴花田関(後の貴乃花)が大横綱千代の富士を破った一戦もそんな盛り上がりの中で行われたのはまだ記憶に残るところである。

 また8月は高校野球の季節でもあり、人々が白熱の戦いを演じる季節である。有力伝統校がすんなり優勝するより、それを粘り勝ちで無名校が破る試合を、暑さの中の観客は見たがる。

 そんな番狂わせを望む観客が多い8月の舞台、普通のスポーツの試合は選手が戦うだけだが、選挙は観客ならぬ有権者がその勝敗の鍵を握っているだけに余計に不利だ。

 それでなくても与党側は平均年齢が高く、暑さの中の選挙戦は体力の面で不安があり、8月の戦いは非常に厳しい。

 故に今まではそういった体力不安の面や、選挙戦が盛り上がっては困るという与党側の思惑で8月の選挙は避けられてきたのではないかと思うほど、長いこと8月の選挙は行われてこなかった。

 そう考えると、解散のチャンスを幾度と無く先送りしてきた与党は、結局最も分の悪い「8月の熱く盛り上がる選挙」を選択してしまったことになる。
 この8月の「日本選挙祭り」、いよいよあさってクライマックスを迎える。