Tag Archives: リストラ

ニヤケ顔でリストラを語る日本人

 以前の会社で、中国人社員の待遇にトラブルを抱えていた時があった。

 まあ内容そのものは冷静に語れば済む話であったようなのだが、中国人社員側が頭に血が上っていていて、取りつくシマがないような状況になっていた。

 そこで交渉にあたっていた日本人が業を煮やしたのか私に

「リストラしちゃおうっか?」

とニヤケ顔で言ったのである。

 私はその表情と言葉に気色悪さを覚えた。

 まあ、会社の業務の進行に支障があれば、リストラというのは一つの経営判断して下さなければいけない事項かも知れないが、少なくともその決定には人一人の生活が懸かっており、また会社の業績にも影響が出る判断なので、ニヤケて言う言葉ではないはずである。

 それにも関わらずその日本人は、ニヤケた言葉でリストラを口にし、どうも権限を行使できるのが楽しいかのようだったのである。

 普段からのその日本人は、中国人と日本人を同じ給料でアルバイトさせようとか、耳あたりの良い公共的正義発言を振り回していたが、あまりにも優等生的な発言というか状況を考えない言葉に本当にそう思っているのかと以前から私は懐疑的だったのである。

 そこへこのニヤケ顔のリストラ発言である。

 この言葉を聞いてこの日本人の意識の根底の差別意識を見た気がしたし、これ以降この日本人を決定的に信用しなくなった。

 私とて、中国人やその他の外国人に対して100%差別をしていないかと言えば、恐らくそんなことはなく、他民族や他国人、他人に腹を立てたり意図的にそのテリトリーへの接近を避けたりすることはある。

 しかし、表立っての差別は原則失くしたいと思っており、考え方などを批判することはあっても人格までを否定するような発言は避けている。

 しかし上述の日本人は心のどこかに階級意識があり、その意識が言葉になってでてきたような印象だった。

 まあ民族とか国家とかそんな大げさな事でなくても、人一人の人生を考える力があれば、ニヤケ顔でリストラなんぞ口に出来ないはずなのであるが、どうも間違った意識の人がたまにいるのである。

歴史好きの見識

世の中には歴史好きを自認する人は少なくなくないが、彼らは本当に歴史の内容を分かって歴史好きを自認しているのかという疑問が時々涌く。

 特に日本の歴史が激しく動いた時期に対して戦国ロマン幕末ロマンなどと言う言葉を平気で口に出し、武将や中心人物たちをヒーロー化する人に対しては特にそういう疑問が強い。

 言うまでもなく「歴史」が指す言葉の意味の半分は古今東西国内外問わず戦争と権力闘争や権力統治の歴史であり、歴史が動くところのほとんどに戦争があり、血で血を争う闘争の歴史がある。

am500_sc053

 しかし歴史を語る多くの人は、どちらの勢力が勝ったとか負けたとかそんなことばかりを語り、戦争を行なえば勝ち負けに関わらずほんのわずかな例外を除いてどちらの勢力にも多数の死者が発生して来たのが人間の歴史の現実なのに、そこを語る人は少ない。

 しかしながら戦争が起きて、その戦いで死んだ兵隊一人一人の親兄弟家族たちは、総大将の勝敗や世の中の流れに関係なく肉親の死を悲しんできたはずであり、そういう悲しみが戦死者の数だけ存在してきたはずなのだが、歴史好きの視野にはどうもそういうことが忘れ去られている気がする。

 例えば天下分け目と言われた関ヶ原の戦いについて、東軍の徳川家康が勝ったことは誰もが良く知るといころであり、小早川秀秋が裏切った云々の流れは良く語られるが、両軍の兵に実際どのくらい犠牲者が出たのかなどは、諸説あることもあって詳細を言える人は少ない気がする。

 まあ数対数の戦争でしかなかった時代の、何千何万騎のうちの兵隊一人の誰が戦死して誰が生き残ったなどは、世の中の全体の流れの中では全く関係ないことであるかもしれないが、その兵一人一人は人間であり、その肉親にとってはこの時代として仕方ないことだったこととはいえ、やはり悲しい出来事であったはずである。

 にも関わらず、現代の歴史好きたちが、その生死を胸先三寸で左右してしまう権力者たちの動きにばかり目を向けて、末端の名もしられぬまま命を落としていた数多くの兵隊たちの存在をないがしろにして、ただ歴史が好きだととか、あの武将は凄かったなどと言ってしまう感覚は果たしてどうなのかという気がしている。

 ましてや、過去の歴史史実や人物を捉えて、そこに自分を重ねて酔っている政治家や政党、経営者たちの姿を見ると、やはり人に対する感覚を疑いちょっと嫌悪感を抱いてしまう。

 歴史の史実に関心を持ち、正確に見極めたり知ったりする事は決して決して悪い事ではないが、政治家のように人の上に立つ人たちなら尚更のこと、兵は将棋の駒ではなく人である事を意識し、歴史とは権力統治者の系譜だけではないことをもっと意識するべきで、軽々しく武力行使やリストラを口にするべきではないと思う。

インターネットは見た目ほど単純じゃない

 世界に窓口が繋がるという意味で、気軽にインターネット事業に飛び込む人がいるが、まあどんな世界でも同じだと思うが、実は成功するためにはその見た目ほど単純じゃないのがインターネットの世界である気がする。

 インターネット空間というのはバーチャルな世界であるが故の簡便性も存在するが、その構成要素というか配慮すべき要素は想像より遥かに複雑である。

 例えばインターネットショップを開店して儲けようとすることを考えた場合、私から見ればリアル店舗をオープンさせる方がよほど簡単だという気がする。

写真はイメージ

写真はイメージ

 もちろんリアル店舗は営業許可証やら店舗の準備やら何やらでそれ相応の投資が必要とされ、準備に多大な労力を要する。

 それに比べネット店舗はページ作成にまずそこそこの費用はかかっても、リアル店舗を開店することに比べれば遥かに容易にスタートすることができる。
 故に誰しもネットショップなら気軽に始められると思ってしまう

 しかし問題はそこからである。

 リアル店舗であれば店をオープンさせた時に立地さえよければ何もしなくても客を掴むことができ、例えば流行っている店舗の隣に店をオープンすることが出来れば全く広告宣伝しなくても客は入ってくる可能性がある。

 それに対してネット店舗というのはまずその存在を知ってもらうことが難しい

 当たり前の話だが、物凄いお金をかけて立派なサイトを構築しネット上に店舗をオープンしたところで広告も何もしなければ全く誰にもその存在を知ってもらえないのがインターネットの世界である。

 例えばそのネット店舗のページの同じサーバー内に、アクセス数の非常に多い超人気のサイトがあったとしても、ページ名がたった1文字違えば全く違うURLとなり、見つけてもらえないことになる。

 そのためネット店舗では、まずその存在を知ってもらうためにひたすら広告宣伝の努力が必要となる。

 費用をかけてのリスティング広告バナー広告、そしてリアルなテレビラジオ、はたまた新聞を使ったり人海戦術で名刺ビラに刷り込んだりしてとにかくその存在やURLを告知する必要がある。

 ひょっとするとその告知のための時間と労力はリアル店舗の開店を上回る場合だってあるかもしれないと私は感じる。

 そして大事なのはSEO対策と呼ばれるGoogleなどの検索エンジン対策で、その基本は何といっても他のページや自サイトのページどうしが繋がっていることになる。

 SEO対策にはいろんな諸説があるが、とにかく基本は意味のあるページとより多く繋がっていることであると私は思う。

 より多くの繋がり、つまりより多くのリンクの構築がユーザーの直接的誘導はもとより、SEO対策的にもサイトの価値を積み上げることになり有効な対策となるはずである。

 それ故SEO対策を主眼におけば、逆に一度作り上げたサイトは途中の都合で構造を換えたりすることは極力避けて、既にある繋がりを壊さないように注意する必要もある。

 例えばリアル店舗では例えお金がかかるにしろ店舗の移転や拡大・縮小などを行なうことによって店舗のコストパフォーマンスを容易に調整することが可能だが、ネット上のWEBサイトでは事はそう単純ではない。

 もし同じような外科手術をネットのサイト上で安易に行ない、URLの構造を変化させてしまえば、99%SEO対策などにマイナスの影響が出るの当たり前で、よほど緻密にやらなければアクセス数がプラスの状態になることは有り得ないのがネットの性質である。

 またリアル店舗において多用される店舗縮小や事業転換のリストラ的発想も、ネットの世界ではほとんど無意味で、マイナス方向の切り捨てをしてもハードディスク上のスペースがほんの僅かに空くだけでほとんどコスト削減には繋がらず、寧ろリンクの繋がりの消滅によるSEOのマイナス要素が大きい。

 故にもしサイト上にほとんどアクセスのない非アクティブなページがあったとしても、よほど間違っている情報などが載っていない限りは無理に削除したりせず、寧ろそのまま放置した方がサイト全体にはプラスに動くのがネットの発想である。

 そして例え1PVでもあればアクセスはアクセスであり、それをいかに束ねて1万PV、100万PVに持っていくリンク構造を構築するかがサイト構築のポイントで、1PVのアクセスを切り捨てない発想がネットで成功する基本のような気がする。

 もちろんサイト上で扱うコンテンツが人を惹きつける魅力的なものであるべきということは改めて言うまでもないことであるが、まあ、傍から見るほどインターネットの世界は単純じゃなく、無数の見えない繋がりによって価値が決まっていくので、リアル世界の発想はまず捨てるべきだという気がする。

格差社会が生む好景気

発展する上海の風景

発展する上海の風景

ここ一週間は、日本の株が乱高下しその筋の投資家は大騒ぎのようだが、個人的には長期的に景気が下がるならまだしも一時的な上下は直接関係ないので、幸せというか不幸というか難しいところである。ところでこの数週間の動きはともかく日本の景気は一時期の低迷から回復していると言われ、恩恵を受けている人と受けていない人の格差の解消がこれからの課題であろうといわれているが、果たして本当にそうなのであろうか?

 実は格差があるから好景気というものが存在するのではないだろうか?リストラや派遣労働などによる賃金の抑制、つまり格差の拡大を図った結果として景気の回復という表面上の景気状態が発生している気がしてならない。ここ数年、外国人研修制度に名を借りて外国人を低賃金で働かせているという状況も例外ではない。
 日本のあの政党の常套句を借りると企業、或いは株主による搾取が発生しているのではないか?格差の下にいる人間から搾り取られたお金を格差の上に立つ人間がまとめて動かす。それが好景気の数字として現れ、バブルになる気がする。

 しかしその搾取はいつまでも搾りきれるわけがないので、いつか弾け不景気の波がやってくる。最近の株価の乱高下もアメリカの低所得者向け住宅ローンの焦げ付きの発覚が発端とされているが、これこそ格差の下にいる低所得者からの搾り取りが行き詰った結果に他ならない。勘違いしないで欲しいのはローンが搾り取りではなく、低所得者に住宅購入のチャンスを与えるという名目の住宅業界の搾り取りの目論見のほうである。

 今回の日本の好景気をリストラ・非正規雇用・外国人研修生が支えるバブルとすれば、前回のバブルはどんな格差が支えていたのかというと、私は自分も含む第二次ベビーブーム世代のアルバイト雇用の人々であると考える。大学生・高校生のアルバイトという低賃金労働者が外食産業やコンビニエンスストアなどのサービス産業の拡大を支えた。しかも彼らの収入のほとんどは生活の基盤ではない可処分所得であるため、全てが消費にまわせる。そのお陰でどんどんお金が世の中にまわりバブルを加速させていった。しかし一番ピークの世代が高校を卒業し正規雇用側に移動する頃を境に、アルバイト人口が減少したため格差が縮み景気拡大とまりが一気にバブルがはじけた。

さらに遡ると戦後最大の好景気といわれた「いざなぎ景気」の時代も戦後のベビーブーム世代が高校を卒業する時期と重なり、かの世代の低賃金OLが支えたものと思われ、その前の断続的な好景気も田舎から出てきた金の卵といわれる中卒の世代が低賃金で景気の底を支えたと考えられる。年功序列や学歴別の賃金制度は実は社会平等に名を借りた社会経済全体の景気安定対策でもあったとも考えられる。

 しかし今回の好景気の流れをもって、日本の好景気拡大のカードはもうほとんど切りつくした気がする。今までは地方出身者・ベビーブーム世代・女性・外国人などこれらのグループを順番に低賃金労働者として社会に登場させ景気を支えさせてきたが、既にこのような格差を問題にする法律や社会環境の整備によって彼らを低賃金労働者のターゲットとして使えなくなりつつある。
 いま私が唯一狙われているであろうと考えるターゲットは老人である。事実、ベビーブーム世代が還暦越えをし、年金不安もあって低賃金雇用による定年延長制度が導入され、彼らを低賃金で利用していこうという動きが加速している。
 しかし老人が支えられる社会労働力は限られており、どれだけ景気に貢献できるか不安である。これから人口減少を迎える日本の経済に未来があるのか?考えるだけで非常に恐ろしいことである。

 さて話を現代の中国に目を移すと、この好景気を支えているのはやはり格差そのものであるに他ならないと考える、ただし恐ろしいことにこの国には13億人もの人口が住み着いており想像以上に底が深く広い。日本のように一億そこそこの人口で起きた好景気と違ってかなり息の長い好景気が期待できるのではないか、私はそう思う。ただしこの人的資源でさえ無尽蔵ではない。いずれ底をつき景気上昇の流れが止まる。その時息が長く成長した経済が不景気を迎えた時どのような状況に陥るのか。長く共産主義経済にあって本格的な不景気状況を体験していないこの国の社会がどのような反応を起こすのか?私は可能な限りのソフトランディングを願わずにはいられない。