Tag Archives: 鳩山由紀夫

鳩山発言をどう見るか?

もうすぐ参院選の選挙期間に入ってしまうので政治に関連する話は今のうちに書いてしまおうかと思うが、先日、鳩山由紀夫元首相が「尖閣諸島は中国に盗んだと思われた仕方ない」とテレビインタビューで発言して物議を醸している。

 まあ日本政府が主張する立場から言えば有り得ない発言であり、日本国内からは国賊などと強い批判を浴びている。

 私なんかもこのニュースを聞いた当初は国賊とまでは言わないが、もう政界のトップからは引退した身なのに元首相として配慮を欠いた発言だなという印象は持っていた。

 ただ私自身は鳩山さんを国賊と呼んでしまうほど国家主義の立場は取らないし、吹き上がっている人々ほどには、この問題に対して嫌悪感を感じているわけではない。

 もちろん日本で生まれた人間として中国寄りの発言をしたいわけではないが、どちらかというとやたら国の面子にこだわって国民を同じ意識で統制し意にそぐわない人を非難排除しようとする今の日本の風潮のほうが鳩山さんの発言よりも受け入れがたいのである。

 まあこの問題は相手が一筋縄ではいかないこの中国という国家であるが故に、迂闊な発言は相手にうまく利用されかねないという面もあるものの、個人的には中国の国家主義的行動に対して、日本も対抗心を出して国家主義を振りかざしても何も始まらないという気がしており、そう言った意味で彼の発言は国家の面子に縛られない貴重な言葉だという気がしている。

 日本は中国ような国家主義的なものを振り回さなくなったからこそ、自分は日本人として誇りを感じている面もあり、できれば同じ土俵に上がってほしくないのだ。

 そこで先日のボイジャー1号の話である。

 宇宙という広さから考えると、尖閣という島はあまりにもちっぽけな存在であり、あの小さな島を巡って対立し時間をかけることに非常に馬鹿馬鹿しさを感じてくる。

 しかも日中二国間にとってもあの島がもたらす実際の直接的な経済的価値は、多少の石油資源はあると言われるものの、国全体から見れば塵のようなものである。

 故に両国のほとんどの国民にとっても実際はあの島がどちらの国の所有であるかなどということは各自の生活には全く関係ない事となっている。

 寧ろ現在対立の根源となっているのは、その経済的価値や領土的利益と言うよりは、譲った譲らないの国家的面子の問題で、譲歩した場合の国家間の力関係への影響を懸念し、それ故に後にひけなくなっていているだけのように見える。

 そんな経済価値の問題ではなくお互いの国家面子の対立だからこそ、尖閣の問題はなかなか解決できないのだという気がする。
 ここがロシアとの北方領土問題との大きな違いである。

 そこで宇宙人とも言われる鳩山さんの今回の発言である。

 確かに日中政府間の現在の関係から言えば、彼の発言はKYとか常識外れな面があるのだが、現在の政治の常識にだけ囚われて行動していたのでは今後も日中関係が解決できないのは自明の理であり、そんな中での宇宙的とも言われる彼の常識外れの行動はひょっとすると新しい流れを生む可能性はあるのである。

 何がどう新らしい流れを生んでくれるのかは全く分からないが、悪い方に転がりそうであれば、引退した人間の発言として捨て置くことも出来るし、好影響があれば利用すればいいのであって、日本側は感情的になって吹き上がらず冷静に静観していても良いのではないかと言う気がする。

 まあ何か新しい流れを生み出すかも知れないなどという期待は全く根拠のない期待ではあるが、根拠の無さで言えば道州制や都構想を振りかざす政治変革の期待や、アベノミクスと言う言葉に対する経済発展への期待と同等の根拠の無さであり、私としては彼ら同様に自分勝手な良いイメージを描いて今回の状況の推移を静観したいという気がしている。

 前回のブログで書いたように国家の対立とは裏腹に国民の個人レベルではどんどん国際結婚が増えボーダレスとなっており、人間の血の関係ではお互いに混ざり始めている。
 そんな中で国家と言う枠組みの面子のみを振りかざすことに意味があるのかどうか、そこを考えるのに彼の発言はいいきっかけになったと私は思っている。

やはり腹案はグアムだった。なのに何故?

先月末に政局がバタバタ動いていることが連日日本から報道されている。

 普天間基地移転について、鳩山首相から辺野古案で発表され、閣議で署名を拒否をした社民党の福島党首が罷免され、さらにその社民党自体が連立与党から離脱することになったのは報道によって知らされている通りの状況である。

 世間の報道は鳩山さんの指導力の無さに対する批判ばかりが目立ち、実現不可能な大ぼらを吹いてきた嘘つき総理大臣である的な論調が大勢を占めているが私としてはこの結果にどうにも腑に落ちない点がある。

 実は、ラジオの間接的情報だが、鳩山さんの腹案とはグアムだったとの情報を耳にした。

今回の政権離脱で国土交通副大臣の職を辞した社民党の辻元議員がテレビのインタビューの中で、鳩山さんに直接腹案の件を質問したら「グアム」だったとの答えが返ってきたと答えていたとの情報である。

つまりこの「腹案」という言葉が出てきたのは3月31日なので、少なくとも鳩山さんはこの時点まで腹案としてグアム移転を考えており、沖縄の負担軽減を真剣に考えていたことになる。

 しかしである。

 この腹案は実現せず、辺野古移転案などという鳩山さん自身にとって一番都合の悪い案で発表せざるを得なくなった。

 もともと徳之島だの辺野古だの国内移転案では大反対を受けるのは目に見えていたし、そのほかの国内にそんなに簡単に受け入れ先が見つかる状況ではなく、グアム移転の腹案がある意味最良の選択であったろうに関わらず、その判断が覆った。

 この2ヶ月足らずの間に何があったのか?どんな情報が鳩山さんの腹案を実現させなかったのか?実はここが一番大事であるのにも関わらずどこも報じていない。
ここを報じず鳩山さんばかりを悪者のごとく報じている。

 何故グアムではなく国内だったのか?

 詰まらない政局ごっこを批判する前に、マスコミはここをきちんと調べていただきたい。

 やはり仮想敵国の存在を言葉に出すのがそんなに難しいということなのだろうか?

逃げ出すよりマシ

 期限といわれる5月末を目前にして、普天間基地問題で急にバタバタし始めた鳩山首相。

 この問題は昨年の就任当初からあった問題なので、今までのこの半年以上の間は何をやっていたのだろうかと呆れる面は確かに大きい。
 日本国民もそう感じているようで、内閣支持率もやはり下がりっぱなしである。

 しかし、鳩山さんを無理やり擁護すればそのみっともない姿をさらしながらでも問題解決に向けて必死にもがいている姿は評価できる。

 今の状況では大見得を切って言っていた5月末の期限に間に合わないかも知れないが、それでも問題解決に対しては不器用ながら前向きに取り組んでいる。

 考えてみれば前政権の二代の首相は続けて無責任に椅子を放り出したといわれ、それと比べれば今の姿は例え夏休み最後の宿題の追い込みのような姿でも、責任も果たさず逃げ出してしまうよりよほどマシであるといえる。

 実はこの問題がこの段になってバタバタしてしまった背景には、この問題を鳩山さんが某側近を信用し全権委託して解決を図っていたが、その側近が問題を解決の具体的な進展がないにも関わらず首相に対して「大丈夫だ、間に合う」と言い続け、それを鳩山さんが信じた結果、この時期になって実は何も出来ていないことがわかり、慌て始めたのではないかと、ある人がラジオで言っていた。

 故に、急に鳩山さん自身が動かざるを得ない状況になってしまったのではないかということらしい。

 この推測を信じれば、解決能力のない人間に仕事を委託してしまった鳩山さんに人を見る目がなかったとしか言いようがないが、逆にそれでも投げ出さず責任を感じ、自ら沖縄や徳之島に足を運び出向き、問題を解決の道を探る姿勢は評価できるような気がする。
 
 この問題の現在の状態は、決して褒められた結果を出せていないかもしれないが、鳩山さんが今後投げ出そうが投げ出すまいが、いずれ誰かが解決しなければ片付かない問題である。

 ならばどんなに格好悪く、どんな時間がかかろうとも問題解決に向けて、間断なく責任を果たそうとする姿がある限りにおいては支持しても良いような気がする。

リーダーに判断を預託する国民としては、逃げ出さられるよりよほどマシである。

 原文

無責任な徳之島

いきなり大胆にタイトルを書いたが、何も徳之島に基地を受け入れろと迫っているわけではない。
ただ、彼らが一方的に反対を叫ぶことはいかにも無責任だと感じている。

彼らは基地は要らない等々の反対の声を上げているらしいが、じゃあ彼らの安全はどう守っていくのかということになる。

まさか今の平和が何の国防努力もなしに成り立っているのだと思っているのではあるまい。

徳之島にだけ一方的に押し付けることを決して良しとするものではないが、彼らの島も日本国の領土の一部として、日本の国防下つまり米軍の庇護の下に安全と平和が成り立っていることになっている。

そのためにはやはり国全体として相応の負担をしていかなければならないし、それを考えたときに、じゃあ徳之島だけ無責任に私の島では全く受け入れることが出来ませんと一方的に声高に叫んでよいものかということになる。

 もちろん、徳之島という場所に関する軍事的・技術的な是非に関してはいろいろと意見が言われており、その選択がベストということではないようだし、鳩山首相の調整手法に疑問を感じる部分は多分にある。
だから、徳之島に移転をさせろという意見を言う気はない。

が、そうはいっても基地は現実に存在し、これからも日本のどこかに基地を置く必要があり、或いは米軍を追い出すなら自国の軍隊を持ち、もっと重い負担を背負うことを覚悟する必要がある。

そういうことを全く忘れて、自らの基地反対だけを声高に叫ぶ徳之島の島民は余りにも無責任だと言わざるを得ない。つまり安全に関する当事者意識がないのである。

 先日、某国の海軍が沖縄の公海上を通過したという報道があったが、もしその軍艦たちが今度は徳之島の周辺をうろつき始めたとしたら、彼らはどう考えるんだろうか?

もし彼らがどうしても基地を受け入れたくないと考えるのならば、どこかが受け入れられるための話合いをする場を設けるなどの、もっと前向きな提案があってしかるべきである。やはりただの一方的な反対は無責任である。

まあ、そういう議論土壌を作れず一方的な反対行動を呼んでしまったところに鳩山さんの政治手法の未熟さがあるのだが。

日本人の無責任な「お上依存気質」

日本のニュースを見ていると沖縄の普天間基地移転問題において、鳩山首相がリーダーシップ不足でずるずる支持率が低下している姿が連日のように伝えられる。

 まあ確かに彼の決断力不足がその要因にあるという面も否めないが、それ以上に個人的には彼の立場を非常に気の毒に感じる。

 マスコミや周囲の人間はこの普天間の問題を内閣に委ねながら、誰一人基地の受け入れ側に回ろうという発想の元に意見を述べていないのである。

 沖縄の負担を軽減するならば、沖縄県以外のどこかに移転させなければならない。
しかし、県外の候補地の名前が浮上するたびにその地元から反対意見が噴出してくる。日本全国どこを探しても米軍基地の移転を受けてもよいなどという自治体は全く現れてこないのである。

 つまり結局は、どこの自治体にとっても米軍基地は厄介者の存在で、貧乏くじを引くことなく問題をたらいまわししたいというのが日本全体の趨勢なのだ。
 そんな状況の中、鳩山さん一人や現政権にだけ責任を押し付けても何も始まるまい。
 
もしどこも米軍基地を受け入れないのならば、例えば米軍基地を追い出して日本の独自の安全保障でやれるのかどうか?もしそうなればきっと日本全体に必要される独自軍隊の規模は沖縄の普天間基地の規模では済むまい。

 もちろん、軍隊や自衛隊などなくても良いなどという理想論もあるが、現代社会において一つの国家が全くの丸腰状態というのも非現実的だ。

 こんな重要な国全体の安全の問題を、首相や内閣に任せっきりにして「安全は欲しいが基地は来て欲しくない。でも首相にはきちんと決断してほしい。」などと意見を述べるマスコミや国民の態度は非常に無責任というほかないであろう。

 鳩山首相に決断力がないのは、日本国民全体に決断力がないからで、彼が無責任のように見えるのは、日本国民全体がこの問題に対して無責任であることにほかならない。

そんな象徴としての鳩山さんが責められるのはやはり少し気の毒な気がする。

 全てはお上の指示待ち、悪いのはお上の責任だとする日本の国民体質はそろそろ改めたほうがいいように感じる。
 外国にいると日本人のそんなお上依存気質が良くわかる。