韓国料理食べ歩き 大醤湯でヘンボッケヨ PATIOさん

韓国料理のお店の味を図る料理のものさしとして、一つはキムチが代表的なものであるが、それともうひとつ欠かせない要素として有名なのが味噌である。
 日本人がラーメンをスープで図るように韓国料理も味噌を使ったチゲスープの良し悪しでその店の料理の良し悪しが分かる場合が多い。
 そういった意味で言えば、昨日お昼には伺った天山路のPATIOさんで食べた大醤湯(味噌チゲスープ)(28元)は心をぐっと捉えられてしまった会心の出来であった。

味噌チゲスープ

味噌チゲスープ

 日本でいう赤味噌系の田舎味噌のようなコクのある香りで、これが非常に懐かしいような心地よさがあり、さらに口に入れても味わい深い。パ(葱)とカムジャ(ジャガイモ)とスンドゥブ(豆腐の)の絶妙なマッチングが素晴らしい。
 まあ人によってはこの味を洗練されておらず田舎臭い味などと評する御仁もあるやもしれないが、私にとってこの素朴さがとっても幸せだ。
 大げさな表現でなく長年韓国料理を食べ続けている私がここまで心を奪われたスープは初めてである。

 で、このスープを味わいながら、ある韓国ドラマの台詞を思い出した。それは邦題で「ランラン18歳」というドラマで主人公の夫になる男性が、主人公のつくった「味噌チゲが美味しかったから結婚してもいいかなと思った」という台詞。(中国語で見ていたのでアバウトな訳ですが)

 まあこんな台詞、ドラマを見ていたときはドラマ上の可愛い台詞だなと思っていたのだが、この日のスープを味わった途端に、その台詞のリアルさを実感してしまった。
 残念ながら今回食べたのは恋人が作ったスープでなく、単なる一介のお店で出たスープであるが、こんなスープを恋人に作られたらそれだけで結婚しようと思わせるほど気持ちにビビビッときてしまう気がする。
(あれ、そうすると私は韓国人と結婚するのか?今中国にいるんだが、、、汗)
とにもかくにもたった一杯のスープでこの日はヘンボッケヨ~(幸せだ~)の一日でした。是非皆さんもこの味をお試しあれ!

派特屋 PATIO 
天山路1111号虹橋天都4楼408号
(021)62286580



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com