Tag Archives: 銀聯カード

日本で使えなかった中国工商銀行の銀聯ICキャッシュカード

 先日、日本に一時帰国した際にちょっと困ったことが起きた。

中国で使っている工商銀行のキャッシュカードが日本で使えなかったのである。

茨城空港に下り立った際に、空港内のセブン銀行のATMで日本円を引き出そうとしたのだが、このカードは使えませんとエラーになった。
あれ、おかしいなとおもいつつもう一度試したが結果は一緒だった。

やっぱりそうなのか?

今年の春に工商銀行のカードが破損したので交換したのだが、その際、従来の磁気帯型のキャッシュカードからICチップの埋め込まれたカードに交換となったのだが、どうやらこれがまずかったらしい。

中国工商銀行のICキャッシュカード

中国工商銀行のICキャッシュカードの裏

実は中国のICキャッシュカードは日本で使えないという噂は耳にしていた。
ただ、セブン銀行がICカード対応になったというニュースも目にしたので安心してそのままの状態で日本へ戻ったのだが、やはり使えずこういう事態に遭遇してしまったのである。

もしや対応可のATMと非対応のATMがあるのかなとその場での引き出しは諦め、まずは自宅に向かうことにした。
幸いながら自宅に戻れるだけの日本円は手元にあったので、そのまま真っすぐ自宅に戻ったが、現金が無ければ危うく立ち往生する状況であった。

で、自宅のそばのセブンイレブン内のセブン銀行ATMで再度引き出しに挑戦するものの結果は一緒だった。

困った事態である。

仕方なく、残高のほとんど残ってない日本円の銀行口座から当面必要な現金を引き出した。

日本円での収入がほとんどない自分にとっては、日本円にはなるべく手をつけたくないのであって、人民元から引き出せないのはちょっと痛手である。

で、翌日免許の更新を終えて、中国の知り合いから頼まれていた品物を買い出しに行った。

ATMは無理でもショッピングなら可能かもしれないと考えやはり銀聯カードで支払おうとしたが、やはり磁気帯がないカードは使えないとのことだった。

どうしようと悩んだところ、財布の中には中国交通銀行のキャッシュカードも入ってることを思い出した。

交通銀行のカードは下記写真のように、ICチップと磁気カードの両方がついているため、恐らく従来通り現金の引き出しやショッピングが可能だろうと推測した。

交通銀行のIC付キャッシュカード

交通銀行のIC付キャッシュカードの裏

ただ、その銀行口座は私のWECHATアカウントと紐付いていないため、普段は口座にお金を残しておらず休眠状態であり、カードが使えても残高がない状態だったのである。

そこで仕方なく、中国の同僚に協力を頼むことにした。

まず、WECHTATで中国にいる同僚に連絡を取り、WECHATの口座に残っている残高から同僚にお金を支払い、さらにその同僚に私のその交通銀行の口座に振り込んでもらったのである。

 この作業におよそ30分かかったが、無事その交通銀行の口座にお金が届き、交通銀行の銀聯カードを使い無事買い物は完了した。

 まぁ手間はかかったが、「WECHAT PAY(微信支付)」様様であり、中国の電子決済システムの力に助けられた出来事となった。

 それにしてもこれだけ海外旅行者が増えているのに汎用性のない中国工商銀行のICカードには困ったものである。
 皆様もお気をつけあれ。

中国生活はATMが少なくても足りてしまう。

日本並みに便利になったと言われている上海だが、必ずしも全てが同じようなサービス水準になっていない。

 その一つが、ATMの少なさである。

 現金社会となっている日本人にとっては、なくてはならないATMの存在だが、中国ではどうも事情が違うらしい。
 2012年のGLOBAL_NOTEサイトのデータによれば、日本のATM14万1633台に対して、中国は41万5561台しかない。

 これを人口比で比較すると、日本は人口100万人あたり1100台のATMが存在するのに対して中国は300台あまりしか設置されていないことになる。
 つまり日本の1/3~1/4程度しか中国にはATMが存在しないことになる。

 まあ中国は上海のような大都市から新疆のような砂漠だらけの場所までとにかく国土が広いため単純比較は出来ないし、残念ながら都市別データが拾えなかったため大都市間の正確なデータ比較は出来ないのだが、生活実感として上海は東京よりATMが見つかりにくいと言うのは感じている。
 上海の都心部はともかく、地下鉄沿線でもちょっと郊外に外れるとATMが見当たらないのである。

上海虹橋空港のATM機

空港などには比較的ATMが多くあるが・・・

 

 この理由としてまず中国では現金にニセ札が多い為に日本程には現金が信用されていないという背景があり、中国では最高紙幣額も100元(約1730円)とに抑えられているために、それを原因とした銀聯カードというデビッドカードシステムの急速な普及がある。
 日本でもデビッドカードは一応スタートしたがそれほど浸透しておらず、一般的に日常的には使われず、日本で比較的浸透しているのはクレジットカードとチャージ式の電子マネーカードとなっている。

 この電子マネーカードはコンビニや自動販売機などかなり広い範囲には広がったが、それでもまだ生活全体をカバーしたといった印象にはなっていない。
 これに対して中国では、生活のありあらゆる場所に銀聯カードが普及し、コンビニの5元、10元の買い物でも使えるし、映画館やバス、列車のチケット購入など、ほとんどの場所で銀聯カードでの決済が出来る。

 まあ日本では独占禁止法にひっかっかるくら中国で独占的な利益を上げている銀聯カード(ユニオンペイ)ならでは普及速度とは言えるが、そのおかげでほとんど現金を必要としない生活が実現してしまっている。

 そのため現金の需要も減っており、中国ではATMをそれほど増やさなくても問題が起きず、実際に数も少ないのが現状になっている。

 これを日本より進んだ状態とみるかどうかは微妙なところだが、現金慣れした日本人にとっては時々ちょっと焦ってしまうこの環境である。
 

茨城空港で銀聯カードによる現金引き出しが可能に!

 茨城空港に関するニュースをチェックしていたら、先月7月25日に常陽銀行とセブン銀行が共同で茨城空港の旅客ターミナル内にATMを設置したというニュースを発見した。

 これは上海に住む日本人にとっては一つの朗報である。

 まあ地元のトップバンクである常陽銀行さんには悪いが、セブン銀行のATMということが朗報なのである。

 何故ならこれまで茨城空港には自動両替機はあったものの中国の銀聯カードで現金を引き出せるATMが無かったが、セブン銀行のATMならば銀聯カードが使えるので、人民元の口座から直接日本円の現金が引き出せるようになったからである。

 これまで上海から春秋航空便が飛んでいて、中国人旅行客向けにも需要があるだろうと思っていた銀聯OKなATMであるが、何故かこれまでは設置が無かったのである。

 中国現地で働いている者にとっては収入の基本は人民元であり、一時帰国の際などにはもちろんそこから渡航費など諸費用を支出するのだが、日本に着いた途端に日本円が必要になるのにも関わらずあまり多くの日本円を持ち合わせがなかったりする場合がある。

 そこで人民元ベースから両替することになるのだが、これまでは茨城空港には銀聯カードのATMがなかったために、現金を直接持ち込んで両替機などで両替する必要があったのである。

 しかし聞くところによるとこの両替機は故障がちでもありレートもよくなく、あまり利便性が高いものとは言えなかったようだ。

 しかももしうっかり人民元現金の持込みを忘れていたりすると、エライことになる。

 よって今回のこの銀聯OKのATM登場は、上海の日本人にとっては非常にありがたいニュースなのである。

 空港で人民元を口座から直接引き出せるとなれば、日本に一時帰国の際の日本円の心配は無くなるし、レートは銀行よりは遥かに良いので比較的効率よくお金が使える。

 もちろん茨城空港を経由する中国人旅行客にとっても朗報であろう。

 まあ引き出せるようになったからと言って手元のお金の総額が増えるわけじゃないが、障害が一つ減ったという印象であり、茨城空港の利便性はこのATM一つで格段に向上したという気がする。

秋葉原探訪記 メイド喫茶や増える中国人

秋葉原事件の献花台

秋葉原事件の献花台

先日、日本を訪れたときに時間があったので秋葉原を久しぶりに訪れてみた。
秋葉原といえば先日、通り魔事件が発生したばかりで重いムードに包まれているのかと思いきや、警官はさすがに多いものの特別重い雰囲気というものは特になかった。

秋葉原の街並み

秋葉原の街並み

もちろん、事件直前の秋葉原を訪れているわけではないので比較対象がないのだが、少なくとも重苦しさは感じなかった。
 逆に言うとこの状況はとても怖い。
 事件現場を携帯のカメラで撮る人々がマスコミやネットで非難を浴びていたり、事件現場の撤収後15分後には街が元の雰囲気を取り戻し何事もなかったように動いていたという。
7人もの命が奪われていた重大な事件があったことを考えると、この状況はちょっと怖い。

街を歩きながら、そんなことを考えていた。

秋葉原の街で宣伝するメイド

秋葉原の街で宣伝するメイド

その深層を覗こうと、路上で声をかけられたメイド喫茶に興味本位で入ってみた。「お帰りなさい、ご主人様!」の声で迎えられ、可愛いメイド姿の店員がたくさんいた。
客はほとんど男ばかりであるが、何組かのカップルもいた。 中国人もたまに訪れるようになり、大体は英語でコミュニケーションをとるという。
白を基調にした店内にはクラシック音楽が流れ優雅な雰囲気を演出していた。私はアイスクリームとアイスココアを注文し、店内の様子をウォッチングすることにしてみた。

秋葉原のメイド喫茶で食べたアイス

秋葉原のメイド喫茶で食べたアイス

常連と思しき人がメイドの一人と話をしていた。会話の内容を全部聞いていたわけではないが、どうやら内容はあの事件への愚痴が多かったように思う。
事件への関心はあるようだが、どうやら関心を持つ視点が違い、自分のテリトリーを荒らされて秋葉原の日常の雰囲気が変わってしまったことに対する不満のようだ。
やはり他人より自分という自己中心的な発想を持っているということになろうか。
 

秋葉原のドン・キホーテ

秋葉原のドン・キホーテ

結局何となく居心地の悪いその空間は30分くらいで脱出し、街をぶらぶらした。
気がついたのは免税店を中心に銀聯カードが使えることをPRするお店が増えたということだ。秋葉原でも最近かなり中国人観光客が増えているという。
目的はやはり、メイドなどのPOPカルチャーよりデジカメやパソコンなどの電子機器が中心だが、意外にも炊飯器が売れ筋らしい。中国製の炊飯器は質が悪くおいしく炊けないので日本製に人気が集まっているという。
ドンキホーテまで銀聯カードの扱いをはじめたようだ。
 ますます日本への中国人進出が高まっている気がする。

秋葉原のお店

秋葉原のお店