Tag Archives: 両替

人民元高が進み1RMBがもう21円を超えている成田空港のレート、1万円が474元

 先日も書いた円安ドル高に伴う円安人民元高だが、円安が止まらないので人民元高も止まらない。
 ドル円レートは1$=118円台に達した状態で、それを受けて人民元の中間レートは1RMBが19円台後半に達している。
 しかもこれは中間値であるから、レートの手数料の高い成田空港の交換レートは今日11月20日現在で、21円を超えている。

 これは1万円を替えても500元を割り込み474元にしかならないことを意味する。
 かつては1万円が800元を超えていた時代があることを考えれば、この現状は隔世の感がある。

 ここまでレートが動いてしまうと、少なくとも日本向けに生産していた商品は中国の製造コストが上がっていることもあって、かなりの部分を国内生産に切り替える企業が増えそうな状況となっている。
 実際この夏の1ドル105円台の時期にそういった動きが出ていたのであり、それから10円も円安が進んでいるのだから、恐らく流れは加速するだろう。
 残念ながら今後中国の日系工場は縮小して行く状況になってしまっている。
 
 ただ逆に考えると、中国市場を睨む業種にとっては、輸出の好機とも言えるのである。

 単なるサービス産業ではそれほど意味がないかもしれないが、日本からの輸出を伴う業種には追い風となるはずで、これまで高品質でも現地商品との価格差がネックで市場開拓に悩んでいた業種にとっては今一度検討を試みる余地はある状況なのかもしれないのである。

 もちろんまだ関税障壁はあると思うが、少なくとも品質の時点では今のところローカル製品には劣っていないのだから、品質に自信を持っている企業は輸出を検討する価値があるという気がしている。

 またそういった意味では、世界各国で繰り広げられている新幹線などの受注競争も、中国との価格差は確実に縮まっているはずで、単に安いだけではない信頼性を武器に日本の産業に風を吹き込むチャンスはあるのではないかという気がする。

 円安で物価高ばかりに目が行ってしまうが、発想の転換をしてうまくピンチをチャンスに切り替えるしかないのである。

ドル高とともに人民元高も急激に

 ちょっとタイムラグを置いてしまったが、先週の週末に円ドル相場が急激に変動し、ドルが112円台まで高くなり驚いている。

 つい先週半ばまでは108円台半ばで推移していたはずだから4円近く動いたことになる。

 まあ、こうなった原因について私はまだ何も分析の材料を持ってないのだが、今回起きた円安は、日本の対中国の取引に関しても小さくない影響があるだろうと感じている。

 つまり円に対してドルが高くなったという事は、実は日本円に対して人民元も高くなったということを意味しているからである。
 ご存知の人も多いと思うが、現時点で中国人民元は国際基軸通貨となっておらず、基本は米ドルとリンクした準固定相場制となっている。
 また香港ドルはさらにこのリンクが強化されたベッグ制を取っており、若干の調整レートはあるもののほぼ米ドルと固定された為替相場が設定されている。

 近年では中国の経済発展に伴い2005年以降人民元と米ドルの関係も徐々に切り上げも行われているが、今のところ変動為替相場制のような瞬間的な激しい動きは原則発生しないので、人民元と日本円の関係はドル円相場の行方に大きく左右されるものとなっている。

 こういった状況であるが故に、先週末に対米ドルで起きた急激な円安はほぼそのまま、対人民元の円安も引き起こしている状況となっている。

 これによって何が起きるのかと言えば、当然中国からの輸入金額の増大が考えられるわけで、先日発表された上半期の貿易統計で中国からの輸入額が9兆793億円(Yomiuri Shimbunより)という数字をベースに考えると、今回の通貨変動で単純にさらに500億円近く輸入額が増えてしまうわけで、半年で10兆円を超えてしまう計算になる。

 もちろん実際の経済指標はこんなに単純には導き出されないが、このままの状態が続けば史上最大となった上半期の5兆4271億円という日本の貿易赤字額はさらに膨らむ可能性が大きいと言える。

 また、そんな大きな話でなく個人レベルの影響で言えば、1万円を人民元に両替しても550元を切るようになり、日本の空港や銀行などのレートの悪い場所ではほぼ500元程度にしかならなくなっている。

 駐在者はともかく旅行者や出張者にとっては手痛い目減りであろうという気がする。

 さてさて、こういった円安は誘導的に起きたものではないと信じたいが、安いコストを求めて既に中国にシフトした日本企業や、中国からの輸入でコストを抑えていた日本企業にとっては困った円安であることは確かであり、この円安によって再び日本の企業は生産体制の見直しが行われるだろうという気がする。

 そうなれば、私の上海生活も何らかの影響を受ける可能性があるかもしれず、気になるこのドル高・人民元高の動きとなっている。

茨城空港で銀聯カードによる現金引き出しが可能に!

 茨城空港に関するニュースをチェックしていたら、先月7月25日に常陽銀行とセブン銀行が共同で茨城空港の旅客ターミナル内にATMを設置したというニュースを発見した。

 これは上海に住む日本人にとっては一つの朗報である。

 まあ地元のトップバンクである常陽銀行さんには悪いが、セブン銀行のATMということが朗報なのである。

 何故ならこれまで茨城空港には自動両替機はあったものの中国の銀聯カードで現金を引き出せるATMが無かったが、セブン銀行のATMならば銀聯カードが使えるので、人民元の口座から直接日本円の現金が引き出せるようになったからである。

 これまで上海から春秋航空便が飛んでいて、中国人旅行客向けにも需要があるだろうと思っていた銀聯OKなATMであるが、何故かこれまでは設置が無かったのである。

 中国現地で働いている者にとっては収入の基本は人民元であり、一時帰国の際などにはもちろんそこから渡航費など諸費用を支出するのだが、日本に着いた途端に日本円が必要になるのにも関わらずあまり多くの日本円を持ち合わせがなかったりする場合がある。

 そこで人民元ベースから両替することになるのだが、これまでは茨城空港には銀聯カードのATMがなかったために、現金を直接持ち込んで両替機などで両替する必要があったのである。

 しかし聞くところによるとこの両替機は故障がちでもありレートもよくなく、あまり利便性が高いものとは言えなかったようだ。

 しかももしうっかり人民元現金の持込みを忘れていたりすると、エライことになる。

 よって今回のこの銀聯OKのATM登場は、上海の日本人にとっては非常にありがたいニュースなのである。

 空港で人民元を口座から直接引き出せるとなれば、日本に一時帰国の際の日本円の心配は無くなるし、レートは銀行よりは遥かに良いので比較的効率よくお金が使える。

 もちろん茨城空港を経由する中国人旅行客にとっても朗報であろう。

 まあ引き出せるようになったからと言って手元のお金の総額が増えるわけじゃないが、障害が一つ減ったという印象であり、茨城空港の利便性はこのATM一つで格段に向上したという気がする。