Monthly Archives: 9月 2014

国慶節連休の天気はぼちぼちっぽい。

 つい先日ブログ内に天気予報を設置した。
 上部↑のメニューか下記のアドレスで見ることが出来る。

http://shwalzer.minibird.jp/weather

 それによると、明日からの7日までの国慶節連休は概ね曇りがちだが雨の心配はない上に、気温もそれほど上がらないので外出にはまずますの天気となるようだ。
 7日間のうち、今一番良い天気予報となっているのは4日付近で、もし外出するならこの日が良いということになる。
 今のところこちらの予定としては溜まっている作業を消化する日に充てようと考えている国慶節連休だが、ずっと「こもりっきり」も体に悪いので、4日あたりに少し遠出を考えてみようかと思っている。

上海でカエルとニワトリを発見

 最近、いずれもバス停でバスを待っている時に都会の上海には不似合いなものを発見した。
 一つは先日の雨の夜に見つけた蛙である。
 近くに水路などないのに、ピョコンピョコンと大通りに飛び出してきた。

上海で見つけたカエル

雨あがりに大通りにカエルが!

 二輪車レーンの内側を縁石に沿ってぴょこぴょこと跳ねながら移動して行った。
 幸い夜間だったのでそれほど車通りの激しくない時間だったが、車道レーンに飛び出してしまったら助からないであろうし、二輪車レーンでも電動自転車に踏みつぶされたらやはり終わりである。 
 そのくらい無防備な蛙であった。

上海のカエル

ひょこひょこと移動中

 幸い、私はその蛙の悲劇を見届けることなく自分の乗るバスがやってきたので嫌な思いをすることなくその晩は過ごせたが、まあ折角目にした縁なのだから、あの蛙にも無事生き延びて寿命を全うして欲しいと感じた。
 まあ鳥などに食われてしまうなら仕方ないが、せめて人間社会の犠牲になってほしくないと思うのである。

 そして、その数日後に今度はバス停で今度はなんとニワトリを発見した。
 住宅団地と道路の間の緑の茂みの中で、餌を探しているニワトリが3羽もいたのである。

上海のニワトリ

住宅団地の敷居と道路の間の茂みにいた!

 恐らくどこかで肉食用として販売されていたニワトリが逃げ出してしまったのだと思うが、発見した場所の2~300mの範囲にはそんなニワトリを売るような店もなく、どこから来たのか全く不明である。
 あるいは電動バイクかトラックで運搬中に落ちてしまった可能性もあるが 特にケガを負った様子もないので、落ちたとかそういう原因でもなさそうだ。

上海でニワトリ発見

どうしてここにいるのだろう?

 まあ、何れにしての中国でこんなニワトリがうろうろしていたら捕まえられて人に食われてしまうのが運命のような気がする。
 都会のように見えてもまだまだこんな生物がところどこに入り込んでいるのが上海の今の状況である。

中国ではマンチェスターユナイテッドの試合放送が減っている?

 以前のブログで、中国のテレビ放送ではサッカーのプレミアリーグが人気で、上位の人気チームの放送が気軽に見られることは書いたが、最近やや異変が起きている。

 それは中国のプレミア人気の象徴のような存在だったマンチェスターユナイテッド(マンU)の試合の放送が減っているようなのだ。
 もう各種報道で知られているように、このチームにいた日本代表の香川真司選手は既に古巣の独ドルトムントに復帰し、そのほか従来の 主力であった選手が追い出されるようにこの夏に次々移籍して、その代わり高額でかき集められた有名選手がファンハール新監督の元で試合に出場するようになってきている。

 しかし、その高額の投資も今のところ効果は見えないようで、現在5試合を紹介した時点で1勝2敗2分けの12位に低迷しており、失敗と言われたモイーズ前監督の前シーズンを下まわる低迷ぶりとなっている。

 そんなチーム状況が反映しているのか、今日はウェストハムとのアウェイの試合があるはずなのだが、私の家で上海のテレビ局が放映する五星体育というスポーツチャンネルではマンUの試合を観戦できる放送は今のところ見当たらない。

 今夜放送予定に入っているプレミアリーグの試合は、リヴァプールVSエヴァートン、チェルシーVSアストンヴィラ、アーセナルVSトッテナムで、確かに3カードとも人気チームが絡んでいるものの、従来ならここにマンUのカードが入っていても良さそうだが、他のチャンネルや録画放送も含めて今のところマンUの今夜のカードを放送してくれるところは見当たらないのである。

 まあ現在韓国でアジア大会が開催中で、放送枠が相当そちらへ取られていることもあるが、それにしても全く取り上げないというのは、放送の優先順位が下がってきていることを意味する。

 もちろん今までもマンUの試合が100%放映されてきたわけではないと思うが、今週は全く放映されない状況をみると、どうも中国のファンもマンUの最近の低迷とドタバタ振りに距離を置き始めている状況があるのではないかと言う気がするのである。