Tag Archives: B型

上海に馴染める日本人・馴染めない日本人

上海には毎年多くの駐在員さんが入れ替わり立ち代わり派遣されてくるが、これらを見ていると上海生活に馴染める人と馴染めない人がいるのが分かる。

このうち知り合えるのはほとんど無事に馴染んで駐在業務をこなしている人たちばかりなので、馴染めない人の実態はあまり把握しづらい。
しかし、そういう人達が実際いるという状況は時折噂が漏れ伝わってくる。

そもそも派遣される前に拒否している人や、家族が中国というだけで拒否反応を示し帯同を拒否されて単身赴任になったケースも少なくないと聞くが、まぁこれらは実際来れば馴染める可能性もあり、実際本当に馴染めないのかどうかは分からない。

最も上海に馴染めないタイプの人としては、やはり神経質で几帳面な人が多いようだ。
血液型で言うとA型というか、その中でもAAタイプの性格イメージの人。

こういうタイプは、中国の持つ大陸的気質や、町中にまだ散見される不潔な環境の部分、或いは大気汚染、そして日本メディアの情報として伝わる中国の様々な悪い多くのイメージに意識が潰されてしまうらしい。

これらの方々はおおよそ赴任直後から職場と自宅の往復ばかりで週末は家に閉じこもりきりとなる場合が多く、2~3か月でノイローゼ状態となるらしい。
そして終いには体調を崩して帰国してしまうパターンが多いようだ。

場合によってはもっと切羽詰まった状態になり、部屋をそのままにして誰にも告げず勝手に日本に帰国してしまったようなケースもあると聞く。

そこまで酷くなくとも、1年ほどで心身ともに疲れ切ってしまい、ギブアップして帰国されるようなケースは意外と多いようだ。
実は、数年前に実際にそうなってしまった人と倒れる直前に話をする機会があったのだが、口から出てくるのは中国人スタッフに対する愚痴ばかりで、文化や考え方の違いにアジャストできない状況が良く分かったのである。

そしてその人が直後に倒れたと聞いて、驚きもしたが納得もしたのである。

まあ、そこまで追い込まれなくても、日本との文化やリズムの違いに普段からイライラしている人も時々見かけ、性格上の理由で馴染めないのはいかんともしがたいようだ。

じゃあ逆に馴染める人というのはどういう人か。
これは良い意味でも悪い意味でも、アバウトな性格の人が基本的に合うという気がする。
悪く言えば、ちょっといい加減というのか、そこそこ適当な人間である。

時間やルールに対してはアバウトに向き合い、本質的に失敗しなければ細かい部分を気にしない性格ということになる。

血液型のイメージで言うと、B型とかO型のタイプであり、実はこれは中国人の血液型分布の主力と一致する。
言うなれば中国人の社会はB型やO型気質が支配する社会である。

B型やO型の日本人は、仕事や日常に対してそこそこ適当に構える中国人気質と一致するのであり、中国人社会と馴染みやすい性格で、即ち上海に馴染める性格となるようだ。

 また上海に来ている駐在の奥さん達の話も時々聞くが、中国に来る際に周りからは心配されたが、上海は来てみれば非常に暮らしやすく、駐在だから待遇も良いので生活はルンルンで、帰らないで済むのならもう暫く住み続けたいと言っている人も少なくないのである。

かくいう自分も上海生活は10年を超え、ほぼ干支を一回りする状況になってきたわけであり、上海に馴染める適当な人間であることは自認している。

喫煙者との食事は気が進まない

 昔から気管支などがそれほど強くない自分は、若いころからタバコの類は一切吸わないでここまでやってきた。

 過去には遊びで友人たちに1~2本咥えさせられたこともあるかも知れないが「吸った」と呼べるほどの体験はなかったという気がする。
 そういった自分だからタバコのある環境はどちらかと言えば嫌悪感のある環境となる。

 まあ小さいころは父親が良く吸っていたし、周りにも吸っている人が大勢いたので、煙草から逃げ出す程の嫌悪感にはなっていないが、好まない環境であることには変わりはなかった。

 そして大人になって、現在中国に来てもそのスタンスは変わらない。

 喫煙する人に対して、個人の自由を尊重するB型人間としては、他人が煙草を吸う事に干渉することは一切ないし、社会人としての付き合いの中で、同じ空間で煙草を吸う事を咎めたりしない。

 しかし、煙のある空間は好まない空間であることには変わりが無く、煙草の煙が蔓延する空間に好んで行こうとは思わず、避けられる選択肢があれば避けてなるべく煙の無い空間で過ごすようにしたいのが本音である。

 また喫煙者との食事なども同様のスタンスであり、付き合いや成り行き上で断るのが不自然な場面では、相手が喫煙者であることを理由に食事の同席を断ることはしないが、相手が喫煙者であることが分かっている場合は、敢えてこちらから誘い出したりして食事の席を同席することはまずすることはないのである。

 やはり食事中に煙草を吸われることを考えると、そういった相手との食事は気が進まず、受動的にはOkすることがあっても、こちらから誘うという選択肢は自ずと順位を下げてしまう。
 まだ喫煙文化の根強い中国なので、この社会を渡るためにはやや柔軟なスタンスとなってしまう面もあるが、やはり気が進まないものは進まないのである。

血液型と性格に関連は本当にないか?

 先日のニュースで日本で言われる血液型性格の関連について、九州大学の縄田健悟講師(社会心理学)が関連がないということを発表したということがニュースになっている。

 ニュースによれば日米1万人以上を対象に生活上の好き嫌いなどを訪ねた意識調査を行ない、血液型によるその差異がほとんど見られなかったことから、血液型による性格の差はないとの結論に至ったとされている。

 私はこの報道を見て、九州大学の講師にしてはあまりにも稚拙な調査だなという印象に感じた。

 結論から言えば私は血液型性格傾向の肯定派だが、それは別にしても、この講師の調査では血液型に関する傾向の考え方の否定も肯定も出来るものではないという気がするのである。

 この調査で一番稚拙なのが、質問項目の設定である。

 「楽しみは後に取っておきたい」「ギャンブルはすべきではない」などの質問を行なったと言うが、これは思考の結論部分だけを取り上げた質問であり、血液型が関連する性格の部分とは何ら関係がない設問である。

 一般的に血液型によって差異が生まれるのは、結論に達するための思考パターンというか、結論の導き方に差異があると言われるのであって、結論の差異にその差が現われるわけではないものである。

 つまり「A型は規範に従って判断する」「B型は観察分析によって自己判断する」「O型は直感的に判断する」「AB型はA+Bの思考パターン」のような分類で一般的に言われており、その思考パターンの傾向と結論とはまた別モノなのであるから、思考パターンは別でも結局結論の傾向は同じだというのが現実のところではないかと思う。

 そういった一般的に言われている仮説に対して、この講師の設問は結論だけを問うていて、結論に至る思考パターンを問うておらず、ほとんど意味がない設問になっている。

写真はイメージ

 もし、血液型に関する性格の違いを否定したい調査をするのであれば、回答者が何故その結論に結びついたのかという、もう一段或いは二段掘り下げた設問を用意すべきであろう。

 例えば「ギャンブルはすべきではない」という設問に対しては、結論だけでなく何故そう思うのかを問えば「禁止されているから」「儲からないから」など回答理由にばらつきが生まれてくるという気がするのである。

 まあ私は科学的分析で血液型行動パターンの否定が実証されるなら、それはそれで一向に構わないが、今回の調査は従来の血液型仮説を否定するにはあまりにも理解不足で、それ故の稚拙な調査だというのが私の見立てである。

B型4人家族

日本人同士で何人か集まると時々血液型の話になる。

 何型の性格はどうだとか、何型と何型は相性がいいだの悪いだのと、、、。

 ところで私の実家は弟を含め両親ともども全て血液型はB型である。

 家族4人ともB型なのである。

 それを言うと周囲にはちょっと奇異な目に見られる。

 B型特有のイメージにあるマイペースな人間が4人そろった場合、他人にとってはどんな家族になるのか想像しがたいようである。

 でも自分にとっては育ってきた環境がそうだったので、他人から特異な眼で見られようとそれが自然であり、それしか知らない。

 今まであまり血液型と家庭状況のことについて考えたことは無かったが、他人から見るとB型だらけの家族というのは、やはりちょっと特異らしい。

 他の家族と何がどう違うのか、早く家族を持ってみないとその違いは分からないということかもしれない。


B型同士のO型の噂

先日B型の女性とお話をしていたところ、血液型の話になった。
その女性が特に苦手なのはO型の人なのだという話になった。

何故苦手かというと、とにかく話が大きく中身がない、実現できないことをさも実現できるかのように話をされるのが嫌なのだそうだ。

 また、考え方の押し付けや決め付けをしてくるのも苦手らしい。

 あるとき、彼女がO型が大勢いる中で会話していたときに、彼女自身がB型と気付かれていなかったらしく、O型の人がB型の悪口ばかり言っていたので、それで決定的に苦手になったようだ。

画像はイメージ

画像はイメージ


 
 私にもO型の知り合いが大勢いるので、迂闊なことは言えないが確かに思い当たるフシもなくはない。

 オーバーリアクションはほっとけばいいのだが、考えを押し付けられるのは確かに苦手だ。
 他人のことなのだから放っておいて欲しいと思うことは時々ある。

 それが実現性に乏しい話だったりするとなおのことイラついてしまう。
 またそれが仕事相手だとすると見極めがかなり大変できちっと理詰めで確認しないと話だけでは信用仕切れないときがある。

 その点B型は自分勝手に受け取られる面もあるが、その分あまり他人には干渉しない。
悪口を人前でぺらぺらしゃべるようなことも少ないような気がする。

 B型は意外と現実主義者なのだ。

他人を放っておけないO型と放っておいて欲しいB型、どちらも性格なので悪気はないのだが噛み合わない。

 たかが血液型なのに性格にはその傾向がはっきり出るようである。