Category Archives: オフィス日常

99元(約1700円)でデータ使い放題プランはテザリングもOK!

数年前、スマホに切り替えてからやや通信量が増えて、毎月数ギガを消費するようになっており、費用も嵩むようになってきた。

中国は日本と違って、WIFIに関してキャリアの縛りがほとんどないので、喫茶店などに入ればほぼどこでも繋がるのでWIFI環境に関してはかなり便利であり、そういう場所を選んで繋いでいけば、通信量はかなり節約できる。

しかし、最近は仕事が忙しいこともあり、ゆっくりカフェを探して繋ぐ方法ばかりを選択できなくなりつつあった。

加えて、実は先日の一時帰国の際に2in1のパソコン、つまりタブレットにもなるしパソコンとしても使えるマシンを仕入れてきたので、ますます外部でのネット接続の需要が増えて来そうな見込みになった。

まあ、そのマシンの為に専用のWIFIルータを買うことも考えたが、毎月の費用がアップするのは確実だった。

そんな折に昔の知り合いが某日系の電話サービス会社に勤めているのを知り、その人がWECHAT上に、聯通で99元でデータ使い放題プランなるものがあることを紹介していた。

99元プランのチラシ

「なに、99元で使い放題だと」

私はすぐにこれに飛びついてその知り合いに連絡を取った。

その知り合いによると、毎月99元で全国(中国)データ無制限の使い放題通話300分99元/月とのこと。

ただ通信速度に関しては1か月の内、最初の20Gバイトに関しては4G速度の通信だが、それを超えると3G速度に落ちるとのこと。

20Gというのは結構な通信量で、平日毎日映画1本を閲覧してようやく消費するようなデータ量であり、少なくとも私には十分な枠であった。
 日本の大手キャリアに比べると半値以下と言っていいくらいに安い。
 (日本が高すぎるのだが、、)

その説明に納得し、早速契約の切替を行った。

まあ、従前のプラン契約によっては、年間契約の既に払った分が切替によって無駄になる可能性もあるようだが、私はそういう契約をしてこなかったので、すぐに切替ることが出来た。

これで、今後は通信量を気にせず4G速度でネット接続が可能になり、スターバックスなどWIFIのある場所を探して回る必要もなくなった。

もちろん、WIFIがある場所ならWIFIに繋ぐこともやぶさかではないが、混んでいる店のWIFIより4Gの公衆回線の方が通信速度の速い場合も少なくなく、WIFI接続が最優先ということではないのである。

また、中国の場合は日本と違ってテザリング(携帯をWIFIルータとしてネット接続すること)についても別料金は取られないため、外出中のパソコンからのネット接続もこの使い放題プランを通して繋げることになり、場所を問わず作業ができるようになった。

写真はイメージ

これにより、極端な話として地下鉄やバスで移動しながらでもメールの返信などが可能になったのである。
(今までも機能的には出来たが、マシンが大きかったのと、通信量を気にしてやらなかった。)

さらにである。

個人的にはもっと楽しいことが実現した。

実はこの2in1マシンはOSがWINDOWSのため、VPNを通して日本のラジコを聴いてもエリア限定されず聴取できるため、外出中でも日本のラジオを聴くことが出来るようになったのである。

これはアンドロイドOSのタブレットやスマホでは出来なかった芸当である。
とにかく、今月からの使い放題プランの契約により非常に便利なモバイルスタイルが実現し、仕事やプライヴェートに大いに役立っている状況になっている。

通信料にお悩みの皆様にぜひおすすめしたい。

ちなみにどこのショップでも対応できるかどうかは不明で、私はその友人のいる水城南路の店(日本語可のお店)でやってもらった。

もちろん系列店では可能だろうが、聯通の直営店では対応してもらえない可能性があるので、やはり系列店に行って相談されることをお勧めする。

上海の役所は複合プリンター機が一人一台与えられている

 先日、会社の業務の都合で上海市の某お役所に手続きに行った時のことである。

 受付時間にお昼休みが有るのは知っていたが、ちょっと早めについてしまい、まだ寒い時期だったので、建物内部で待つことにした。
  私が到着した時は、案の定昼休みで、職員はほとんど席におらず、食事にでかけているようだった。

その役所は最近リニューアルしたばかりで、内装も新しく広々としており、従来の中国のお役所のイメージを覆すようなオープンカウンター形式の事務スペースとなっていた。

 で、そんな人のいない事務スペースが目に入り、かなり驚きの光景を目にした。
 なんと、事務員のデスクスペースの一つ一つに、パソコンと共に各自専用の複合印刷機が設置されていたのである。

上海の某役所のオフィス

 まさかと思い目を凝らしてみたが、やはりそれぞれ単体のプリンターではなくスキャナ付きの複合機なのである。

 なんと贅沢なオフィス待遇であろう。

 日本の一般的な小さな会社であれば、オフィス一つにたった1台の複合機というケースは少なくない。

 もちろん大きい会社であれば部門ごとに1台とかの設置基準で置かれていると思うが、すくなくとも個人オフィスを覗いて、一人1台などという環境を整えているオフィスは見たことがない。

 しかし、この上海のかの役所では一人一台の複合機が整えられたデスクがずらっと並んでいるのである。

 何とも贅沢な光景である。

 しかも中国でも既にペーパーレス化が進んでいる状況であり、プリンター自体の需要が少なくなっているのに、この状況である。
 このような状況は一般の会社での投資効率という面からは過剰としてされてしまうかもしれず、逆に褒められた状況ではないような気もする。

 では、ここでは何故一人一台なのか?

 一つの理由としては公務員としての体裁というか、面子の部分で、職員一人一人に平等な装備を準備するという考え方が基本にあり、その装備の一つが複合機ということになったのかもしれないと考えられる。

 全員に同じ環境を用意し、少なくともプリンターから遠い近いなどで作業効率に差が生じないためという配慮なのかもしれない。

 私の推測が正しければ実に社会主義的な平等主義の発想ということになろう。

 ただ管理という観点から考えれば、不正防止という意味もある可能性がある。

 複数人の共有プリンターだと責任の所在が不明確になり、不正書類の作成や、私的利用が横行する可能性があるが、個人別プリンターでは利用責任が明確になり、不正がしにくい状況になるからである。
 役人の不正浄化を進めている中国の状況から考えると、異様とも言える対策が取られる可能性は有るのである。

 まあいずれにしてもとても恵まれた事務環境を用意されている上海の役所の公務員たちのようである。

YAHOOがダメなので検索はGOOを使う

 昨年の秋から中国のインターネット規制が厳しくなって、日本のYAHOOに繋いでの検索が難しくなっている。

 具体的な理由は分からないものの、YAHOOはリアルタイム検索が可能、つまりツィッタ―などでつぶやかれた情報を拾うことが出来るので、そこがネックになって規制されたのではないかと察する。

 そもそもツイッターに繋がらないように規制している中国当局にとっては、その情報に触れられるYAHOOの検索エンジンツールは好ましくないのだろう。

 Googleもはるか以前に中国から撤退したので、日本の二大検索エンジンは両方使えなくなったことになる。
(まあYAHOOも検索エンジンはGoogle系なので厳密に言うと規制は一つだが)

 で、残るBingというマイクロソフト系の検索エンジンは今のところまだ中国でも使えるが、どうもgoogle系の検索結果に慣れた私にとっては、フィーリングがマッチしない検索結果しか出ないので使いずらいのである。

 また、MSNのニュースは産経新聞系のニュースが供給されているが、かの新聞は日本政府のヨイショ記事ばかりなので、どうにも信用が置けないので読む気が起きず、結果トータルとしてBingは使い勝手が悪いというのが私の評価になっている。

 このように私にとっては使い勝手の悪い環境になってしまった中国のネット環境であり、これまではVPNに繋ぐしか手が無い状況となってしまっていた。

 ところが、ある友人からちょっといい情報をもらった。

 日本のGooならサイトに繋がるし、検索エンジンも使えるというのだ。
 https://www.goo.ne.jp/

GOOのTOPページ

 早速試したところ、パソコンからは無論のこと、スマホ(アンドロイド)からもうまく繋がって検索も出来た。

 残念ながら速度は速いとは言えず、かなり遅いが、GooもGoogle系の検索エンジンを使っているので検索結果としては、ほぼ同様のものを得られる。

 故に当面はGooをブックマークして手段の一つとして使おうと思う。
 ただやはり遅いと言えば遅いので、VPNが使える環境の時はVPNを使って接続することには変わりは無さそうである。
 

ネット時代の賜物、鮮やかな事務連係プレー

 今日の昼間、ある事務手続きの為に役所の窓口へ赴いたのだが、これこれの理由でこういった資料を追加して、提出してくださいと差し戻されてしまった。

 根本的な問題ではなく、その書類をネットに追加アップロードしたらそれでOKだという話だった。

窓口の担当官は丁寧にも手書きで、見本まで書いてくれた。

 まあそれほど深刻な問題ではないものの、書類を作って提出し直しとなると、一旦会社に戻り、書類を作成した後に再び窓口を訪問しなければならず、いかにも面倒である。
 
 そこで今回文明の利器ともいうべき、スマホとWECHAT(微信)を大いに活用した。

 まず当局の担当官が書いてくれた見本文をスマホの写真で撮影し、事務所に待っているスタッフにWECHATで送信した。
 そしてそのスタッフにパソコンで清書してくれるように頼み、5分ほど待っているとスタッフから今度はPDFにて清書された文書がWECHATで送られてきた。
 で、ここからが幸運だったが、役所のすぐそばに印刷屋があった。

カウンターに置かれたモニター上のQRコードをスキャンすると、WECHATのパソコン用画面が立ち上がり、このパソコンと私のスマホのWECHATが繋がった状態になった。
そして私のスマホ上で転送用のアカウントに今受け取ったファイルを転送すると、見事に印刷屋のパソコンで転送したファイルが開ける状態になる。

 WECHATのパソコン用画面のURL
https://wx.qq.com/?&lang=ja_

そして印刷屋の店員がファイルを開いて、そのままプリントアウト処理すると、店のプリンターから今WECHATで送られてきた清書済み資料が印刷されて出て来た。
(ちなみに費用は1元)

 で、その打ち出された資料に手元にあった会社印を押し、再び写真を撮って事務所で待っているスタッフへWECHATで送る。
 そして、それを受け取った事務所のスタッフが、当局サイトへアップロードする。
 これで資料の追加処理があっという間に完了し、再び窓口に行くとOKとなった。

 この間かかったのは15分程度であっただろうか?
 いったん戻ってやり直しすることを考えれば、文明の利器のおかげで大幅な時間節約ができたのである。

 まあ、WECHATのこれらの機能は今までも散々使ってきたので取り立てて新しい技でも何でもなかったのだが、ここまで機能を活用してスムーズに事務の連係プレーがWECHATで出来たことに、改めて感動を覚えた。
 
 便利になったなぁ。

画像はイメージ


 

喫煙者のヤニ臭さに耐え切れずマスクした。

 3月1日から中国でも屋内禁煙条例が施行されて、交通機関ターミナルや飲食店はおろか、オフィス空間でも禁煙が実施されることになった。
 まあ中国のことなので、屋内に関してはそこで働く人間の全てが喫煙者であるような場合にはまだまだルール徹底がなされていないようだが、多くの人が働く一般的なオフィスでは禁煙が浸透してきたようである。

写真はイメージ

 ただ、屋内禁煙になったのは良いが、これらの喫煙者が建物の出入り口などに移動して吸うようになってしまったため、こちらが建物を出入りしたり、ビルの入り口の前を通るたびに煙に巻かれるような事態も発生している。
よくよく考えると大人しく室内で吸っててもらった方が、他者が巻き込まれる可能性もないわけで、そういった意味で果たしてこの条例の効果、つまり副流煙被害を防ぐという意味においてはいかがなものかなという気がしないでもない。
 まあ、この分煙に関してはいずれ時代が進むにつれ、社会的コンセンサスを経ていろいろ進歩するのであろう。

 ところで、喫煙者に対して分煙の徹底以外にももうひとつ申し上げたいことがある。

 それは、喫煙者はタバコを吸っていない時でも社会の迷惑になる可能性があるということである。
 つまり、喫煙者は息も臭くなるので、禁煙場所でタバコを吸わないでいればいいということではないということである。

 今朝のことであるが、地下鉄で通勤していた際に目の前に立っている男性の呼気のヤニ臭さが鼻につき、吐き気を催すほどに気持ち悪くなった。
 非常に混んでいた車内だったので、実質70~80㎝の距離だっただろうか?
 明らかにヘビースモーカーの息の匂いで、非常に強烈だったのである。

 普段から私の周囲にも喫煙者は大勢いるが、なるべく距離を置いて過ごしているので、あの匂いにあまり悩まされることはないが、地下鉄車内という逃げだすことが難しい環境ではどうすることもできなかった。
 仕方なく、カバンからマスクを取り出して匂いをブロックすることにしたのである。
 マスクをしても100%は防げなかったがかなり低減されたという気がする。

 今日は湿度が高く蒸し暑く、マスクをしてしまうと汗ばんでしまう気候ではあったが、匂いの辛さには代えられなかったのである。
 そうやって電車を降りるまでの30分ほどマスクをしたままで過ごした。
 電車を降りて、ようやく匂いから解放されたためマスクを外し、汗を拭いた。

 副流煙以外にも喫煙者はこんな迷惑を振りまいていることにぜひ気付いてほしい思ったこの出来事だったのである。

 ただまあ自分は喫煙者ではないが、ニンニクとか酒とかの匂いはばらまいている可能性はあり、人のふり見て我がふり直せというべき教訓だったのかもしれない。