Tag Archives: クレジットカード

政治資金や政務調査費はマイナンバーカードで管理すればいい。

 日本の報道で某与党大臣の大量白紙領収書が問題であるとして盛んに報道されている。

 さらに、時を同じくして富山県などの地方議会で政務調査費の目的外使用などが問題となって、市議会議員や県議会議員が大量辞職する事態が発生する状況となっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあいずれも議員さんたちのお金に関するルーズさというよりも、意図的な手抜きやごまかしの臭いがプンプンするのだが、一向に改まる様子がない。

 そもそも日本では領収書という制度が性善説に基づいて運用されており、不正をしようと思えば幾らでもできてしまうような非常に穴だらけの制度なのである。

 それゆえ受け取った側が金額や日付を記入できてしまうというとんでもない運用がまかり通ってしまう。

 この点、中国の方が制度的には厳しく、領収書発行は政府認定の領収書(発票)発行マシンで印刷しなければならないようになっており、その発行データは税務局に定期的に報告しなければならないことになっている。

 さらに、法人の銀行口座に入った費用は自動的法人収入とみなされることになり、つまり課税対象となってしまう。
 それゆえに、発票を発行してもらう時点でお金の取引が、払い手受け取り手双方に記録されるので通常のやり方ではごまかしが利かないのである。
 ただしここは中国であり、「上に政策あれば下に対策あり」の言葉にあるように、あの手この手で税金対策を立てて極力税金を払わず済むように庶民は工夫しているようであり、必ずしも完璧にお金の流れが把握できているわけではなく、見た目ほど完璧に機能しているわけではないが、少なくとも日本より厳しく管理されているのは確かである。
 
 さて話を日本の政治資金の問題に戻すが、政治家にああいった不正なお金のやり取りをさせないために、政治団体や政治家個人に向けてマイナンバーを活用した専用のクレジットカードを発行してはいかがだろうかと考えてみた。

 いつだったか現総務大臣の高市早苗さんがマイナンバーカードを使用して、買い物ができるようにしてポイントカード化したらどうかと提案していたが、まさにそれを現実化するために、まずは政治家自ら襟を正し、政治資金の支払いで実験するのである。

 つまり政治資金や政務調査費の支払いは原則このカードを通して行うようにすれば、内容が完璧に把握できるし、とりまとめも簡単なので、非常に合理的となる。

 当然のことながら領収証をいちいちやり取りする必要など全くないので、白紙領収書の大量発行などという事態もなくなる。

 また政治献金もカード会社を通して支払ってもらえばよく、寄付による控除枠申請の証明書類もカード会社に一任すればよい。
 まあ完全な民間企業での運営に問題があれば、財務省管轄の政治資金管理カード団体などでも設立し、運営コストは行政機関で面倒をみてもいいという気がする。
 いずれにしても、税金を把握するという目的のもとに準備されたマイナンバー制度、まずは政治家自らが政治家としてのお金の使い道を透明化するために、政治資金の支出はマイナンバーカードを活用してみてはかがだろうかと思う。

パリーグTVから返金があったが返事はなく

 先日、「パリーグTVから返金も返事もなく」というブログを書いてから、ちょうど1ケ月経った昨日、ようやく口座に返金が行われていた。

 まあずいぶん時間が経ったものの、無料にウソはなかったようで、お金は還ってきたのである。

 ただである。

 お金は還ってきたが、この一か月間私が行なった数度の問い合わせに対しては、結局一切の返信はなかった。
 何の音沙汰もない状態からいきなりお金だけが還ってきたわけであり、こちらが細かく気にしていたから気づいたようなものであり、金額が中途半端で他と間違いようもない金額だから返金だと分かったが、下手をすると見逃してしまいそうであった。

 で、パリーグTVのWEBサイトを見ても、それに関する記述は一切ないし、返金後の今になっても説明も一切ないのである。

 こちらもクレーマーにはなりたくないので、あまりしつこくはしたくないが、問い合わせの窓口を設けているのなら、一言でも返信するか、数が大量ならWEB上に一筆あるべきかと思うのである。

 パリーグTVの存在そのものは、非常に価値あるものだと思うが、そのサービス体制についてはどうもまだ疑問が残る状況である。
 

パリーグTVから返金も返事もなく

 3月末にプロ野球が開幕して、私の贔屓の日本ハムはなかなか好調な滑り出しで現在首位にいる。

 まあこれはこれで嬉しいことなのだが、この野球に関してちょっと困ったことが一つおきている。

 実は3月末に「開幕無料」に銘打って「パリーグTV」というネット専用の中継会社が番組配信の限定無料キャンペーンをやっていたので、私も大谷君のピッチングを見たいと思い申し込んでみたのである。

 視聴料支払い用にクレジット登録が必要だが3月中に解約すれば、一切料金もかからないとありそれを信じて申し込んだのであった。
 で、開幕当日繋いで観戦しようとしたところ、VPN回線の通じての視聴だったためか、その日は全く接続することができず、結局開幕戦を観戦することはできず、ネットの速報だけで試合経過をウォッチするに留まったのである。

ファイターズスタジアム

実家近くのファイターズスタジアム

 まあ、このこと自体はある程度予想されていた範囲であり、もとより有料会員になるつもりはあまりなかったので、今回見られず残念ではあったが結局すぐ解約することにした。
(どうやら、無料キャンペーンでアクセスが集中しすぎてサーバーがダウンしたと後から知った。)

 で、翌日の午前中にさっさと解約して、その後の視聴を止めたのである。

 ところがである。

 今回無料と謳われていたはずなのに、申込時に見放題1ケ月分1566円の視聴料が決済されていることに数日後気がついた。

 「なに?」

 慌てて、パリーグTVのホームページを開いて契約状況を確認したが、ちゃん3月28日に解約が行われており、こちらの手順に手落ちはないようだった。
 じゃあ「規約の読み間違えか?」とも思い、規約やQ&Aのよくある質問を全部読んでみたが、3月中に解約すれば一切料金はかからないとあり、私の理解から言えば徴収はあり得ないはずだった。

 しかし現実には処理が決済されてしまっている。

 これはおかしいと思い、早速問い合わせ窓口を探したが電話番号は見つからず、仕方なくメールでこれはどういうことかを問い合わせる旨のメールを送った。

 しかし数日経ってもウンともスンとも返事がないし、もちろん返金もされない。

 どうもおかしいと思い再び同様の問い合わせを行なった。
 メールフォームからの質問であり、迷惑メールなどで弾かれる心配はなく、恐らく確実に先方には届いているはずである。

 で、最初のメールの問い合わせから2週間ほど経つが未だに何の反応もない。

 こちらとしても、規約の読み間違えや登録ミスがあり、これこれこういう理由で返金できませんと言われれば、不満であっても納得はできる。
 或いは現在対応を協議中ですとか言われるなら、仕方なく待つことも出来ようが、全く反応がないことには納得しようもないのである。

 こちらもそんじょそこらの怪しげなサービスに手を出したなら、こう言った結果もあるかなと思い、諦めざるを得ない面もあるが、天下のプロ野球の有料中継サービスでこういった対応に出くわすとは思わなかったのが正直なところである。

 まあ今回金額としてはそれほど大きくはなく、カードの処理サイクルの都合ということも想定されるので、もう少しは待ってみようとは思うが、やはり現代の顧客対応の常識としてせめて数日以内にメールの一通ぐらいは早く送ってきてほしいという気がする。

 今後最終的に反応がなかった場合について現在思案中であるが、残されている手段としては消費者センターに相談するか泣き寝入りをするかのいずれしか無いような気がする。

 折角ファイターズが躍進しているのに、どうもミソがつけられている現状となっている。

VISAインターナショナルの為替レート

 ここ数日為替レートを注意深く見ているのだが、為替と言うのは想像以上に細かく値動きをしているようで細かく上下に数字が動き、昨日から円高傾向に振れている。

am900_bi054

 貿易会社のように大きな取引をするわけじゃないが、個人が日本の口座から現金を直接引き出せる国際キャッシュカードや日本円引き落としのクレジットカードを使用する場合も、当然レートが関係して来るので、レートの動きにはよく注意する必要があるのである。

 ところで、こういった国際キャッシュカードの引き出し手数料の項目を読んでいると、

「VISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したレートにより円換算され・・・」と書いてある。

 今まで読んだことはあっても何となく流していたが、この「VISAインターナショナルが定めたレート」というのは果たして具体的にどうなっているんだろうかと、ちょっと調べてみることにした。

 すると、下記のようなページを見つけた。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1165284.html

 要約すると、ロンドンやNY市場などの為替レートを参考にVISAが独自に定めたレートを設定しており、前日のレートを参考に暦日単位で決定されるようである。

 つまりリアルタイムレートではなく、暦日単位のバッジ処理の固定レートが利用されていることになる。

 そこで実際取引に利用されているレートは下記で出てくる数字らしい。

VISAレート算出のページ

 まあ細かい計算方法までは流石に明らかになってないが、概ね各為替市場の数字と連動はしており、為替の中間値に1%程度を上乗せした金額がVISAのレートになっているようである。

 実際の取引時にはここにクレジットカード会社の手数料やキャッシュカード発行会社の手数料が上乗せされるので、我々がカードを使用した際に換算される実際の取引額はレート中間値に対して2.5~5%程上乗せになっている。

 ただ、ここで一つ気を付けたいのはVISAインターナショナルのレートは上述のように前日のレートを基準に独自レートが決定されており、しかもその決定機構はアメリカに存在しているようなのである。

 つまり何が言いたいかというと、例えば今現在リアルタイムの為替相場が円高方向に進行していたとする場合、VISAの現金引き出しやキャッシングにそのレートが適用されるのは翌日、しかもアメリカを基準にした時間であり、当然のことながらアメリカと日本や中国は時差があり、例えば中国の正午12時頃に急に円高に変化したとしても、アメリカが暦日上で翌日に切替わるのは中国時間の翌日ちょうど正午頃、つまり中国で見た円高進行は24時間後になってようやくVISAのレートに反映される状態になる。

 逆に今現在の円高に進行しているからと言ってすぐにお金を引き出したとしても、適用されるのは前日或いは前々日(午前中の場合はアメリカ時間はまだ前日のため)のレートということになる。

pic_c193

 これを知らないで、目の前の為替市場で円高が進んだからと言って慌てて中国で現金を引き出してもレートは反映されていないのである。

 ついでに言うと中国の外国為替取引も、国家機構によって中間値は暦日で固定されているため、銀行ごとに通貨によって上下1~3%程度の変動幅は認められているものの、今起きているリアルタイムの大きな変化が反映されるのはやはり翌営業日以降となる。

 つまり大きな金額をリアルタイムで取引している為替トレーダー以外は、リアルタイムの値動きにあたふたしても仕方ないのが実情で、得しそうだなと思ってても翌日の午後まで待つ必要があるのである。